• M2PLUS
  • 臨床画像 2019年5月号 前立腺癌の画像診断 update

臨床画像 2019年5月号 前立腺癌の画像診断 update

  • ISBN : 9784008003905
  • ページ数 : 132頁
  • 書籍発行日 : 2019年4月
  • 電子版発売日 : 2019年9月13日
  • 判 : B5判
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥2,750 (税込)
ポイント : 50 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

画像医学,画像診断に携わる放射線科医や一般臨床医を対象に,画像診断の重要かつ最新のテーマ,話題のトピックスを取り上げて解説する総合画像医学雑誌。【特集】前立腺癌の画像診断 update

■特集:前立腺癌の画像診断 update
序説
マルチパラメトリックMRIを用いた前立腺癌の腫瘍検出/局在診断(PI-RADS v2を含む)
マルチパラメトリックMRIを用いた前立腺癌の局所病期診断−被膜外浸潤と精嚢浸潤を中心に−
マルチパラメトリックMRIを用いた前立腺癌治療後の再発診断
ほか

■ 序文

序説

現在,わが国において男性の癌罹患数の上位に位置し,年間約9万人の症例が発生する前立腺癌は,根治療法の適応となる臨床的な有意癌と,PSA監視療法を主体とした保存的療法の適応となる非有意癌に分類される。有意癌か非有意癌かの判定には,腫瘍検出/局在,悪性度の評価,病期診断,再発診断や病巣部の生検のすべてにおいて高い精度が求められ,前立腺癌診療における画像診断の役割はますます高くなっている。

前立腺局所の画像診断においては,形態画像に機能画像を加えたマルチパラメトリックMRI (multiparametric MRI;mpMRI)の位置付けが高く,撮像法,評価法やレポーティングの標準化を示した診断基準(Prostate Imaging Reporting and Data System;PI-RADS)が利用されるようになり,さらにMRIの画像情報をガイドとした標的生検の臨床応用も開始されている。

また各種の温存術を含めたロボット支援前立腺全摘除術における術前mpMRIの有用性も,画像評価の際に大切なポイントとなる。一方,mpMRIの限界やほかの画像診断モダリティの動向についての理解も重要であるとともに,近年話題となっている人工知能の画像評価への活用の可能性についても興味がもたれるところである。本特集では,前立腺癌の画像診断に精通した放射線科医および病理診断医,また画像診断を利用した前立腺癌症例のマネジメントにおいてわが国を代表する泌尿器科医に,上記の内容についてそれぞれわかりやすく解説をいただき,コンパクトではあるものの前立腺癌の画像診断の現状から将来展望を網羅的に把握することができる内容となっている。

本特集が前立腺癌の画像診断にかかわるすべての方々の日常診療に役立ち,今後の前立腺癌診療に貢献するための臨床研究において,大きなヒントを与えることができれば幸いである。

最後に,ご多忙の折,快く執筆を承諾いただいた先生方に深く感謝申し上げる。


玉田 勉

■ 目次

特集:前立腺癌の画像診断 update企画

序説

マルチパラメトリックMRIを用いた前立腺癌の腫瘍検出/局在診断(PI-RADS v2を含む)

マルチパラメトリックMRIを用いた前立腺癌の局所病期診断−被膜外浸潤と精嚢浸潤を中心に−

マルチパラメトリックMRIを用いた前立腺癌治療後の再発診断

前立腺拡散強調像の最適化

MRIで検出できない前立腺癌の病理組織学的な特徴

前立腺MRI標的生検:MRIと超音波像の役割と融合

ロボット支援前立腺全摘除術における術前マルチパラメトリックMRIの意義

PSMA-PETの前立腺癌の診断・治療における有用性と,予想されるMRIとの使い分け

前立腺癌のMRI診断における評価者の影響とAI活用の可能性

Current Topics

序説

・死後変化から学ぶ画像診断

序説

1.外因死症例

2.典型的非外傷性死亡事例の死後CTにおける死後変化との鑑別点

3.外傷以外の症例における死後MRI

連載

・頭蓋内病変の画像所見スペクトラム[第7回]

脊髄小脳失調症31型MIMIC−顕著な純小脳萎縮を示す疾患の鑑別−

・となりの読影室[第5回]

岡山大学病院

・特集アドバンストコース[Vol.35,1月号]

CT・MRI時代の単純X線写真:いつ撮る?どう読む?

■ 特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクについて、AndroidOSは今後一部製品から順次対応予定です。製品毎の対応/非対応は上の「便利機能」のアイコンをご確認下さいませ。


※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。


※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher(iOS/iPhoneOS/AndroidOS)が必要です。


※書籍の体裁そのままで表示しますため、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。


この商品を買った人はこんな商品も買っています

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:19.5MB以上(インストール時:41.9MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:40.3MB以上(インストール時:83.1MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません