妊産婦の生活と育児に寄りそうメンタルヘルスケア

  • ページ数 : 224頁
  • 書籍発行日 : 2023年10月
  • 電子版発売日 : 2023年9月19日
¥3,850(税込)
m3.com 電子書籍ポイント: 105pt ( 3 %)
m3ポイント:1%相当 point-info
今すぐ立ち読み
今すぐ立ち読み

商品情報

内容

【セルフケア看護モデルで10の事例を解説】 妊産婦の生活と育児のセルフケア評価項目をまとめた「ひとめでわかるアセスメント表」を用いて、精神的問題を持つ妊産婦の支援に役立つ観察の視点、介入方法をわかりやすく解説する。看護職が「これでいいんだ!」と自信を持って支援できるようになるための一冊。

序文

序文

胎内に命が宿り、その命が大切にはぐくまれ、無事に生まれ、健康に育つことは、それ自体が尊いことであり、そして誰もが望むことだと思います。ただし、それは実は容易なことではありません。少なくとも、母親である女性が安全な環境で、安楽に、安心して過ごせることが必要です。しかし、実際には、うつ病をはじめとするメンタルヘルス問題をもつ妊産婦は少なくないですし、妊産婦の自殺率の高さも社会的な課題となっています。最近では、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大が、妊産婦のメンタルヘルスに深刻な影響を与えていることも国内外の研究で示されています。そもそも周産期は、身体や社会的役割の急激な変化などから、さまざまな不安やストレスを感じやすい時期です。さらに現代は、急速な少子化など妊産婦を取り巻く環境が大きく変化しており、「ワンオペ育児」という言葉に象徴されるように、妊産婦は孤立・孤独感を強めています。全ての妊産婦が心理社会的ハイリスク状態にあると言ってよいかもしれません。そして、不安やストレス、あるいは何らかの精神的問題をもつ妊産婦がまず求めているのは、精神的安定だけでなく、あるいはそれよりも、日々の生活・育児に寄り添い、支えられることなのではないかと考えます。

妊産婦へのメンタルヘルス支援においては、妊産婦の心身の健康状態だけでなく、生活・育児のセルフケアをアセスメントしながら、妊産婦の主観的・客観的ニーズ、および必要な支援を見極めてケアを提供すること、つまり生活モデルに基づいて支援する必要があります。本書では、この考え方を踏まえ、セルフケアモデルに基づいた看護ケアを中心に妊産婦へのメンタルヘルス支援について述べていきます。

第1章から第5章まではメンタルヘルス支援についての総論を解説し、また第6章では、さまざまなメンタルヘルス問題を持つ妊産婦への援助の実際を紹介しています。本書は、看護ケアを中心に書かれていますが、妊産婦の支援に携わるさまざまな立場の方々の実践にも役立つことを願っています。


2023年8月

玉木敦子

目次

第1章 妊産婦のこころとメンタルヘルスケア・ニーズ

1 妊産婦のこころとメンタルヘルス問題

 玉木敦子

2 妊産婦はどのようなメンタルヘルス支援を求めているのか?

 玉木敦子/高橋秋絵

第2章 セルフケアモデルに基づいたメンタルヘルス支援の実際

1 メンタルヘルス支援の基本となるもの

 玉木敦子

2 セルフケアモデルに基づいたメンタルヘルス支援

 玉木敦子/八巻和子

第3章 周産期のメンタルヘルス問題の予防

1 健康的な生活を維持・増進し、メンタルヘルス問題を予防する

 玉木敦子

2 メンタルヘルス問題を早期発見し、進行を防ぐ

 玉木敦子

第4章 メンタルヘルス支援のための連携の実際

1 連携のためのアセスメント

 藤原美輪

2 地域における連携

 藤原美輪

3 精神科を有さない産科医療機関における連携

 八巻和子

4 精神科を有する総合病院における連携

 安藤光子

第5章 特に精神科との連携を要する妊産婦への関わり

1 精神科受診が必要な妊産婦への関わり

 玉木敦子

2 向精神薬を服用中の妊産婦への関わり

 安藤光子

3 自殺念慮がある妊産婦への対応

 玉木敦子

第6章 精神的問題を持つ妊産婦への支援の実際

事例1 うつ病

 高橋秋絵

事例2 双極症

 福山敦子

事例3 全般性不安症

 山田恭子

事例4 急性ストレス症

 八巻和子/玉木敦子

事例5 統合失調症

 市川久美子

事例6 摂食症

 山田顕子

事例7 自閉スペクトラム症

 玉木敦子

事例8 自傷行為

 大杉佳奈/玉木敦子

事例9 周産期喪失に伴う悲嘆反応:自然死産

 遠藤佑子

事例10 周産期喪失に伴う悲嘆反応:人工死産

 遠藤佑子

巻末資料 第6章の事例を理解するための精神的問題の解説


索引

おわりに

編者・医学監修者プロフィール

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:19.1MB以上(インストール時:44.5MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:76.5MB以上

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:19.1MB以上(インストール時:44.5MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:76.5MB以上

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

書籍情報

  • ISBN:9784840481502
  • ページ数:224頁
  • 書籍発行日:2023年10月
  • 電子版発売日:2023年9月19日
  • 判:B5判
  • 種別:eBook版 → 詳細はこちら
  • 同時利用可能端末数:3

まだ投稿されていません

特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、m3.com 電子書籍が必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。