• m3.com 電子書籍
  • レジデントノート増刊 Vol.25 No.14 処方の「なぜ?」がわかる 臨床現場の薬理学

レジデントノート増刊 Vol.25 No.14 処方の「なぜ?」がわかる 臨床現場の薬理学

  • ページ数 : 272頁
  • 書籍発行日 : 2023年11月
  • 電子版発売日 : 2023年12月1日
¥5,170(税込)
ポイント : 94 pt (2%)
今すぐ立ち読み
今すぐ立ち読み

商品情報

内容

臨床で必要な「くすり」の知識を押さえ、薬物治療につなげよう!
薬理学の知識,臨床現場でどう使う?本書では基礎から各診療領域まで,薬理学の必携知識をわかりやすく解説.診療に欠かせない「くすり」についての理解と処方スキルがアップする,研修医と薬理学をつなぐ一冊!

序文


レジデントノートの主な読者である研修医あるいは若手医師の方々は,医学部2~3年生の時期に薬物作用機序を中心とした薬理学を学ばれたことと思います.一方,高学年の臨床実習では疾患・臓器単位で患者さんを捉えることが多く,ヒト・患者に対する“くすり”の使い方を横断的にとらえる機会は限られていたと思います.いざ卒業して診療現場に出ると処方,注射薬指示,あるいは自ら薬剤投与を行うという状況になり,医学生の時期の基礎科目としての薬理学と現場での実践的な薬物療法との間のギャップを意識されたのではないでしょうか.そのような状況において,実践的な薬理学・薬物治療学の交通整理を行うことが診療スキル自体のブラッシュアップにつながるものと考え本増刊を企画いたしました.

本書は医師のみならず,多くの医療プロフェッショナルの方々にもお役に立てる内容と思います.特に,薬剤に関するエキスパートである薬剤師の方々は,これまでは調剤業務や医薬品管理など対物業務が主体であったと思いますが,最近では病棟・外来支援業務などが加わったことで対人業務の増加,また医師・看護師など多職種とのチーム医療への積極的参画が求められ,“くすり”側から各診療分野を俯瞰的に見る必要性が増しているかと思いますが,本書はそのようなニーズにも応えられるものとなっています.

具体的な構成としては,実践的な基礎知識の再整理を企図し,医薬品の開発,ADME・薬物動態,special population(小児,高齢者,妊産婦・授乳婦,腎臓など臓器障害を伴う患者)への薬物療法の要点,処方箋を作成するポイント・その処方箋に基づいて薬剤がいかに準備され現場あるいは患者さんの手元に届くか,薬物相互作用,TDMなど“くすり”にかかわる必携知識を前半に配置し,後半の各臨床領域の要点・トピックスと併せて“くすり”にかかわる全体像を把握できるよう,各エキスパートの先生方にご執筆いただきました.

本書が明日からの診療の一助となり,“くすり”をさらに活かすことにつながれば幸甚に存じます.


2023年10月

自治医科大学
臨床薬理学部門・薬剤部
循環器内科学部門
今井 靖

目次


序[今井 靖]

Color Atlas

第1章 総論:薬物治療における基礎知識

1.医薬品の臨床研究開発と新しい法令指針の考え方[真田昌爾]

2.医薬品投与後の薬物濃度 〜薬の吸収・分布・代謝・排泄(ADME)[山田安彦]

3.臨床薬物動態学[家入一郎]

4.処方箋と医薬品情報[海老沼慶一]

5.臨床試験を読み解くための試験デザイン・統計学の理解[小出大介]

6.ライフステージそして臓器機能障害に応じた薬物動態変化と薬物治療の注意点[牛島健太郎]

7.TDMを臨床に活かす 〜バンコマイシン投与例でTDMを体感しよう〜[今関 稔]

8.薬物相互作用[山田 凜]

9.薬理遺伝学[荒川泰弘,志賀 剛]

10.臨床医が知っておくべき薬物の加工・製剤[小倉明子,羽金智彦]

11.薬における安全管理・適応外使用/未承認薬における手続き[飛鷹範明,髙田裕介,田中 守]

第2章 各論:各疾患における薬物療法を再整理する

1.循環器[木田圭亮,川越康仁]

2.消化器疾患[甲斐 恵]

3.呼吸器[長瀬洋之,石井 聡]

4.腎臓(慢性腎臓病)[花房規男]

5.糖尿病・脂質代謝 〜心血管イベント抑制・予後改善をめざした薬物療法[櫻井百恵,矢作直也]

6.内分泌分野の薬理学(甲状腺、副腎疾患)[竹内 牧,槙田紀子]

7.神経[嶋崎晴雄]

8.向精神薬・睡眠薬 ~不眠・抑うつを中心に~[肥田道彦]

9.麻酔に必要な薬剤[假屋太郎]

10.感染症に対する薬物療法[四柳 宏]

11.がん薬物療法[満間綾子,安藤雄一]

12.関節リウマチ[川人 豊]

13.血液疾患[伊豆津宏二]

14.感覚器(眼科領域)に用いる薬物療法[大野 翼]

15.原発性骨粗しょう症治療薬 ~知っておきたい基礎知識~[榎田信平]

16.産科・婦人科領域[濱田佳伸]

17.泌尿器系[榎本 裕]

18.皮膚疾患[藤本 学]

19.漢方薬を使いこなすためのミニマルエッセンス[原田智浩]

20.免疫抑制薬 ~臓器移植患者を診察するとき~[大友慎也]

索引

執筆者一覧

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:8.9MB以上(インストール時:24.5MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:35.6MB以上

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:8.9MB以上(インストール時:24.5MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:35.6MB以上

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

書籍情報

  • ISBN:9784758127080
  • ページ数:272頁
  • 書籍発行日:2023年11月
  • 電子版発売日:2023年12月1日
  • 判:B5判
  • 種別:eBook版 → 詳細はこちら
  • 同時利用可能端末数:3

まだ投稿されていません

特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。