• M2PLUS
  • 臨床家のための 口腔顎顔面解剖アトラス

臨床家のための 口腔顎顔面解剖アトラス

  • ISBN : 9784263442968
  • ページ数 : 222頁
  • 書籍発行日 : 2009年9月
  • 電子版発売日 : 2012年6月21日
  • 判 : A4判
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥11,000 (税込)
ポイント : 600 pt (6%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

「臨床に役立つ」という視点から選び抜いた解剖写真に、実践的な解説を加えて編集した、これまでにない“新たな解剖学書”。
歯科医師・口腔外科医をはじめ、言語聴覚士や歯科医師を目指す学生にもわかりやすく学べる一冊です。

■ 序文

本書をまず,医学・歯学の教育と研究のため,自らの体をご献体された多くの方々のご霊前に捧げます.これらの善意の方々の献体への尊いご意志と,ご遺族の深いご理解がなければ,本書を上梓し得なかったことはいうまでもありません.

本書は,2006年1月から8月にかけて,『歯界展望(107巻1号から108巻2号)』誌に連載した「見える!わかる!臨床に役立つ解剖写真集」と2007年7月から2008年6月にかけて,同じく『歯界展望(110巻7号から111巻6号)』誌に連載した「カラーアトラス 皮膚・粘膜の下,透けて見えますか-歯科医師・口腔外科医に必要な局所解剖学の知識」を書籍化したものです.前者は第2章に,後者は第1章に収録されています.書籍化に際し,B5版をA4版に変え,写真を大きくしました.文章と写真も一部変更しましたが,大きな変更点として,第2章では前著で各項6ページであったのを8ページに書きかえるとともに,抜歯に関わる項目を追加しました.また,「コラム欄」として,“局所解剖を理解するために必要な系統解剖学の知識“と“臨床医からの一言アドバイス-解剖構造をどう読むか”を,それぞれ第1章と第2章に追加しました.

私の解剖学講義のキャッチフレーズは「臨床に役立つ解剖学」です.「歯科医師を目指す学生,あるいは高度で安全な歯科医療を目指す歯科医師や口腔外科医の皆さんに,より役立つ解剖学の知識を提供したい」というのが私の願いです.本書に掲載された解剖写真は,その目的のため,私の指導の下で研究生や大学院生が剖出したごく一部を除いて,私自身で剖出し,撮影したものです.解剖写真は,大阪大学または徳島大学の歯学部解剖実習室で撮影されています.私に遺体の解剖と写真撮影の機会を与えてくださった,大阪大学大学院歯学研究科高次脳口腔形態統合学講座の重永凱男前教授(現 大阪大学名誉教授)と吉田 篤教授に感謝いたします.

1992年1月から1993年9月まで12回にわたり『ザ・クインテッセンス』誌に「歯科臨床に生かす口腔周囲構造の解剖アトラス」を連載してから,16年が経過します.その間,さまざまな出会いがありました.1993年に大阪大学から徳島大学に移り,共同執筆者でもある市川哲雄,宮本洋二,高橋 章の諸先生方と縁ができ,臨床面からのアドバイスがいただけるようになりました.研究基礎ゼミで私の研究室に配属になった学生たちと,後述の臨床解剖学のテーマで一緒に勉強し,解剖写真を整理していきました.その内容を学内の勉強会で発表してもらい,臨床医の方々からご意見をいただきました.これらのことがすべて本書の内容に反映されています.そして何よりも私にとって励みになったのは,加藤武彦先生(横浜市開業)との出会いです.先生は私の仕事に深いご理解を示され,一緒に講演させていただき,「私の仕事が臨床の先生方の役に立っている」ことを実感させてくださいました.この実感がなければ,この地味な仕事は続かなかったと思います.

本書が歯科医学・歯科医療の発展に寄与できるとすれば,これに勝る喜びはありません.


徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部
口腔顎顔面形態学分野教授

北村 清一郎

■ 目次

研究基礎ゼミ 臨床解剖学テーマと配属学生

編者・執筆者一覧

本書の見方と読み方

第1章 口腔顎顔面領域と前頸部の局所解剖学

1 顔の皮下組織

2 口唇と頬

3 口腔前庭

4 舌下部

5 舌と下顎骨

6 口蓋と上顎骨

7 口峡とその周辺

8 咬筋・耳下腺部と側頭部,および下顎後窩

9 翼突下顎隙と茎突前隙

10 前頸部の皮下組織と顎下部

11 頸部前面の深層

12 頸部の内臓

第2章 テーマ別 臨床に役立つ口腔顎顔面領域の解剖写真集

1 総義歯の形態にかかわる解剖構造

2 総義歯の形態にかかわる解剖構造

コラム 臨床医からの一言アドバイス―解剖構造をどう読むか

3 インプラント植立手技のエビデンスを考える

4 インプラント植立手技のエビデンスを考える

コラム 臨床医からの一言アドバイス―解剖構造をどう読むか

5 歯科局所麻酔時に必要な解剖学の知識

6 臼後三角の局所解剖学

コラム 臨床医からの一言アドバイス―解剖構造をどう読むか

7 顎関節の局所解剖学

8 喉頭蓋谷と梨状陥凹の解剖構造

コラム 臨床医からの一言アドバイス―解剖構造をどう読むか

9 歯・歯槽骨・顎骨のX線解剖学

索引

■ 特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクについて、AndroidOSは今後一部製品から順次対応予定です。製品毎の対応/非対応は上の「便利機能」のアイコンをご確認下さいませ。


※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。


※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher(iOS/iPhoneOS/AndroidOS)が必要です。


※書籍の体裁そのままで表示しますため、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。


この商品を買った人はこんな商品も買っています

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:94.0MB以上(インストール時:204.5MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません