• M2PLUS
  • jmedmook61 あなたも名医!意識障害

jmedmook61 あなたも名医!意識障害

坂本 壮 安藤 裕貴 (著)

日本医事新報社

  • ISBN : 9784005006100
  • ページ数 : 166頁
  • 書籍発行日 : 2019年4月
  • 電子版発売日 : 2019年4月26日
  • 判 : B5判
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥3,850 (税込)
ポイント : 70 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

どんな場面でも正しくアプローチ、しっかりマネージメント!

救急外来で遭遇頻度の高い「意識障害・失神」。原因が多岐にわたり、診断に困るケースも多いこのテーマについて、現場の第一線で活躍する坂本 壮先生と安藤裕貴先生がわかりやすく解説します。数ある原因疾患の中でも、「致死的疾患を見逃さない」ことに重点を置き、検査とその解釈、鑑別診断、疾患別対応についてまとめました。

>『 jmedmookシリーズ』はこちら

>『 jmedmook 2019年定期購読』はこちら

■ 序文

巻頭言

「俺の敵はだいたい俺です」(『宇宙兄弟』11巻 ♯107. 本気の失敗 より Ⓒ小山宙哉/講談社)

救急医として多くの患者を診ていると,何となくこの患者は重症で迅速に対応したほうがよいという直感が働くものです。頻呼吸や冷や汗などは代表的な重症のサインですが,「何となくおかしい」というのも大切です。たとえば,麻痺を認めるものの血圧は高くない,血圧は低めだが頻脈を認めない,これらはそれぞれ脳卒中やショックを想起しながらも,そこに潜む鑑別すべき疾患を意識しなければならないバイタルサインの変化です。そして「意識障害」,これが何といっても「何となくおかしい」の代表です。意識障害を認めるのだから「普段と異なりおかしい」というのはあたりまえではありますが,意外とこの「何となくおかしい」を根拠のない原因と結びつけがちです。高齢だから,発熱を認めるから,認知症だからなど,意識障害を軽視して後悔した経験は誰もがあるのではないでしょうか。

肺炎の重症度スコア,敗血症を拾いあげるためのqSOFA,院内急変を予測する多くのツールに含まれているのが呼吸数,そして意識の評価です。本誌でも呼吸数の重要性は述べますが,そもそも目の前の患者が「何となくおかしい」と認識できなければ適切な対応は困難です。その最も簡単な方法,それが意識障害の評価でしょう。「普段とわずかでも異なる」というのをきちんと「意識障害」と認識し対応できれば早期介入,適切なマネジメントができるでしょう。

私も救急医になりたての頃は後悔したことが多々ありますが,「何となくおかしい」を軽視せず対応するようになってから,その数は一気に減りました。対応は簡単ではありませんが,自身の意識の仕方でだいぶ精度は変わるでしょう。

冒頭の言葉は,私が大好きな『宇宙兄弟』という漫画の主人公 南波六太(ムッタ)が上司 ビンスに「君にとっての敵は誰ですか?」と質問された際に答えた台詞です。敵(診断を困難にする因子)は周囲の人物(患者・家族)ではなく自分自身なのです。

意識障害の原因は多岐にわたり,その場で診断がつかないことも少なくありません。しかし,やるべきことをきちんとやりさえすれば何ら問題はないのです。ムッタの弟 日々人もこう言っています。「世の中には絶対はないかもな。でもダイジョウブ。俺ん中にあるから」(『宇宙兄弟』 7巻 ♯6. ロケットロード よりⒸ小山宙哉/講談社)

本誌では意識障害(意識消失)の頻度の高い原因ごとに,そのアプローチ,現場でやるべきことをまとめました。みなさんの意識障害の対応が「何となくわからない」から「わかる」となれば幸いです。

さいごに,いつも支えてくれる家族へ,"ありがとう"。


2019年4月

地方独立行政法人総合病院国保旭中央病院救急救命科医長 坂本 壮

■ 目次

対談「意識障害」(坂本 壮×安藤裕貴)

第1章 本誌の使い方

1 A総合病院・Bクリニックの設定

第2章 意識障害

1 意識障害のアプローチ

2 意識障害×低血糖

3 意識障害×脳梗塞

4 意識障害×クモ膜下出血

5 意識障害×感染症

6 意識障害×薬剤

7 意識障害×肝性脳症

8 意識障害×精神疾患

9 意識障害×痙攣

10 意識障害×電解質・内分泌異常

第3章 意識消失

1 意識消失のアプローチ

2 意識消失×心原性(心血管性)失神

3 意識消失×消化管出血

4 意識消失×反射性失神

■ 特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクについて、AndroidOSは今後一部製品から順次対応予定です。製品毎の対応/非対応は上の「便利機能」のアイコンをご確認下さいませ。


※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。


※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher(iOS/iPhoneOS/AndroidOS)が必要です。


※書籍の体裁そのままで表示しますため、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。


この商品を買った人はこんな商品も買っています

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:19.3MB以上(インストール時:41.6MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:28.9MB以上(インストール時:60.6MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません