• M2PLUS
  • 日本消化器病学会専門医資格認定試験問題・解答と解説 第5集

日本消化器病学会専門医資格認定試験問題・解答と解説 第5集

日本消化器病学会 (編)

金原出版

  • ISBN : 9784307101448
  • ページ数 : 124頁
  • 書籍発行日 : 2009年4月
  • 電子版発売日 : 2019年6月21日
  • 判 : B5判
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥4,180 (税込)
ポイント : 76 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

日本消化器病学会の専門医試験問題とその解説を89問収載!

同学会の専門医受験を目指す医師の受験勉強をサポートします。本書は1998年に『日本消化器病学会認定医資格認定試験問題・解答と解説 第1集』として刊行されて以来、2003年から『日本消化器病学会専門医資格認定試験問題・解答と解説 第3集』と改称し、今回『第7集』が刊行されました。さらに問題演習を積み重ねたい方には、バックナンバーでの勉強もお薦めです。

>「 【日本消化器病学会専門医資格認定試験問題】」シリーズはこちら

■ 序文

このたび,「日本消化器病学会専門医資格認定試験問題・解答と解説 第5集」が刊行の運びとなりました.この「日本消化器病学会専門医資格認定試験問題・解答と解説」は,1998年に八尾恒良理事のご尽力により第1集を発行して以来,ほぼ3年に1度,版を重ねてまいりました.第5集は,2006年(第103巻)1号から2008年(第105巻)12号までの日本消化器病学会雑誌に掲載された89題の問題に,解説と解答を加えたものです.従来通り,問題の選定は本学会専門医試験問題選定委員会に,また,解説と解答は日本消化器病学会雑誌の編集委員の先生方にお願いしました.この機会に,関係された先生方にそのご苦労に対して,改めてお礼申し上げます.

専門医制度はすっかり定着し,若い先生方のトレンドは学位取得よりも専門医取得になっています.現在,日本消化器病学会の会員数は30,000人を超え,専門医は約16,500人に達しています.毎年,専門医認定試験を受けて約800人の専門医が誕生し,その数は年を追うごとに増加しています.本書では,消化器病専門医にとって極めて重要な,必須の知識を要求する問題が選ばれており,したがって,本書はこれから専門医試験を受験しようとする先生方にとって,極めて有用な参考書であることは言うまでもありません.また,試験問題は消化器病の臨床の進歩を取り入れて作成されており,その解説は,専門医を受験する先生方だけでなく,消化器病の臨床に携わる先生方の疑問の解決や知識の整理にも大変役立つ書になっていると確信します.本書が,これから消化器病専門医を目指す,あるいは現在消化器病の診療に携わっている多くの先生方のお役に立って,消化器病臨床の向上につながることを心から祈っております.


2009年3月

日本消化器病学会機関誌編集委員会
担当理事 坪内 博仁

■ 目次

日本消化器病学会専門医研修カリキュラム

A.食道

問題1~問題13

B.胃

問題14~問題35

C.腸

問題36~問題49

D.肝

問題50~問題67

E.胆

問題68~問題73

F.膵

問題74~問題89

■ 特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクについて、AndroidOSは今後一部製品から順次対応予定です。製品毎の対応/非対応は上の「便利機能」のアイコンをご確認下さいませ。


※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。


※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher(iOS/iPhoneOS/AndroidOS)が必要です。


※書籍の体裁そのままで表示しますため、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。


対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:38.6MB以上(インストール時:78.8MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:15.1MB以上(インストール時:31.4MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません