• M2PLUS
  • 臨床画像 2018年9月号 乳房画像診断:MRIとPET

臨床画像 2018年9月号 乳房画像診断:MRIとPET

  • ISBN : 9784008003809
  • ページ数 : 120頁
  • 書籍発行日 : 2018年8月
  • 電子版発売日 : 2019年9月25日
  • 判 : B5判
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥2,750 (税込)
ポイント : 50 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

画像医学,画像診断に携わる放射線科医や一般臨床医を対象に,画像診断の重要かつ最新のテーマ,話題のトピックスを取り上げて解説する総合画像医学雑誌。【特集】乳房画像診断:MRIとPET

 ■特集:乳房画像診断:MRIとPETT
 序説T
 T2強調像T
 拡散強調像T
 ほか

■ 序文

序説


筆者が,乳房の画像診断に興味をもつようになって20年以上の時がたつ。始めたころは,ルーペを片手にシャウカステンに向かってマンモグラフィの読影を学び,また,大きなプローブを持って超音波検査に日々挑んでいた。当時は,乳房温存療法が徐々に一般化されるようになってきた時代で,造影MRIによる術前の広がり診断への注目が大きかった。乳癌関係の学会や研究会に行くと,トピックはMRIのセッションで,外科医も放射線科医もこぞって集まり,盛り上がっていたのを記憶している。

その後,乳癌の診療は薬物療法の発達に伴い,個別化治療がかかげられるようになり,バイオロジーや,さらには,ゲノムといった時代になりつつある。これに併走するように,画像診断においても,形態的診断だけではなく,血流情報やさまざまなバイオロジーを探求するようになり,MRIやPETがこれらを担うようになった。

しかし,一方では,いまだスクリーニングにおいてはマンモグラフィや超音波検査といった形態診断が主であり,現在でもわが国でのMRIの主目的である術前の広がり診断では,形態的要素が診断に占める部分が大きい。形態は外見かもしれないが,筆者は,これもバイオロジーの表現型の1つと考える。

比較が適切ではないかもしれないが,人の顔が年を重ねるごとに,その内面によって作られていくのと同じで,画像の形態診断にも同じものを感じる。そんな思いを抱きながら,今回,乳房のMRIとPETによる画像診断を特集させていただいた。いずれの検査もバイオロジーと形態を重ね,これを組み合わせて病変の本態に迫るモダリティである。

今回は,その道の専門の先生方に加え,新進気鋭の若手乳房画像診断医にも執筆に加わっていただき,活気溢れるフレッシュな内容となっていると自負している。併せて,忙しいなか執筆を快諾いただいた著者の先生方に,この場を借りて深謝申しあげる。この特集を読んで,少しでも未来への乳房の画像診断に興味をもっていただける読者がいればと思う。


佐竹 弘子

■ 目次

特集:乳房画像診断:MRIとPET

序説

T2強調像

拡散強調像

dynamic造影MRI:形態情報から読み解く

dynamic造影MRI:血流情報から読み解く

MR検出病変:乳癌診療への適応

乳癌のFDG-PET/CT

乳癌のFDG-PET/MRI

乳房専用PET

短期連載

達人に聞く! 学会プレゼンテーションの極意

インセンティブに基づく学会プレゼンテーション

連載

悪性リンパ腫の"appearances"[第9回]

特殊な状態におけるリンパ腫:HIV,MTX関連

放射線科医の魅力とリクルート[放射線診断医編][第6回]

金沢大学−教授授業を柱に放射線科の魅力を徹底アピール−

特集アドバンストコース[Vol.34,5月号特集]

症例から迫る! 関節疾患のMRI診断新入門

■ 特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクについて、AndroidOSは今後一部製品から順次対応予定です。製品毎の対応/非対応は上の「便利機能」のアイコンをご確認下さいませ。


※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。


※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher(iOS/iPhoneOS/AndroidOS)が必要です。


※書籍の体裁そのままで表示しますため、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。


対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:22.7MB以上(インストール時:47.9MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:36.0MB以上(インストール時:74.1MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません