• M2PLUS
  • エコーでできる評価と管理 バスキュラーアクセス超音波50症例

エコーでできる評価と管理 バスキュラーアクセス超音波50症例

  • ISBN : 9784521747590
  • ページ数 : 208頁
  • 書籍発行日 : 2019年5月
  • 電子版発売日 : 2020年1月10日
  • 判 : B5判
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥6,050 (税込)
ポイント : 110 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

透析室で必須の技術となりつつある,超音波によるバスキュラーアクセス(シャント)の評価と管理.本書では,VA超音波の基本から実践までを,50の症例を通して解説する.血管解剖とプローブ走査の関係,機能評価・形態評価のしかたまで,多くの図と写真による詳細な解説で,難しいと言われるVA超音波が本当にわかる.第一人者によるシャント管理の決定版!

■ 序文

私がシャントエコーを始めたのは,約20 年前である.バスキュラーアクセス(VA)を作製する血管外科の先生の勧めで,検査のやり方もわからず,試行錯誤のなか,必死で何事にもチャレンジしたことを今でも鮮明に覚えている.我々は超音波パルスドプラ法を用いたアクセス血流量の測定に着目し,VA の管理に有益な検査法であることを証明した.その後,超音波診断装置の進歩により,体表面に近い部位を走行する皮静脈についても,明瞭に描出できるようになった.人工血管内シャントの管理のみならず,次第に自己血管内シャントの管理にも活用されていくことになった.

近年では,学会発表や講演会,また数々の書籍の出版により,本検査法が普及してきている.VA に関わる多くの先生方のご尽力によって,ここ数年で飛躍的にエコーによるシャント管理が浸透し,多用されている.私自身も,さまざまな講演会や執筆活動のお手伝いをさせていただいたが,講演会や書籍で与えられるテーマについては時間や頁数に制限がある.講演会や書籍全体の流れを考えると,基礎的なことや主要な疾患について述べるのが限界である.

本書は,シャント管理を行う臨床検査技師や手術を施行する医師をはじめ,画像検査に関わる放射線技師,外来や手術室,透析に従事する看護師や臨床工学技士を対象にした書籍である.AVF,AVG,動脈表在化の種類別に分け,エコーから始める検査ではなく,臨床症状や理学所見から疑われる疾患を推測し,そこから必要な情報をエコーで収集していくという効率の良い,かつ見逃しが少ない検査手順で記した.そして,これまで他の書籍では多くても10 症例程度しか掲載できなかったものが,本書では50 症例を提示していることが最大の特徴である.基本的な症例から応用的な症例について,エコーで引き出しておきたい情報や検査の進め方,どこに注目するかの観察ポイントを中心に示した.

執筆中,私の度重なる提出期限の遅れに対して,叱咤激励をいただいた中山書店の鈴木様,編者の寺島茂先生にも感謝申し上げたい.そのような状況で完成した本書をご熟読いただくと,さまざまな知識を身につけることができ,自己のスキルアップにつながると確信している.しかし,その先にある真の目的は,"超音波の力"が,患者様のために最大限に活かされることであり,それが達成されることを切に願っている.


2019年1月

関西ろうさい病院中央検査部
小林 大樹

■ 目次

バスキュラーアクセス超音波の基本知識

VA超音波の概要

上肢の血管解剖とプローブ走査

動脈系の名称と特徴

静脈系の名称と特徴

VA超音波特有の血管描出法

機能評価

血流量,RI,ATの計測

造設術前評価

VA作製前の評価

形態評価

自己血管内シャント(AVF)の種類と検査法

人工血管内シャント(AVG)の種類と検査法

動脈表在化の種類と検査法

バスキュラーアクセス超音波症例50

自己血管内シャント(AVF)

症例1 術前評価1

症例2 術前評価2

症例3 術前評価3

症例4 造設術後

症例5 狭窄音

症例6 尺骨動脈-尺側皮静脈AVF

症例7 タバチエールAVF

症例8 脱血不良1

症例9 脱血不良2

症例10 脱血不良3

症例11 脱血不良4

症例12 脱血不良5

症例13 脱血不良6

症例14 脱血不良7

症例15 脱血不良8

症例16 静脈圧の上昇

症例17 Cephalic arch stenosis

症例18 症状を認めないシャント機能低下例

症例19 動脈高位分岐

症例20 穿刺困難1

症例21 穿刺困難2

症例22 静脈高血圧症1

症例23 静脈高血圧症2

症例24 スチール症候群

症例25 吻合部瘤

症例26 交通枝の狭窄

症例27 感染

症例28 過剰血流

症例29 閉塞

症例30 短い閉塞

症例31 V-Vバイパス

人工血管内シャント(AVG)

症例32 術前評価

症例33 術後評価

症例34 人工血管(ポリウレタン)

症例35 静脈圧の上昇

症例36 ステント内狭窄

症例37 穿刺困難

症例38 静脈高血圧症

症例39 e-PTFE移植後の浮腫

症例40 スチール症候群

症例41 人工血管の瘤

症例42 感染

症例43 閉塞

症例44 本幹閉塞

症例45 血清腫

動脈表在化

症例46 術前評価

症例47 良好例

症例48 仮性瘤

症例49 穿刺困難

症例50 返血困難例

STEP UP! バスキュラーアクセス超音波検査

装置設定とプローブの選択

なぜ上腕動脈で測定するのか

プローブ走査

上腕動脈高位分岐例

血行動態

報告書

VA 超音波上達法

■ 特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクについて、AndroidOSは今後一部製品から順次対応予定です。製品毎の対応/非対応は上の「便利機能」のアイコンをご確認下さいませ。


※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。


※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher(iOS/iPhoneOS/AndroidOS)が必要です。


※書籍の体裁そのままで表示しますため、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。


この商品を買った人はこんな商品も買っています

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:18.6MB以上(インストール時:41.8MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:18.6MB以上(インストール時:41.8MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません