• M2PLUS
  • パーキンソン病 実践診療マニュアル 第2版

パーキンソン病 実践診療マニュアル 第2版

武田 篤 (編著)

中外医学社

  • ISBN : 9784498228535
  • ページ数 : 308頁
  • 書籍発行日 : 2018年10月
  • 電子版発売日 : 2018年11月9日
  • 判 : A5判
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥5,060 (税込)
ポイント : 92 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

パーキンソン病の診断・治療・長期ケアまで、実用的“最新知識”が手に入る!

エキスパートが行っている日常診療を再現!パーキンソン病を含む運動障害を専門とはしない医療従事者、研修医をターゲットに、その病態や診断、治療法、ケアまでを平易に解説。改訂第2版では「パーキンソン病診療ガイドライン2018」の内容を反映。

■ 序文

改訂の序

早いもので本書の発刊から2年余りが経過した.お陰さまでパーキンソン病診療の実際をコンパクトにまとめた本として,予想外に多くの皆さまからご評価を頂き増刷まですることができた.ご承知のとおり,この度パーキンソン病診療ガイドライン2018が改訂され,本年5月に出版された.そこで本書についても新しいガイドラインの記載に準拠する形で改訂版を刊行することとした.分担著者の先生方にはお忙しいところ改訂にご協力を頂き感謝申し上げたい.

初版の序文に書いたとおり,本邦の人口構成の高齢化は驚くべき早さで進んでいる.総務省統計局から公表されたデータによると,昨年1年間に総人口は約38万人(約0.3%)減少しているのに対して,65歳以上の高齢者は約53万人増加している.この傾向は今後さらに加速してくと予想され,それに伴いパーキンソン病を含む加齢関連疾患は確実に増加していく.パーキンソン病を適切に診断し,治療・対処することの重要性はますます高まっていると考える.一方で治療薬の種類も増え,診断に関する技術も向上しており,その発展には驚くべきものがある.

本書はパーキンソン病の実地診療に関連した最新情報を効率的に参照することを目的としてまとめられた.医療・福祉に携わる多くの方々のお役に立つことができるなら幸いである.


2018年7月

梅雨明けの猛暑が続く仙台にて
武田 篤

■ 目次

I パーキンソン病とはどのような病気か

1.パーキンソン病の病態

A. パーキンソン病発症のメカニズム

B. ドパミンと運動制御のメカニズム

C. 大脳基底核回路とパーキンソン病の運動症候

2.わが国におけるパーキンソン病診療の現状と課題

II 診断について

1.問診と神経診察からいかにパーキンソン病の診断に迫るか?

A. パーキンソン病の運動症状

B. 運動症状と非運動症状

C. パーキンソン病の新しい診断基準

2.補助検査

A. 嗅覚検査

B. 自律神経系の検査

3.鑑別診断上問題となる主な疾患

A. PDと鑑別を要する主な疾患

III 主なパーキンソン病治療薬のまとめ

1.ドパミン系薬剤

A. ドパミン系薬剤の開発

B. L-ドパ

C. デュオドーパR 治療

D. ドパミンアゴニスト(DA)

E. MAO-B(monoamine oxidase-B)阻害薬

F. COMT(catechol-O-methyltransferase)阻害薬

2.非ドパミン系薬剤

A. 抗コリン薬

B. 塩酸アマンタジン(シンメトレルR)

C. ゾニサミド(トレリーフR)

D. ドロキシドパ(ドプスR)

E. アデノシン受容体拮抗薬

IV 初期治療

1.説明と同意

「パーキンソン病はどのような治療があるのでしょうか?」

「パーキンソン病は死ぬ病気ですか?」

「この病気は認知症になりますか?」

「この病気は遺伝しますか?」

「パーキンソン病によい食べ物やサプリメントはありますか?あるいは食べないほうがよいものはありますか?」 

「薬を飲んだらかえって悪くなると聞いたことがありますが本当ですか?」

「運動はしてよいのですか?」

「家族が気をつけることはありますか?」

2.治療のタイミング

3.治療法の選択

 Case Study

V 進行期治療

1.運動合併症

A. 運動合併症の病態

B. 運動合併症とその治療戦略

C. 運動合併症とその対応

D. ウェアリング・オフの治療

E. No on, delayed onの治療

F. 早朝ジストニアの治療

G. 血中濃度最高時ジスキネジアの治療

H. 二相性ジスキネジアの治療

 Case Study

2.すくみ足

A. すくみ足とは

B. すくみ足の増悪に関連する諸因子

C. すくみ足と転倒

D. すくみ足の分類と治療

E. すくみ足に対する治療

F. 薬物治療

G. 外的cueの導入

H. 音楽療法

I. すくみ足に対するリハビリテーション

 Case Study

3.姿勢保持障害とその対策

A. パーキンソン病の進行と姿勢保持障害

B. 姿勢保持障害の神経機構

C. 姿勢保持障害の対策

D. 姿勢保持障害と転倒

E. 転倒による外傷・骨折の予防

F. 姿勢保持障害,転倒の治療・対策アルゴリズム

 Case Study

4.姿勢異常とその対策

A. 前屈姿勢

B. 腰曲り

C. 体幹側屈(斜め徴候,Pisa 症候群)

D. 首下がり

E. 上下肢における異常姿位

VI 外科治療

1.定位脳手術

A. 手術適応

B. ターゲット選択

C. DBS装置

D. 手術の概略

E. 合併症

2.術後の調整・管理

A. 術後早期の管理

B. 慢性期の管理

C. 術後の注意点

VII 非運動症状とその治療

1.認知機能障害とその対策

A. パーキンソン病における認知症の疫学

B. パーキンソン病における認知症の臨床像

C. 軽度認知機能障害を伴うパーキンソン病の臨床像

D. パーキンソン病における認知機能障害の病理学的背景

E. レビー小体型認知症との関連

F. PDDにおける神経化学システムの異常

G. PDDの治療

H. パーキンソン病における認知症の発症予測に向けて

2.精神症状とその対策(気分障害,幻覚・妄想,行動障害)

A. 気分障害

B. 幻覚・妄想

 Case Study

C. 衝動制御障害・ドパミン調節障害

3.睡眠障害とその対策

A. 不眠

B. REM睡眠行動障害

C. 下肢静止不能症候群

D. 日中の過度の眠気

E. 突発的睡眠

4.自律神経障害とその対策

A. 消化器症状

B. 心血管系障害

C. 神経因性膀胱

D. 性機能障害

E. 発汗障害

5.感覚障害とその対策(嗅覚障害,痛み)

A. 嗅覚障害

B. 痛み

6.流涎・嚥下障害,構音障害とその対策

A. 流涎

B. 嚥下障害

C. 構音障害

VIII リハビリテーション

1.PDの障害構造

A. 運動障害

B. 自律神経障害

C. 精神機能障害

D. 転倒・転落

E. L-ドパ長期連用時の障害

F. その他

2.PDのリハ評価方法

3.PDのリハアプローチ

A. Stage I〜II

B. Stage III

C. Stage IV

D. Stage V

IX 社会資源の活用(難病法,障害者自立支援法,介護保険法)

1.医療制度

A. 指定難病の医療費助成制度

2.所得補償

A. 傷病手当

B. 障害年金

C. 特別障害者手当

3.生活支援

A. 身体障害者手帳

B. 介護保険法

C. 障害者総合支援法

索引

■ 特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクについて、AndroidOSは今後一部製品から順次対応予定です。製品毎の対応/非対応は上の「便利機能」のアイコンをご確認下さいませ。


※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。


※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher(iOS/iPhoneOS/AndroidOS)が必要です。


※書籍の体裁そのままで表示しますため、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。


この商品を買った人はこんな商品も買っています

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:17.4MB以上(インストール時:37.9MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:33.7MB以上(インストール時:84.2MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません