• M2PLUS
  • 腎機能低下時の薬剤ポケットマニュアル 第4版

腎機能低下時の薬剤ポケットマニュアル 第4版

田中 哲洋 南学 正臣 (編集)

中外医学社

  • ISBN : 9784498117075
  • ページ数 : 464頁
  • 書籍発行日 : 2019年6月
  • 電子版発売日 : 2019年6月10日
  • 判 : B6判
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥5,280 (税込)
ポイント : 96 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

CKD・透析患者への薬剤使用にこの一冊!

第4版では、次々に出てくる新薬に関する記載を加え、また皆様にご要望を伺い加筆・修正しております! 電子書籍版なら"いつでも"・"どこでも"薬剤ごとの使用法・注意点がすぐにご確認いただけます。

■ 序文

4版の序

国民病ともされる慢性腎臓病患者に接する機会は,日常臨床の現場で数多く,どのような分野においても医療に従事する限り腎機能低下患者に薬剤を投与する機会は少なくない.患者の腎機能に応じて,適切に薬剤を使用することは,診療において非常に重要である.更に,安全に医療を遂行するためには,薬剤の副作用としての腎機能障害に関しても,熟知しておく必要がある.これまで「腎機能低下時の薬剤ポケットマニュアル」は,このような目的で多くの皆様にご活用を頂き,高くご評価頂いてきた.今回,次々に出てくる新薬に関する記載を加え,また皆様にご要望を伺い加筆・修正を行って,改訂第4版を上梓することができた.

ご多忙の中,ご執筆を頂いた各病院の執筆者の皆様にこの場を借りて深く感謝申し上げるとともに,本書の作成に当たり御指導・御鞭撻を頂いた中外医学社企画部の桂彰吾氏にも心から感謝申し上げる.

本書は,日常臨床で忙しい皆様でも素早くご活躍頂けるよう,実用性と使いやすさに特に留意している.本書が,皆様の日々の診療のお役に立てることを,祈念している.

2019年5月
田中哲洋,南学正臣

■ 目次

I章 ベッドサイドでの薬物使用法

1 病原微生物に対する薬剤

2 降圧薬

3 循環器病薬

4 呼吸器病薬

5 糖尿病/肥満治療薬

6 高脂血症・高尿酸血症治療薬

7 骨粗鬆症治療薬

8 消炎鎮痛薬

9 腎不全治療薬

10 多発性囊胞腎治療薬/心不全治療薬

11 消化器系薬

12 抗アレルギー薬・抗リウマチ薬

13 免疫抑制薬

14 中枢神経系

15 抗癌剤

16 造影剤

17 腎不全患者用輸液・栄養製剤

18 急性腎障害に対する薬物療法

II章 腎障害時の薬物動態の変化

1 薬物の腎排泄機構とクリアランスの変動

2 血液透析,腹膜透析,持続血液濾過透析における薬物動態の変化

3 腎機能低下時の薬物投与の調整法

4 薬剤による腎障害

事項索引

薬剤名索引

■ 特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクについて、AndroidOSは今後一部製品から順次対応予定です。製品毎の対応/非対応は上の「便利機能」のアイコンをご確認下さいませ。


※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。


※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher(iOS/iPhoneOS/AndroidOS)が必要です。


※書籍の体裁そのままで表示しますため、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。


この商品を買った人はこんな商品も買っています

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:15.7MB以上(インストール時:34.1MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:36.3MB以上(インストール時:90.8MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません