• M2PLUS
  • カラー写真で一目でわかる 肺外科手術の麻酔

カラー写真で一目でわかる 肺外科手術の麻酔

  • ISBN : 9784758111089
  • ページ数 : 247頁
  • 書籍発行日 : 2013年6月
  • 電子版発売日 : 2015年4月3日
  • 判 : A4判
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥8,250 (税込)
ポイント : 150 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

今までなかった、一側肺換気の実践テキスト!

ダブルルーメンチューブ、気管支ブロッカーによる一側肺換気の基本とコツを、豊富なカラー写真&イラストでビジュアル解説!ほかでは学べない、実際の手術で役立つコツやアドバイスが満載です。全麻酔科医必携の一冊!

同シリーズ「硬膜外麻酔・脊椎麻酔」もチェック
同シリーズ「経食道心エコー 改訂新版」もチェック

■ 序文

本邦でどれほどの一側肺換気を必要とする手術が行われているかわからないが,相当数の手術症例があるのは確実である.日本胸部外科学会の論文では,2005 ~ 2009 年の5年間に約13 万件の肺癌手術の成績を発表している( Sakata, R., et al. : Hospital volume and outcomes of cardiothoracic surgery in Japan: 2005-2009 national survey. Gen Thorac Cardiovasc Surg, 60(10):625-638,2012).この論文に集積されていない肺癌に対する症例もあると思われるし,その他,気胸や食道癌,大動脈瘤,感染症に対する手術など,一側肺換気を必要とする症例は年間4~5万件にのぼると推測される.ちなみに一側肺換気に使用される気管チューブの年間売り上げは約45,000 本程度(ダブルルーメンチューブが約35,000 本,気管支ブロッカーが約10,000 本)とも聞く.

日本人の死因別死亡率の1位は悪性新生物であり,そのなかでも気管,気管支および肺の悪性新生物は男女とも1位である〔厚生労働省「平成23 年(2011) 人口動態統計」〕.これからの高齢者人口の増加によりこれらはますます増加するであろうし,肺外科手術症例も増加するものと思われる.

肺外科手術は通常側臥位で開胸して(胸腔鏡下の手術も含めて)行われる.側臥位や開胸により換気や血流の分布が変化し低酸素血症が起こりやすい.この低酸素血症に対してただ単に吸入気酸素分圧を上げることのみでは対処できない症例も存在する.側臥位や開胸時の生理の理解が必要である.また,肺外科手術の麻酔には特殊なダブルルーメンチューブや気管支ブロッカーを使用するので,これらのチューブの使用方法をよく理解する必要がある.そのためには気管支と肺の解剖の十分な知識は欠かせない.

肺外科手術の麻酔手技は麻酔科医にとっては,必ず身につけなければならないものである.にもかかわらず,肺外科手術の麻酔に関する教科書は少なく,英書でも主なものは2冊〔「Anesthesia for Thoracic Surgery, 2nd edition」(Benumof, J.L. ), W.B. Saunders Company 1995,「Principles and Practice of Anesthesia for Thoracic Surgery」(Slinger, P. D., ed. ), Springer,2011〕だけであり,本邦には肺外科手術の麻酔の専門書は初心者用のみならず上級者用も存在しない.「ミラー麻酔科学」(メディカル・サイエンス・インターナショナル,2007)でも肺外科手術の麻酔に関して69 頁を費やしているのみであり,ダブルルーメンチューブの細かい使用方法など肺外科手術の麻酔のすべてを網羅しているとは言い難い.そこで本書ではイラストや写真を多用し,側臥位や一側肺換気の生理,肺外科手術の麻酔の特殊性,使用される器具とその使用方法,術後管理,肺外科の手術方法までをわかりやすく解説した.また実際に役立つコツやアドバイス,知っておくと役立つマメ知識も適宜挿入した.本書が一般の麻酔を経験して肺外科手術の麻酔をはじめたばかりの初心者から経験のある医師にも知識の整理に役立つものと確信している.

最後に写真撮影とその掲載を了解いただいた患者の皆様,および編集に多大の労をいただいた羊土社の小野寺真紀氏と嶋田達哉氏に感謝申し上げる.

2013年4月

産業医科大学医学部麻酔科学

産業医科大学若松病院

佐多竹良

■ 目次

序章 肺外科手術の麻酔とは

1 その特殊性・一側肺換気について

第1章 肺外科手術の麻酔のための基礎知識

1 呼吸器の解剖

2 呼吸生理学

3 一側肺換気の生理学

第2章 肺外科手術患者の術前評価

1 胸部腫瘍と外科的適応

2 機能的適応

3 その他の麻酔科的評価

4 術前合併症と術前管理

第3章 必要器具とその準備

1 ダブルルーメンチューブ(DLT)・総論

2 ダブルルーメンチューブ(DLT)・各論

3 気管支ブロッカー(BB)・総論

4 気管支ブロッカー(BB)・各論

5 気管支ファイバースコープとその他の器具

第4章 肺外科手術の麻酔管理の実践

1 肺外科手術の麻酔の流れ

2 術中モニタリング:モニター装着と静脈ラインの確保

3 硬膜外麻酔・硬膜外チュービング

4 麻酔導入・麻酔維持(麻酔法,麻酔薬)

5 ダブルルーメンチューブの挿入と位置の確認

6 ユニベント気管内チューブ,気管支ブロッカーの挿入と位置の確認

7 両側肺換気による人工呼吸開始と動脈ラインの挿入

8 側臥位への体位変換

9 一側肺換気の開始

10 一側肺換気中の人工呼吸管理:保護的一側肺換気

11 一側肺換気中の低酸素血症への対策

12 輸液・輸血管理

13 術中のその他の処置

14 麻酔からの覚醒と抜管

15 麻酔中の合併症と対策

第5章 肺外科手術患者の術後管理

1 術後の合併症

2 ドレーン管理

3 術後の呼吸管理

4 術後疼痛管理

第6章 肺外科の主な手術方法

1 総論

2 肺葉切除術

3 一側肺全摘術

4 胸腔鏡下ブラ切除術

5 気管支形成術

6 気管切除・気管分岐部形成術

■ 特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクについて、AndroidOSは今後一部製品から順次対応予定です。製品毎の対応/非対応は上の「便利機能」のアイコンをご確認下さいませ。


※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。


※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher(iOS/iPhoneOS/AndroidOS)が必要です。


※書籍の体裁そのままで表示しますため、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。


対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:55.6MB以上(インストール時:120.9MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:52.6MB以上(インストール時:131.4MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません