• m3.com 電子書籍
  • 心電図教えてノート 改訂2版−チームでモニター事故を予防する!−

心電図教えてノート 改訂2版−チームでモニター事故を予防する!−

  • ページ数 : 114頁
  • 書籍発行日 : 2020年2月
  • 電子版発売日 : 2020年2月19日
¥2,640(税込)
m3.com 電子書籍ポイント: 72pt ( 3 %)
m3ポイント:1%相当 point-info
今すぐ立ち読み
今すぐ立ち読み

商品情報

内容

スタッフステーションでなり続ける心電図モニターのアラームに対して,聞こえない振りをした経験はないだろうか.本書は,そんな心電図アレルギーと戦ってきた著者らが結成したMACT(monitor alarm control team)のノウハウを凝縮し,好評を得た.改訂第2版はさらに技術に磨きがかかり,現場のリアルな疑問に答えたクリニカルクエスチョンも新たに追加.安全な心電図モニター管理へと導いてくれる,頼れる1冊だ.

序文

改訂2版刊行にあたって

本書の初版が発行されてから、早くも5年が経過しました。臨床現場で働くスタッフの目線で心電図の本を作りたい、という思いで作った「心電図教えてノート」が、多くの皆様の手元に届いたことを大変嬉しく思っております。

5年前、本書を通じてモニター事故がゼロになることを願いながら初版を刊行しましたが、その後も残念ながら新たな事故報道がありました。

改訂2版では、当院での活動を元に「MACT活動」の部分を中心にブラッシュアップし、さらにメディカルスタッフが普段疑問に思うことを「CLINICAL QUESTION」としてまとめ、これを12例ほど付け加えました。すでにMACT活動に取り組んでいる施設、これから取り組もうとしている施設において、お役に立てる内容となっております。もちろん、モニター波形の参考書としても、これまで以上にご活用いただけるよう細かな改訂を加えて、より洗練された内容としました。

本書が、心電図への理解を深め、安全な心電図モニター管理の一助になることを願っています。


2020年2月

さいたま市民医療センター 看護部師長補佐 冨田 晴樹
臨床工学科科長 富永 あや子

目次

心電図教えてノート もくじ

1 総論

Section 1.心電図モニターにできること

Section 2.心電図モニターの基本波形

Section 3.心拍数の数え方

Section 4.刺激伝導系

Section 5.トレンドグラフの活用

2 MACT(モニターアラームコントロールチーム)

Section 1.病院で取り組む心電図モニター管理の現状

Section 2.モニターアラームコントロールチーム(MACT)による心電図モニター問題への取り組み

Section 3.当院モニターアラームコントロールチーム(MACT)の成果

Section 4.誘導変更方法

Section 5.テクニカルアラームについて

Section 6.モニター誘導法

Section 7.誘導変更、アラーム値設定のtips

3 診断

はじめに 不整脈フローチャート

1 心停止(cardiac arrest)

 1-1.心室頻拍(VT)

 1-2.心室細動(VF)

 1-3.心静止(asystole)

 1-4.無脈性電気活動(PEA)

2 洞調律(サイナスリズム〔SR〕)

3 洞性頻脈

4 心室期外収縮(PVC)

5 心房期外収縮(PAC)

6 非伝導性心房期外収縮(blocked PAC)

7 心室内変行伝導

8 多源性心房頻拍(MAT)

9 心房細動(AF)

10 心房粗動(AFL)

11 発作性上室頻拍(PSVT)

12 洞不全症候群(SSS)

 12-1.洞性徐脈

 12-2.洞停止

 12-3.徐脈頻脈症候群

13 房室ブロック

 13-1.I度房室ブロック

 13-2.II度房室ブロック

 13-3.III度房室ブロック(完全房室ブロック【complete AVB】)

14 脚ブロック

15 促進性心室固有調律(AIVR)

16 補充収縮

17 ペースメーカー

 17-1.AAIモードでの正常波形

 17-2.VVIモードでの正常波形

 17-3.DDDモードでの正常波形

 17-4.ペーシング不全(pacing failure)

 17-5.アンダーセンシング

 17-6.オーバーセンシング

18 ノイズ

19 受信障害、電波障害

20 ローボルテージ波形(低振幅波形)

さくいん

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:28.1MB以上(インストール時:58.5MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:112.4MB以上

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:28.1MB以上(インストール時:58.5MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:112.4MB以上

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

書籍情報

  • ISBN:9784498076815
  • ページ数:114頁
  • 書籍発行日:2020年2月
  • 電子版発売日:2020年2月19日
  • 判:B5判
  • 種別:eBook版 → 詳細はこちら
  • 同時利用可能端末数:3

まだ投稿されていません

特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクについて、AndroidOSは今後一部製品から順次対応予定です。製品毎の対応/非対応は上の「便利機能」のアイコンをご確認下さいませ。


※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。


※コンテンツの使用にあたり、m3.com 電子書籍(iOS/iPhoneOS/AndroidOS)が必要です。


※書籍の体裁そのままで表示しますため、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。