• M2PLUS
  • NST栄養管理パーフェクトガイド(上)

NST栄養管理パーフェクトガイド(上)

田中 芳明 (著)

医歯薬出版

  • ISBN : 9784263720097
  • ページ数 : 116頁
  • 書籍発行日 : 2007年2月
  • 電子版発売日 : 2012年11月30日
  • 判 : B5判
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥2,420 (税込)
ポイント : 44 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

(上)(下)2冊でNSTスキルパワーアップ!
大学病院NSTを運営している著者がまとめた、NST栄養管理に必須の知識を収めた「1ランク高いレベル」の解説書。本書(上)は、消化管機能の基礎・臨床、栄養スクリーニング・アセスメント、静脈栄養・経腸栄養の特徴と投与の実際、問題点と対策などについてわかりやすく詳述されています。ぜひ栄養管理の実践に、ご活用ください。

NST栄養管理パーフェクトガイド(下)は こちら

■ 序文

近年,Nutrition Support Team(NST)の実践による医療面,経済面での臨床効果が徐々に明らかにされ,その必要性が注目されていますが,適正かつ効率的なNSTの実践には,栄養管理に必要な基礎的,臨床的知識の把握は最重要課題といえます.

栄養管理があらゆる疾患に対する医療の基盤となり,患者さんのQOLや予後に大きな影響をおよぼすことは明らかですが,適切な栄養管理が十分になされていない,患者さんの栄養状態の細かな変化に十分に目が行き届かない,たとえ異常であることに気づいても栄養評価が不十分なために適切な管理に至っていないなど,日常の臨床ではさまざまな場面に遭遇します.

適切な栄養管理の実践には栄養スクリーニングの実施と正確な栄養評価が必要で,それに基づいて栄養管理計画を立てなければなりません.スクリーニングと栄養評価は定期的かつ継続して行い,患者さんの栄養状態の変化を早期に,正確に判断することが求められます.その結果,栄養管理計画ならびに栄養療法の変更を余儀なくされる場合も少なくありません.これらの作業を効率的かつ正確に行ううえで,チーム医療であるNSTは有効な手段と考えられます.

そこで本書では,NSTの実践のうえで最低限必要,あるいは必須と考えられる基礎的・臨床的知識についてまとめました.さらに,NST運営の現状と問題点,診療報酬改定とその対策,栄養療法の実践で必要な病態別栄養剤の知識と選択法,なかでも現在注目されているImmunonutritionの適応と問題点,酸化ストレスと抗酸化療法などについてわかりやすく解説しました.

本書が栄養管理の実践において皆さまのお役に立ち,かつ医療の質の向上につながれば幸いです.


2007年 2月

田中 芳明

■ 目次

消化管機能の基礎と臨床

1.消化管の微細構造

2.三大栄養素の消化吸収のメカニズム

(a)消化吸収の概要

(b)トランスポーター(輸送担体)

(c)糖質の消化と吸収

(d)たんぱく質の消化と吸収

(e)脂肪の消化と吸収

1)刷子縁膜における吸収機構

2)細胞内輸送とTGの再合成

3)リポ蛋白の合成と細胞外への輸送

(f)中鎖脂肪(MCT)の消化吸収

3.栄養素の吸収における消化管の部位別特性(臨床栄養に必要な消化管の臨床解剖)

(a)ビタミンB12,葉酸の吸収

(b)胆汁酸塩の作用と吸収

(c)ビタミンB1(チアミン)

4.腸管の役割と腸管免疫

(a)生体防御作用:分泌型IgAの誘導とT細胞による生体防御

(b)経口免疫寛容

臨床栄養管理の実際(I)

1.栄養スクリーニングとアセスメント

(a)主観的包括的評価(SGA)

(b)客観的栄養評価(ODA)

2.栄養療法の選択と経静脈栄養,経腸栄養の特徴

(a)栄養療法の選択

(b)経静脈栄養,経腸栄養の特徴

3.処方設計

(a)エネルギー必要量の算出

(b)投与エネルギー組成の意義(糖質による蛋白節約効果とその限界)

(c)non protein kcal/N比を理解した処方設計(たんぱく質必要量)

1)侵襲時

2)小児,特殊病態としての腎不全

(d)脂肪の投与意義

4.栄養管理の問題点(TPN,EN)とその対策

(a)TPNの問題点

1)TPNに関連した種々の生体内障害

2)TPNに伴う肝障害の病因・病態

a)生体側因子

b)TPN側因子(投与量,投与組成,投与方法)

(b)EN管理における問題点

1)管理上の問題点(投与栄養剤の温度,濃度,浸透圧,投与速度,組成)

2)栄養剤,栄養器材の汚染

3)栄養チューブの留置上の問題点

5.腸管に対するメンテナンス

(a)大腸での消化吸収

(b)食物繊維の種類と特徴,腸管の栄養素

(c)水溶性食物繊維とその代謝産物である短鎖脂肪酸の効果

(d)腸内菌叢が腸管免疫に与える影響

(e)腸粘膜の健常度の指標となるdiamine oxidase(DAO)活性と各種病態下における測定意義

References

索引

■ 特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクについて、AndroidOSは今後一部製品から順次対応予定です。製品毎の対応/非対応は上の「便利機能」のアイコンをご確認下さいませ。


※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。


※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher(iOS/iPhoneOS/AndroidOS)が必要です。


※書籍の体裁そのままで表示しますため、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。


この商品を買った人はこんな商品も買っています

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:13.0MB以上(インストール時:28.3MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:23.4MB以上(インストール時:58.6MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません