• M2PLUS
  • スーパー総合医 地域医療連携・多職種連携

スーパー総合医 地域医療連携・多職種連携

岡田 晋吾 田城 孝雄 (編)

中山書店

  • ISBN : 9784521739038
  • ページ数 : 296頁
  • 書籍発行日 : 2015年3月
  • 電子版発売日 : 2019年9月25日
  • 判 : B5判
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥10,450 (税込)
ポイント : 190 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

聴診器を持つすべての開業医必読必携! かかりつけ医による総合診療

かかりつけ医としての開業医にとって病院との地域医療連携,地域医療・福祉スタッフとの多職種連携が不可欠となっている.
クリティカルパスやICTの活用によって,地域医療連携システムの,開業医の立場からの構築と実践のための解説書.

■ 序文


最近の開業医を取り巻く環境は決して楽観視できるものではなく,診療報酬改定は病院勤務医の負担感軽減を中心として病院医療に対して手厚く行われることが続いており,わが国の財政状況を考えると今後も診療所に対して有利な改定が行われる可能性は少ないと考えられる.

このような厳しい状況の中で生き残るためには,一つには徹底した専門性の追求があげられる.すなわち,スポーツ整形外科クリニック,乳腺専門クリニックなど専門性を売りにする診療所は地域でしっかりと患者を集めることができ,実際に都市部では成功している.しかし一般の診療所は患者減少,医療モールの進出という厳しい状況のなかで生き残るためにはいわゆるかかりつけ医機能を今まで以上に強化することが必要と考えている.高齢化社会の進展の中で,高齢者は複数の疾患をもっており,患者側からもかかりつけ

医機能の強化が求められていると考えている.そして,かかりつけ医機能を果たすためにはいろいろな疾患を診る必要があり,病院の専門医との連携がますます必要になってくる.以前に比べて医療の進歩も早くなってきており,糖尿病や関節リウマチなどにおける新薬の開発やがんに対する治療法の進歩は目を見張るものがある.多くの疾患を診る必要がある開業医にとって診断や治療の新しい知見を知ることが目の前の患者を診る上で必要不可欠であるが,なかなか多くの学会に参加することも難しいのが現状である.

患者にとっても専門的な治療が必要になれば地域の良い専門医を紹介してほしいという希望があり,開業医の紹介能力に期待している.患者やその家族にとって迅速に紹介してくれることは開業医への信頼になり,地域での開業医の評価にもつながってくる.そのため密接な連携,スムーズな連携が診療所の評価,経営にとても重要なことだと感じている.しかも病院を含む地域の医療・介護スタッフからの開業医との連携への期待がかってないほど感じられ,開業医にとってはやりがいのある時代だと考えている.ただし,多くの開業医が自分たちが地域から求められていることに気付いてないことも多いので,積極的に開業医も取り組む姿勢が必要と思う.

今ほど開業医の力が医療界や社会で求められている時代はないと感じている.この本では全国いろいろな地域で行われている事例を通して地域連携のノウハウが得られるよう構成されている.読者諸氏に少しでも参考になれば幸いである.


2015年2月

専門編集 岡田晋吾
医療法人社団守一会 北美原クリニック理事長
田城孝雄 放送大学大学院教授

■ 目次

1章 地域医療連携・多職種連携の意義と課題

開業医にとっての連携の必要性

病院と診療所の連携

Advice on good practice 出身病院だからといってすべての患者を送るわけではありません

開業医と多職種連携

郡市医師会の役割 板橋区医師会

開業医がよりよい医療連携,多職種連携を行うための課題

Advice on good practice 患者さんにとっての連携メリット

2章 地域医療連携の実際

病院地域連携室の活動と開業医に求めること

Advice on good practice 病院には連携専従スタッフがいるけど開業医には...

地域連携パス 地域連携パスとは

 脳卒中

 がん

 認知症

 関節リウマチ

 大腿骨近位部骨折

地域医療連携ネットワークの構築

 地域ネットワークの作り方,活動

 保健所の関与

先進地域の実例 あじさいネット

 新川地区

 救急と在宅医療をつな

 地域包括ケアの先進地域

 東急電鉄と横浜市の取り組み

3章 在宅医療と地域連携

在宅医療と多職種連携

退院調整看護師との連携

訪問看護ステーションとの連携

Advice on good practice 特定看護師の議論について

医療・介護・福祉との連携

救急と介護の連携

口腔ケアと摂食嚥下

 口腔ケア

 摂食嚥下

4章 地域連携・多職種連携とICT

ICT利用の意義と課題

Advice on good practice 今やICTがなければ在宅医療を続けられません

全国の先端的取り組みから

 鶴岡

 アーバンクリニックとICT

 柏プロジェクト

 石巻

付録 地域医療連携ネットワークシステムのWebサイト

■ 特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクについて、AndroidOSは今後一部製品から順次対応予定です。製品毎の対応/非対応は上の「便利機能」のアイコンをご確認下さいませ。


※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。


※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher(iOS/iPhoneOS/AndroidOS)が必要です。


※書籍の体裁そのままで表示しますため、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。


対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:37.4MB以上(インストール時:83.7MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:65.8MB以上(インストール時:137.9MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません