• M2PLUS
  • 母乳 育児 感染 ― 赤ちゃんとお母さんのために 第2版

母乳 育児 感染 ― 赤ちゃんとお母さんのために 第2版

  • ISBN : 9784525503024
  • ページ数 : 152頁
  • 書籍発行日 : 2012年7月
  • 電子版発売日 : 2019年7月5日
  • 判 : B5判
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥2,750 (税込)
ポイント : 50 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

第2版はこの4年間に変わった情報を取り入れました!

新しい感染症・予防接種の動向にあわせて追加修正. 巻頭にはQ&Aを,総論は母乳育児に関わる医療者が知っておくべき感染症の知識を,各論は感染症別に治療方法と母乳育児の際のポイントを簡潔に記載. 子育て中のお母様方をサポートしている多くの職種の方にもお読みいただきたい一冊.

■関連書籍
母乳育児支援講座 第2版
マンガでわかる 母乳育児支援ケーススタディ

■ 序文

改訂2版の序

2008年に「母乳 育児 感染」第1版が世に出てから4年が経ちました.初版を書いたときは,母乳育児を支援されている医療関係者,授乳中のお母様にかかわる医療者,さらにはお子さんを預かる保育士のみなさんのお役に立つ書籍を作りたいと思ったのがきっかけでした.インフルエンザにかかったが授乳を続けてもいいのか,胃腸炎にかかったら授乳はしないほうがいいのか,お母様方の心配はつきません.それらの心配に対して医学的な根拠のある情報をお母様方にすぐに提供できるように,できるだけコンパクトにまとめるよう努めました.

4年が経ち感染症もずいぶんと変わったように思えます.2009年の新型インフルエンザの大流行,RSウイルスやインフルエンザウイルスが季節に関係なく流行するようになりました.そのたびにマスコミでも大きく報道されるためか,お母様方のお子さんの感染症に対する不安は以前にもまして強くなってきたように感じます.その点からも新しい情報を取り入れて現状のニーズにあうように第2版を出す必要を感じていました.さらに,予防接種の種類は増え,同時接種も一般的になるなど,厚生労働省や小児科学会の取り組みも変化してきました.その最たるものに経口生ポリオワクチンから不活化ポリオワクチンへの移行があげられます.また,インフルエンザワクチンの接種量,ロタウイルスワクチンの復活,日本脳炎ワクチンの推奨が見直されたことなど初版からの大きな変化がありました.

第2版はこの4年間に変わった情報を取り入れました.いろいろな情報が手に入りやすくなった反面,錯そうする情報に惑わされることも増えたように思えます.お母様方が注意をして欲しいことと心配しなくてもよいことをわかりやすく伝えられれば,安心して子育てができることでしょう.第2版は,新しい感染症・予防接種の動向にあわせて修正加筆いたしました.ぜひ,初版と同様に子育て中のお母様方をサポートしている多くの職種の方にお読みいただき,お母様方の安心した子育てにつながることを願い序文といたします.


2012年7月吉日

水野 克己

■ 目次

Q&A

お母さんからの質問

総 論

1 母乳育児のメリット

母乳育児が母親にもたらすメリット

母乳育児が児にもたらすメリット

母乳育児が社会にもたらすメリット

2 母乳育児と感染に関する基本的事項

母乳・授乳を通じての感染性の伝播について

母乳や授乳行為による児の感染症予防効果

母親の予防接種による特異的IgA抗体産生と児への感染予防効果の可能性

児の感染経路

3 標準予防策ならびに各感染経路別の予防策

感染予防策の基本

感染対策における感染経路別予防策

予防接種による予防

母乳育ちの児と予防接種

授乳中の母親と児が感染を予防するためにできること

各 論

かぜ症候群:ライノウイルス,RSウイルス,アデノウイルス,エンテロウイルス,コクサッキーウイルスなど

RSウイルス

エンテロウイルス

アデノウイルス

ロタウイルス

ノロウイルス

アストロウイルス

インフルエンザ

ムンプスウイルス

単純ヘルペスウイルス

水痘(みずぼうそう)

帯状疱疹

麻疹(はしか)

風疹

サイトメガロウイルス(CMV)

パルボウイルスB19

肝炎ウイルス

A型肝炎ウイルス(HAV)

B型肝炎ウイルス(HBV)

C型肝炎ウイルス(HCV)

ヒト免疫不全ウイルス(HIV)

成人T細胞白血病ウイルス(HTLV-1)

EBウイルス

ヒトメタニューモウイルス(hMPV)

アルボウイルス

ヒトヘルペスウイルス6(HHV-6)

ヒトヘルペスウイルス7(HHV-7)

日本脳炎ウイルス

結核菌

ブドウ球菌

メチシリン感受性黄色ブドウ球菌(MSSA)

メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)

溶血性レンサ球菌(いわゆる溶連菌)

A群レンサ球菌(GAS)

B群レンサ球菌(GBS)

ヘモフィルス属インフルエンザb型桿菌(Hib)

肺炎球菌

淋菌

クラミジア

百日咳

マイコプラズマ

カンジダ

マラリア

梅毒トレポネーマ

ミュータンス菌(Streptococcus mutans)

ネコひっかき病(Bartonella henselae)

中耳炎

食中毒

カンピロバクター(Campylobacter)

サルモネラ(Salmonella)

病原性大腸菌

黄色ブドウ球菌(Staphylococcus aureus)

ジフテリア(Corynebacterium diphtheriae)

リステリア(Listeria monocytogenesis)


参考資料


母乳育児中のおくすりについて

■ 特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクについて、AndroidOSは今後一部製品から順次対応予定です。製品毎の対応/非対応は上の「便利機能」のアイコンをご確認下さいませ。


※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。


※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher(iOS/iPhoneOS/AndroidOS)が必要です。


※書籍の体裁そのままで表示しますため、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。


この商品を買った人はこんな商品も買っています

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:14.9MB以上(インストール時:32.7MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:57.1MB以上(インストール時:116.9MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません