• m3.com 電子書籍
  • ライトシート顕微鏡実践ガイド組織透明化&ライブイメージング

ライトシート顕微鏡実践ガイド組織透明化&ライブイメージング

  • ページ数 : 203頁
  • 書籍発行日 : 2023年12月
  • 電子版発売日 : 2023年12月1日
¥9,900(税込)
ポイント : 180 pt (2%)
今すぐ立ち読み
今すぐ立ち読み

商品情報

内容

自分で組み立てる低コスト顕微鏡でのマウス全脳の撮影方法も解説
脳神経・発生・がん分野で注目が集まり,透明化組織のまるごと観察やライブイメージングが可能な「ライトシート顕微鏡」の初の実験書が登場.サンプルの準備から,実際の撮影や発展的手法までを丁寧に解説した一冊.

目次

序にかえて【洲﨑悦生】

原理編

1 ライトシート顕微鏡の基本実装と注意点【黒田真史】

2 ライブイメージングのためのライトシート顕微鏡【野中茂紀】

3 ライトシート顕微鏡と科学計測用CMOSカメラ【伊東克秀】

透明化(固定)組織編

Ⅰ.実践

1 透明化・3次元染色法のオーバービュー【洲﨑悦生】

2 水溶性透明化試薬(CUBIC)を用いた透明化サンプル調製【洲﨑悦生】

3 有機溶媒を用いた透明化サンプル調製【田井中一貴】

4 マルチアングルライトシート顕微鏡 〜透明化サンプル仕様 Lightsheet 7〜【佐藤康彦】

5 大サイズ透明化組織3Dイメージング 〜UltraMicroscope Blaze™〜【中山創平】

6 descSPIMの概要と撮影例 〜シンプルで低コストなDIYライトシート顕微鏡〜【大村鷹希,大友康平,洲﨑悦生】

7 透明化全脳画像の情報解析パイプライン【真野智之】

Ⅱ.発展研究

8 MOVIE顕微鏡で加速する次世代全細胞イメージング【三谷智樹,松本桂彦,上田泰己】

9 オープントップライトシート(OTLS)顕微鏡法【Adam K. Glaser(翻訳:大友康平)】

10 3次元イメージングの臨床病理学への応用【野島 聡】

ライブイメージング編

Ⅰ.実践

1 マルチアングルライトシート顕微鏡 〜生体イメージング仕様 Lightsheet 7〜【佐藤康彦】

2 マウス初期胚全細胞ライブイメージングの達成【塩井 剛,大浪修一,渡邉朋信】

3 ライトシート顕微鏡データのとり扱いと共有【京田耕司,大浪修一】

Ⅱ.発展研究

4 ライブ長期観察のための2光子励起ライトシート顕微鏡【齋藤 卓,高根沢聡太,今村健志】

5 〜oblique plane microscopeを用いた〜 高速単一対物レンズライトシート顕微鏡の進展【太田禎生】

6 格子光シート顕微鏡:高解像型ライトシート顕微鏡【清末優子】

7 ライトシート顕微鏡を使った全脳神経活動イメージング【川島尚之】


索引

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:13.4MB以上(インストール時:31.8MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:53.4MB以上

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:13.4MB以上(インストール時:31.8MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:53.4MB以上

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

書籍情報

  • ISBN:9784758122689
  • ページ数:203頁
  • 書籍発行日:2023年12月
  • 電子版発売日:2023年12月1日
  • 判:B5判
  • 種別:eBook版 → 詳細はこちら
  • 同時利用可能端末数:3

まだ投稿されていません

特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。