• M2PLUS
  • Dr.岩倉の心エコー塾 治療に直結する考えかたと見かた

Dr.岩倉の心エコー塾 治療に直結する考えかたと見かた

  • ISBN : 9784758107600
  • ページ数 : 416頁
  • 書籍発行日 : 2019年4月
  • 電子版発売日 : 2019年5月10日
  • 判 : A5判
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥4,950 (税込)
ポイント : 90 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

心エコーをしっかり解釈し,治療に活かしきるための考え方とテクニックをDr.岩倉が伝授!

もっとステップアップしたいあなたへ!胸痛疾患の確実な鑑別のための読みこなし方,心不全の病態把握に欠かせない計測や評価のポイントなどがやさしくわかります.

■関連書籍
そうだったのか!絶対わかる心エコー

■ 序文

はじめに

~この本を手に取られた皆さんへ~

以前に上梓させていただきました『そうだったのか! 絶対わかる心エコー』は,私の中では「心エコーのサバイバルマニュアル」をテーマとしていました.心エコーの密林で迷いそうになったときに,初心者の方でもこれだけ知っていたら生き延びられる,そんな本を目指しました.幸いにも皆様方にあたたかく迎え入れていただくことができ,本当に感謝しております.

本書のお話を羊土社からいただいたときに,心エコーの基本的な計測ができるようになった方々のステップアップのお手伝いとなる本を,と考えました.ただ「ステップアップ」といってもさまざまな道筋があり,どの方向で進めるべきかいろいろと考えてみました.そこで思いついたのが「考える心エコー」ということです.実は,計測されるデータは初心者でもベテランでもあまり違いはありません.ベテランのベテランたる所以はそのデータを組み合わせて病気の実態にどれだけ迫ることができるかということだと思います.本書は「胸痛」と「心不全」というよく出合う病状を,心エコーでどのように診断していくかという思考のプロセスに重点を置いてみました.どうしても筆者の診断プロセスということになってしまいますので,本書は筆者の「脳内マッピング」を公開する本ともいえます.

前書は各項目を「クックブック」のように単独で引いてもらえるように作成しました.本書は診断の流れを考えるという面がありますので,ある程度通読してもらえればありがたいと思います.初学者の方の便も考えて,基礎的な項目をあえて詳解しているところもありますので,ご存知の内容は適当に飛ばしていただくのがよろしいかと思います.

本書の作成には前回に引き続き羊土社編集部の鈴木美奈子様,溝井レナ様には大変お世話になりました.この場を借りましてお礼を申し上げるとともに,入稿が毎回とてもおそくなりご迷惑をおかけいたしましたことをお詫び申し上げます.

読者の皆様からはお気づきの点をどしどしご指摘いただければと思っております.もし本書が皆様方のスキルアップに少しでもお役に立てば望外の幸せであります.


2019年3月

桜橋渡辺病院 心臓・血管センター センター長

岩倉 克臣

■ 目次

はじめに 〜本書を手に取られた皆さんへ

第1章 心エコー図検査,その前に

秘伝1:心エコー図検査を進めるときに 〜小さな工夫,大きな成果

第2章 胸痛疾患をみるコツ

秘伝1:胸痛疾患の心エコー 〜診断は,プローブを当てる前から始まっている

秘伝2:胸痛の救急エコー 〜必要最小限を迅速に

秘伝3:急性冠症候群の心エコー 〜診断の基本は胸痛の有無と局所壁運動で

秘伝4:基本断面での冠動脈の走行 〜局所壁運動を理解するための解剖学

秘伝5:急性心筋梗塞 〜壁運動異常が冠動脈の解剖に一致して出現する

秘伝6:急性心筋梗塞のショック,心不全 〜広範囲梗塞が最も多く,稀に機械的合併症もある

秘伝7:大動脈解離 〜診断は症状などから可能性を思いつくことで始まる

秘伝8:肺血栓塞栓症 〜突然発症の呼吸困難・胸痛と心エコーの右室負荷所見が特徴

秘伝9:たこつぼ心筋症の心膜炎・気胸 〜「典型的な」たこつぼ心筋症だけがたこつぼ心筋症ではない

第3章 心不全をみるコツ

秘伝1:心不全とはどんな病気なのか 〜まずは病態をしっかり理解しよう

秘伝2:心不全の重症度を評価する 〜NYHA分類,Killip分類,Forrester分類,Nohria-Stevenson分類

秘伝3:左室収縮能を評価する各指標を理解しよう 〜なぜ左室駆出率だけではいけないのか

秘伝4:左室収縮能の新しい評価法 〜GLSを日常臨床で使ってみよう

秘伝5:左室拡張能の評価はなぜ難しいのか 〜各指標の意味と使い方を理解しよう

秘伝6:左室拡張能の各指標の計測のしかた 〜もう一度拡張能指標をふりかえってみよう

秘伝7:心房細動での心機能をどう評価するか 〜やっかいだけど避けてはいられない

秘伝8:右心系をどのように評価するか 〜目立たないけど大事な右心系

秘伝9:心エコーから心不全をどう読むか 〜急性心不全ではここを見ろ!

秘伝10:心エコーのためのFrank-Starlingの法則 〜古典的? でも心不全診療には必須!

秘伝11:心不全を解釈するための左室圧-容量曲線 (P-Vループ) 〜基本をおさえれば心不全はもっと理解できる

秘伝12:心エコーでの心不全診断の手順 〜急性心不全の病態が2分でわかる!

秘伝13:左室圧-容積関係(P-Vループ)から心不全を読み解く 〜心エコーでP-Vループをより深く理解しよう

秘伝14:心不全における弁膜・心膜・右室の影響 〜これだけは絶対におさえておこう

秘伝15:心エコーによる心不全診断の実際 〜実例でみる心不全の心エコー

付録

1 心エコーの基準値

2 人工弁の有効弁口面積(EOA)

■ 特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクについて、AndroidOSは今後一部製品から順次対応予定です。製品毎の対応/非対応は上の「便利機能」のアイコンをご確認下さいませ。


※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。


※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher(iOS/iPhoneOS/AndroidOS)が必要です。


※書籍の体裁そのままで表示しますため、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。


この商品を買った人はこんな商品も買っています

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:43.5MB以上(インストール時:96.1MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:73.7MB以上(インストール時:155.1MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません