• M2PLUS
  • 心電図ハンター 心電図×非循環器医 1 胸痛/虚血編

心電図ハンター 心電図×非循環器医 1 胸痛/虚血編

増井 伸高 (著)

中外医学社

  • ISBN : 9784498037908
  • ページ数 : 222頁
  • 書籍発行日 : 2016年9月
  • 電子版発売日 : 2017年3月31日
  • 判 : A5判
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥4,180 (税込)
ポイント : 76 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

心電図の判読に迷い,「どうしてもっと早く呼ばないの!」「これは緊急じゃないよ!」上級医から言われたことのある人。

非循環器医が即座に判断できない微妙な症例のみを集め,その心電図判読のコツを紹介する.紙コップを使った説明や,有名人・キャラクターの名言やセリフになぞらえた解説など,楽しく学べる工夫も満載.困った時のベストな対応が身に付く1冊だ。

■ 序文

まえがき

「どうしてもっと早く呼ばないのだ!」

「これは緊急ではない!」

これは,私が研修医の時によく言われた言葉です.当時は理由がわからず,ただうな垂れるだけでした....そして10年後,救急医として経験を積み,専門医が早く呼んでほしい症例と待ってほしい症例が次第にわかるようになりました.一方で,多くの専門医はいつ急ぐのか,急がないのかを"非"専門医へ伝えるのが苦手なことにも気がつきました.かつては研修医だった専門医も,特定領域にどっぷり浸かってしまうと,"非"専門医が何を知らないかを見失ってしまうのかも知れません.ホームランバッターが必ずしも名監督になれないように,自分ができることを相手にさせるのは難しいのです.


■胸痛患者さんで典型的なST上昇があれば循環器コールしよう

■若くてリスクもない胸痛患者さんで心電図が正常なら経過観察しよう

→これは,"非"循環器医・循環器医で立場によらず共通認識でしょう.

■胸痛で心電図をとったが,ST変化があるか迷って...

■STが一見上がって見えるが,リスクもない患者さんがいる...

→多くの"非"循環器医が知りたいのは,そんな『ビミョー』な心電図の判断と対応です.


型にハメた心電図の読み方だけでなく,どうしたらよいか迷う心電図の勘所やその後の対応が書いてある指南書が臨床現場には必要だと考えました.そのために"非"循環器医目線で『ビミョー』な心電図ばかりを集めました.これらは自分や後輩・同僚の失敗症例簿です.勇気をもって開示しますので,私たち"非"循環器医が悩んだ心電図症例を疑似体験し,自分ならどうするかをぜひ考えてみてください.本の中でなら間違ったり失敗したりしてもOKです.どこでミスをするのかを体感し,次へ活かしてください.

本書は心電図の読み方をstep beyondするためのサバイバルガイド.心電図のABC...といった読影手順は出てきませんし,神秘的な電気生理学の解説もありません.でも,読み終えた時には,似たような心電図を前にした時に,たとえ困ってもベストな対応が身につくことをお約束します.


2016年8月

増井伸高

■ 目次

Chapter1 白黒つかない心電図

心電図のグレーゾーンはどこにあるか

Chapter2 歴史から学ぶ心電図

心電図で医師が泥臭くしないといけないこと

Chapter3 ガツンとこない心電図

どこからST上昇なのか

Chapter4 感じる心電図

2次元の心電図を紙コップで3次元化する

Chapter5 未来の心電図

タイムマシンに乗って未来の心電図を集める

Chapter6 フォースを使う心電図

コップをのぞくと見えてくるもの

Chapter7 ○○症候群の心電図

心電図に流行やスタイルは役に立つのか

Chapter8 やりがいのある心電図

診断率38%の異常を見つける方法,教えます

Chapter9 遅れてきた心電図

心筋梗塞を見てもトップスピードで走らない

Chapter10 思い出せない心電図

エイプリル・フールに騙されない方法

Chapter11 数多の心電図

今まで異常なしと判断してきた心電図の枚数を覚えているか

Chapter12 はっきり言えない心電図

ブロックのup&down,上がってんの?下がってんの?

Chapter13 練習する価値のある心電図

Sgarbossa とSmith を普段から使えるようにする

Chapter14 判断できる心電図

知識とやる気だけでは不十分〜使って・実行してなんぼ

Chapter15 何もしない心電図

コンサルト~ある時は御法度,ある時は必須

Chapter16 とる前に読む心電図

効率よく読むためのスイッチの入れ方

Chapter17 決定権のない心電図

心電図でコントロールできること,できないこと

Chapter18 売れてる心電図

診断学から心電図の使い方を考えてみる

Chapter19 予想しない心電図

心電図異常になぜ気付けないか,どう対応すればよいのか

Chapter20 ブラックボックスの中の心電図

最終判断できない心電図を前に,非循環器医ができること

■ 特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクについて、AndroidOSは今後一部製品から順次対応予定です。製品毎の対応/非対応は上の「便利機能」のアイコンをご確認下さいませ。


※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。


※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher(iOS/iPhoneOS/AndroidOS)が必要です。


※書籍の体裁そのままで表示しますため、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。


この商品を買った人はこんな商品も買っています

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:34.9MB以上(インストール時:75.8MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:24.7MB以上(インストール時:61.8MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません