• M2PLUS
  • 心臓麻酔ポケットマニュアル

心臓麻酔ポケットマニュアル

野村 実 黒川 智 清野 雄介 (編)

羊土社

  • ISBN : 9784758111041
  • ページ数 : 366頁
  • 書籍発行日 : 2012年3月
  • 電子版発売日 : 2015年3月6日
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥5,720 (税込)
ポイント : 104 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

初めてでも困らないためのサブスペシャリティ入門書

心臓麻酔のスペシャリストが、心臓手術の麻酔・管理のポイントを解説した実践書。経食道心エコーのチェック点、体外循環の注意点、術中トラブルの回避など、すぐに役立つ周術期管理のコツが学べます。

■ 序文

麻酔の専門性が高まり,「心臓麻酔」「産科麻酔」「小児麻酔」などの subspeciality の知識の必要性が麻酔専門医にも必須になってきた.日本麻酔学会認定施設の調査では,麻酔専門医に必要な心臓麻酔経験症例数について,50 ~100 例が 38%,25 ~ 50 例が 37%,100 例以上が 19%,10~ 25 例が 5%などの回答があり,麻酔専門医の新規受験者に subspeciality の症例数のある程度の経験を付記することが検討されている.将来心臓血管手術に直接関わることがなくとも,心疾患のある非心臓手術麻酔を担当することも多く,麻酔専門医を目指す先生方にはある一定水準の循環管理の技術や知識の学習が必要である.

心臓麻酔領域で行われている循環モニタリングや薬剤の知識ならびに技術を心臓血管麻酔の経験から得ることは貴重である.麻酔専門医を目指す麻酔科医が短期間で効率的な経験を得るためには,教育する側にも工夫が必要であるが,心臓手術が多施設に分散している現状では,その知識習得は簡単ではないと考えられる.TEE の試験であるJB-POT から心臓血管麻酔専門医が設立され,心臓麻酔領域における知識量は膨大となっているが,本書はまず心臓麻酔の知識の基礎となるべき内容を凝縮し,心臓麻酔のスタート地点につくための minimum requirement を網羅している.心臓麻酔の入門書でありつつ,周術期管理にに参照できる実践書であるので,ぜひ白衣のポケットに携帯してお役立ていただきたい.一方で,この一冊で心臓麻酔のすべてをみたすことは難しいため,さらなる知識は成書で補充していただきたい.


2012年 2月

編者を代表して
野村 実

■ 目次

第1章 心臓麻酔の基本的知識と管理

●1 心臓手術に必要な解剖と生理

1.心臓の外形と内腔

2.心臓の弁

3.冠動脈と循環

4.刺激伝導系

5.心収縮能

6.圧‒ 容積曲線

●2 麻酔薬と心臓麻酔

1.吸入麻酔薬

2.静脈麻酔薬

3.オピオイド

●3 心血管作動薬

1.カテコラミン製剤

2.昇圧薬

3.PDE Ⅲ阻害薬

4.血管拡張薬

5.抗不整脈薬

6.抗狭心症薬

7.抗凝固薬関連

●4 術前評価

1.心エコー

2.心臓カテーテル検査

3.CT,MRI,核医学検査

4.術前経口薬

5.術前診察

●5 モニタリング

1.心電図,動脈圧

2.中心静脈圧,肺動脈カテーテル

3.経食道心エコー(TEE)

4.脳酸素化のモニタリング(NIRS,SjvO2)

5.血液凝固

●6 輸液と輸血の管理

●7 人工心肺

1.人工心肺システム

2.人工心肺と生体の接続(カニュレーション)

3.体外循環の循環生理

4.IABP

5.PCPS

6.心筋保護法

7.大血管手術の体外循環

●8 体外循環中の麻酔管理

●9 術後呼吸管理

●10 分離肺換気

第2章 疾患に応じた心臓麻酔の実際

●1 弁疾患

1.弁疾患手術の麻酔

2.大動脈弁狭窄症ー大動脈弁置換術

3.大動脈弁閉鎖不全症ー大動脈弁置換術

4.僧帽弁狭窄症ー僧帽弁置換術

5.僧帽弁閉鎖不全症ー僧帽弁置換術と形成術

6.三尖弁閉鎖不全症ー三尖弁輪形成術

●2 虚血性心疾患

1.冠動脈バイパス術(CABG)

2.拍動下冠動脈バイパス術(OPCAB)

●3 大動脈置換術

1.大動脈人工血管置換術の麻酔

2.上行大動脈置換術

3.大動脈基部置換術

4.弓部大動脈置換術

5.下行大動脈置換術

6.胸腹部大動脈置換術

7.腹部大動脈置換術

●4 その他の心疾患

1.心膜切開開窓術

2.心臓腫瘍摘出術

3.収縮性心膜炎

4.静脈血栓塞栓症肺血栓塞栓症

5.心室頻拍手術

6.副伝導路切離術

7.Maze 手術

●5 先天性心疾患

1.体肺シャント作成術

2.肺動脈絞扼術

3.心房中隔欠損症(ASD)閉鎖術

4.心室中隔欠損症(VSD)閉鎖術

5.ファロー四徴症(TOF)根治術

6.フォンタン(Fontan)手術

●6 人工心臓,その他

1.左室補助人工心臓植込み術

2.心臓移植術

●7 非心臓手術

1.心疾患合併患者の麻酔管理の実際

2.PCI(特にDES 留置)既往患者

3.ペースメーカー,ICD,CRT-D 植込み術既往患者

4.先天性心疾患患者における非心臓手術


索引

奥付

■ 特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクについて、AndroidOSは今後一部製品から順次対応予定です。製品毎の対応/非対応は上の「便利機能」のアイコンをご確認下さいませ。


※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。


※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher(iOS/iPhoneOS/AndroidOS)が必要です。


※書籍の体裁そのままで表示しますため、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。


この商品を買った人はこんな商品も買っています

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:48.5MB以上(インストール時:105.4MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:45.6MB以上(インストール時:113.9MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません