臨床漢方小児科学

  • ページ数 : 255頁
  • 書籍発行日 : 2016年4月
  • 電子版発売日 : 2019年5月24日
¥4,180(税込)
ポイント : 76 pt (2%)
今すぐ立ち読み
今すぐ立ち読み

商品情報

内容

迷わず選べる小児の漢方方剤!

漢方治療の実際を“小児”に特化して解説した実践書兼参考書.漢方の知識がなくても,著者オリジナルのフローチャートにより,患児の様子や症状,所見などから適切な漢方薬を選択することができる実践的な面と,小児の解剖学的・生理学的特徴を踏まえた,漢方医学の理論が学べる参考書の面も持ち合わせた.日常診療で役立つ小児科医必携の一冊.

序文

小児は成人のミニチュアではないとして,その診療における特殊性が表現されている.漢方医学の世界においても,「寧治十男子.莫治一婦人.寧治十婦人.莫治一小兒」という諺がある.すなわち,成人男性を10人治すことができても女性1人すら治すことはできない,女性を10人治すことができても小児1人すら治すことはできない,としている.小児に特化した医学書の必要性は明白であるが,漢方医学においてはその出版が極めて限定的である.

今回,小児の漢方医学に関して上梓する機会を得た.小児の診療に携わる医師で,漢方医学に関しては初学者を含めて対象とし,漢方医学全般,さらには小児の特性を漢方医学の領域から十分理解し,漢方治療を実践できることを発刊の目的とした.このため,初学者であっても治療において何らかの漢方方剤を選択できること,無効あるいは効果不十分な場合には新たな方剤に変更できることが最重要課題となった.

このような内容を盛り込むために,本書の構成を以下のとおりとした.

第一部「フローチャートによる疾患・症候別漢方処方」:疾患別のフローチャートを用いて,各種症候に対する漢方方剤を提示した.ここには漢方医学用語を記載せず,現代医学的な病状把握から漢方方剤を選択できるようにした.なお,各疾患にはアドバンスコースを項立てして,中級者以上には漢方医学的病態から方剤選択の意義が理解できるよう配慮した.

第二部「小児における漢方医学の基本」:漢方医学の理論については,まず成人を対象とした基本的内容を提示した.その知識を土台として,小児の解剖学的・生理学的特徴を踏まえた漢方医学的理解に結び付けられるようにした.

第三部「漢方方剤における重要知識の整理」:現在,保険適用をもつ漢方方剤すべてにおいて,出典,方剤構成,原典,方意,適応病態,有効疾患,臨床所見を記した.基本事項全般については拙著『漢方処方と方意』で理解することとし,本項はアドバンスコースとしての位置づけとした.また,第一部のフローチャートと第三部の処方解説において登場する漢方方剤を関連付けることができるようにした.

以上の順序に従い三部構成とし,小児科臨床漢方の実践に適うものとした.

このような特徴をもつ本書が小児科漢方における学問体系化を成した発展の礎となることを期待して,書名を『臨床漢方小児科学』とした.西洋医学的なアプローチによる研究も重要であるが,漢方医学の基本理論をもとにして小児の成長,発達といった小児科学の基本的事項を解説できること,さらには,小児科特性を考慮した論理的漢方治療指針を確立することが必要である.

本書の出版においては,著者の最も尊敬する小児科医である川崎市立川崎病院理事 番場正博先生より推薦文をいただいた.身に余る光栄である.また,一目瞭然としたフローチャート作成,適切な内容構成等は,南山堂 石井裕之氏の卓越した編集能力によるものである.ここに感謝の意を表して,序の結びとする.

2016年3月吉日

西村 甲

目次

第一部 フローチャートによる疾患・症候別漢方処方

1.感冒,気管支炎,肺炎

2.気管支喘息

3.中耳炎,副鼻腔炎

4.発疹性感染症

5.起立性調節障害

6.心不全,不整脈

7.貧血,易出血

8.川崎病

9.肝炎

10.ネフローゼ症候群,慢性腎炎

11.夜尿症

12.思春期早発症

13.糖尿病

14.肥満症

15.胃腸炎

16.過敏性腸症候群

17.機能性便秘

18.虫垂炎

19.鼠径ヘルニア

20.痔瘻

21.脱肛

22.悪性腫瘍

23.周術期

24.癤,癰

25.アトピー性皮膚炎

26.尋常性疣贅,伝染性軟属腫

27.アレルギー性鼻炎

28.若年性関節リウマチ

29.機能性頭痛

30.てんかん

31.チック

32.睡眠障害

第二部 小児における漢方医学の基本

Ⅰ 小児漢方を理解するために

1.緒論

2.古典に立脚した原論的理解

3.現代西洋医学を結合させた折衷的理解

Ⅱ 漢方医学概説

1.漢方医学の特徴

2.漢方基礎理論

3.漢方生理学

4.漢方病態病理学

5.漢方病因学

6.漢方診断学

7.漢方治療学総論

Ⅲ 漢方小児科学

1.小児の一般特徴

2.漢方医学古典における小児期の認識

3.小児漢方発育発達学

4.小児漢方生理学

5.漢方発生学

6.小児漢方病態学

7.小児漢方病因学

8.小児漢方診断学

9.小児漢方治療学総論

Ⅳ 漢方医学の歴史

1.中国伝統医学史

2.漢方医学史

3.小児科分野における中国伝統医学史・漢方医学史

第三部 漢方方剤における重要知識の整理

Ⅰ 漢方方剤概説(148種エキス剤)

付録① 基本生薬による漢方方剤分類

付録② 表裏・寒熱に基づく漢方方剤分類

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:49.8MB以上(インストール時:107.3MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:199.2MB以上

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:55.6MB以上(インストール時:117.8MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:222.4MB以上

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

書籍情報

  • ISBN:9784525474812
  • ページ数:255頁
  • 書籍発行日:2016年4月
  • 電子版発売日:2019年5月24日
  • 判:B5判
  • 種別:eBook版 → 詳細はこちら
  • 同時利用可能端末数:3

まだ投稿されていません

特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクについて、AndroidOSは今後一部製品から順次対応予定です。製品毎の対応/非対応は上の「便利機能」のアイコンをご確認下さいませ。


※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。


※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher(iOS/iPhoneOS/AndroidOS)が必要です。


※書籍の体裁そのままで表示しますため、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。