• M2PLUS
  • 新版 薬の相互作用としくみ

新版 薬の相互作用としくみ

  • 電子版発売日 : 2016年9月30日
  • 種別 : アプリケーション版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥13,750 (税込)
ポイント : 250 pt (2%)

商品情報

薬の相互作用は、“しくみ”から類推せよ!
どんな相互作用が起こり得るのか、どう対応すべきか、基礎から実践まで、相互作用をまるごと学べる必読書

本書は、薬物相互作用を系統立てて学べる、他に類をみない実践教科書として、医師・薬剤師はもちろん、医学生、薬学生など、薬物療法に関わる全ての医療従事者必携の一冊です。

電子版では、もちろん今日の治療薬リンクを搭載! 掲載薬剤の詳細情報をワンタッチでご確認いただけます。

■ 収録内容

新版 薬の相互作用としくみ

■ 日経BP社

■ B5 728頁

■ 定価(紙書籍) 本体12,500円+税

■ ISBN978-4-8222-0087-9

■ 主な目次

本書の構成と使い方

●配合薬一覧

●参考文献

● 欧文略語一覧

●薬効分類と化学構造式一覧

発現機序別の併用禁忌一覧表

1.薬物相互作用とは

2.相互作用に注意すべき薬剤

3.薬剤師としてどう対処すべきか

第1 部 薬動態学的相互作用

◆第1 章 消化管吸収

第1 節 物理化学的変化

第2 節 抗菌薬による腸内細菌叢の変化

第3 節 消化管運動の変化

第4 節 消化管内のpH 変化

第5 節 消化管粘膜上皮細胞膜のトランスポーター

第6 節 消化管吸収に関わるその他の相互作用

◆第2 章 分布

第1 節 血漿タンパク結合

第2 節 血液組織関門

◆第3 章 腎排泄

第1 節 NSAIDs による糸球体濾過量の減少

第2 節 トランスポーターの阻害・競合

第3 節 尿酸の再吸収・分泌の変化

第4 節 近位尿細管でのリチウム(Li)、抗菌薬の再吸収

第5 節 尿pH の変化

第6 節 腎排泄に関わるその他の相互作用

◆第4 章 薬物トランスポーター

第1 節 トランスポーターの分類

第2 節 消化管吸収に関わるトランスポーター

第3 節 血液組織関門に関わるトランスポーター

第4 節 肝分布・胆汁中排泄に関わるトランスポーター

第5 節 腎排泄に関わるトランスポーター

◆第5 章 CYP450 による代謝

第1 節 CYP450 と薬物相互作用

第2 節 CYP450 阻害に起因する相互作用

第3 節 CYP450 誘導に起因する相互作用

第4 節 二相効果

◆第6 章 その他の薬物代謝酵素(系)

第1 節 ウラシル脱水素酵素

第2 節 キサンチンオキシダーゼ

第3 節 アルコール代謝酵素系

第4 節 抱合

第5 節 モノアミンオキシダーゼ(MAO)/カテコール-O- メチル基転移酵素(COMT)

第6 節 コリンエステラーゼ

第7 節 チオプリンメチルトランスフェラーゼ

第8 節 エポキシド加水分解酵素

第9 節 葉酸代謝

第10 節 カルボキシエステラーゼ


第2 部 薬力学的相互作用

◆第7 章 薬の作用に起因する相互作用

第1 節 中枢神経系抑制および興奮

第2 節 末梢神経系

第3 節 MAO 阻害

第4 節 ヒスタミン

第5 節 心機能促進および抑制、QT 延長

第6 節 血管拡張および収縮

第7 節 血液凝固抑制および促進

第8 節 血糖値低下および上昇

◆第8 章 薬の副作用に起因する相互作用

第1 節 痙攣、パーキンソニズム

第2 節 低K 血症、高K 血症

第3 節 血液障害

第4 節 NSAIDs の副作用

第5 節 その他の副作用

付録

付A 5-HT(セロトニン)

付B PDE(ホスホジエステラーゼ)

付C 受容体

付D 動脈血栓症

付E 飲食物・嗜好品(21 品目)と薬の相互作用

全文・全図表を収録しています

■ 特長1

薬物相互作用の発現機序(しくみ)を徹底解説!

薬物相互作用の発現機序(しくみ)を薬理学・分子生物学の最新知見に基づいて詳説!

本書は前版「薬の相互作用としくみ 全面改訂版」から3年半ぶりの新版です。
新薬(約80成分)の相互作用はもちろん、最新の添付文書改訂情報も反映された新版をぜひお手元に!

併用禁忌薬は一覧表ですばやくチェック!

相互作用を引き起こす薬剤の組み合わせと起こり得る結果を一覧表にまとめました。
電子版では関連ページの詳細情報にワンタッチでリンクし、業務効率を高めます。

■ 特長2

大好評の「今日の治療薬」リンク参照!

文中のオレンジ下線の薬剤名をタップすると、「今日の治療薬」の関連薬剤へリンク参照が可能です。

「電子版今日の治療薬」がインストールされている必要があります。

必見!患者対応のコツをつかむ「症例」が満載

実際の処方例、薬剤師から患者への説明内容、薬剤師から医師への提案内容、処方変更等の症例を多数掲載。

■ 特長3

前後項目を一覧表示

詳細画面では、現在参照している項目の前後50の項目をリストで確認いただけます。選択すると詳細画面へリンク!書籍と同様の一読性を実現しました。

閲覧履歴から参照可能

履歴表示機能により、最近参照した項目をリスト表示。選択することでその詳細画面が参照できます。最近参照した最大100件までの項目が履歴として登録されます。

■ 画面イメージ

andorid.png
 

目次

詳細画面

詳細画面


ms.png
 

章内目次

詳細画面

詳細画面

■ 特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。


※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です(iOS/iPhoneOS/、AndroidOS)。



対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません