• M2PLUS
  • 臨床画像 2020年11月号 特集 かすかな所見からひも解く 非外傷性救急疾患の画像診断/特別特集:新型コロナウイルス感染症(COVID–19)を識る

臨床画像 2020年11月号 特集 かすかな所見からひも解く 非外傷性救急疾患の画像診断/特別特集:新型コロナウイルス感染症(COVID–19)を識る

  • ISBN : 9784008004011
  • 書籍発行日 : 2020年10月
  • 電子版発売日 : 2020年10月23日
  • 判 : 指定なし
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥2,750 (税込)
ポイント : 50 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

画像医学,画像診断に携わる放射線科医や一般臨床医を対象に,画像診断の重要かつ最新のテーマ,話題のトピックスを取り上げて解説する総合画像医学雑誌。


臨床画像 シリーズバックナンバー

臨床画像(2020年度年間購読)


※本製品はPCでの閲覧も可能です。
製品のご購入後、「購入済ライセンス一覧」より、オンライン環境で閲覧可能なPDF版をご覧いただけます。詳細はこちらでご確認ください。
推奨ブラウザ: Firefox 最新版 / Google Chrome 最新版 / Safari 最新版

■ 序文

序説

近年,救急医療の現場では交通事故などの重症外傷が大幅に減少し,非外傷性疾患に遭遇する機会が増えているが,非外傷性疾患の対応は複雑である。今年は新型コロナウイルス感染症が世界的に大流行し,日本においても救急医療の現場への影響は計り知れない。わたしたち放射線科医も職場での咳エチケット,三密回避に始まり,胸部CTの適応,感染対策などさまざまな対応に追われた。

そのようななか,今回は救急医療で扱うことの多くなった非外傷性疾患に焦点をあてて特集を組むこととした。

始めに救急医療の最近の動向として第一線で活躍する救急集中治療科 舩越 拓先生に救急疾患の変遷,救急外来で患者対応,さらに新型コロナウイルス感染症の影響について放射線科医にもわかりやすくまとめていただいた。頭部・頭頸部領域では黒川 遼先生に,ご自身の症例集のなかから超緊急ではないが少し先の未来に重大な影響を及ぼしかねない病態として,見逃しがちな病歴・所見について解説していただいた。脊椎・脊髄領域では岡崎 隆先生に,特に見逃しがちな脊柱管内の病変について臨床的,画像的な特徴を踏まえて,診断プロセスや鑑別について解説していただいた。血管領域では佐藤文恵先生らに注意すべき9つのパターンとして症例をご提示いただき,見逃しやすい理由,診断プロセスについて明快に解説いただいた。腹部領域では高濱潤子先生らに,骨盤領域を中心に見落としがちな所見に焦点をあてて,多くの症例をご提示いただきながら解説していただいた。四肢領域では中田和佳先生に油断すると痛い目にあう筋・筋膜疾患,忘れたころに遭遇する腫瘍,また小児疾患についてご解説いただいた。最後に【Special Topic】として山田 惠先生には救急画像診断における若手診断医の育成など教育論的な見解についてまとめ上げていただいた。研修医も指導医もぜひとも読んでいただきたい。

なお,本号では『特別特集』として新型コロナウイルス感染症(COVID‒19)について取り上げている。新型コロナウイルス感染症の影響については,そちらも参照していただければと思う。

本特集が“かすかな所見からひも解く”日常診療のヒントとなっていただければ幸いである。


稲岡 努

■ 目次

特集:かすかな所見からひも解く非外傷性救急疾患の画像診断  企画・編集:稲岡 努

序説  稲岡 努

救急疾患の最近の動向−疾患の変遷,マネジメントのトレンド・展望:COVID–19の影響を含めて−  舩越 拓

教訓的症例集から学ぶ,頭部・頭頸部の非外傷性救急疾患  黒川 遼

脊椎・脊髄の非外傷性救急疾患の画像診断−脊柱管内を中心に−  岡崎 隆

血管系の救急疾患−ぜひ気を付けたい! 9パターン−  佐藤文恵ほか

骨盤領域の非外傷性救急疾患−pitfallに陥らないために−  高濱潤子ほか

四肢の非外傷性救急疾患の画像診断  中田和佳

【Special Topic】画像診断領域における教育(私)論  山田 惠

特別特集:新型コロナウイルス感染症(COVID–19)を識る

序説  宇都宮大輔

Ⅰ COVID–19の一般的事項  宇都宮大輔ほか

Ⅱ COVID–19の画像所見

【総論】COVID–19肺炎  岩澤多恵

【症例1】肺炎(無症候の肺炎症例)  戌亥章平

【症例2】肺炎(胸膜下癒合影,線状陰影,散布様陰影)  鈴木美奈子ほか

【症例3】COVID–19肺炎と慢性心不全  麻生真二郎ほか

Ⅲ COVID–19に対する放射線部の対応策

個人防護のパラダイムシフト−COVID–19の第2波に備える−  出羽宏規ほか

藤沢市民病院でのCOVID–19に対するマネジメント  藤井佳美ほか

横浜市立大学附属病院におけるCT撮影:「発熱外来」受診患者への対応  山城恒雄ほか

京都府立医科大学でのCOVID–19に対するマネジメント  廣田達哉ほか

連載

・IVRの基本をおさえよう!−デバイスの選び方,使い方−

[第11回]

非血管系IVR①−生検−  吉松梨香

・ゲノム医療における画像の役割

[最終回]

血液悪性腫瘍  塚本憲史

・特集アドバンストコース

[Vol.36,7月号]

誰にも聞けないIVRの基本:基本手技〜部位別血管カテーテルの選択と挿入法  岡田卓也

■ 特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクについて、AndroidOSは今後一部製品から順次対応予定です。製品毎の対応/非対応は上の「便利機能」のアイコンをご確認下さいませ。


※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。


※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher(iOS/iPhoneOS/AndroidOS)が必要です。


※書籍の体裁そのままで表示しますため、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。


対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:13.5MB以上(インストール時:30.7MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:13.5MB以上(インストール時:30.7MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません