• M2PLUS
  • 見逃しなく読める!胸部X線画像診断Q&A

見逃しなく読める!胸部X線画像診断Q&A

  • ISBN : 9784758111713
  • ページ数 : 222頁
  • 書籍発行日 : 2010年6月
  • 電子版発売日 : 2013年1月19日
  • 判 : A5判
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥4,180 (税込)
ポイント : 76 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

身につけたい、読影力がここにある!!

レジデントノートの好評連載が単行本化!
X線画像が「人のハい」の4文字で迅速かつ確実に読める、著者考案の読影法を伝授。さらに、厳選症例をQ&A形式にて読影する症例演習が、現場で役立つ読影力を鍛えます。

・もっとスムーズに読影したい!
・読影にイマイチ自信がもてない・・・
・手軽にたくさんの症例を読みたい!

こんな方におススメです!

■ 序文

東京都渋谷区の肺がん検診で胸部X線写真の読影にたずさわって今年で20年になる.中野区の読影会も10年になった.読影会でいつも思うのは,胸部X線写真の奥深さ,読影指導の難しさ,である.最近は若手医師と一緒に読影する機会が増えたが,時間をかけてひととおり読影方法を解説したあとでも,「見えてほしい陰影」はなかなか見えるようになってくれない.また,たとえば「左の主気管支を指して」と言ってもなかなか正確には指してもらえない.「こんなに見えていないのか」と驚くことはしばしばである.しかし考えてみれば,系統的・理論的に読影方法を教えていなければ,またその繰り返し学習を行っていなければ,読めないのも無理はない.問題は,この奥深い胸部写真読影法を「いかに教えるか」にあるのだと気がついてきた.

ではどうやって教えればよいか.一定の順序で,理論的に,胸部X線写真の重要なポイントをひととおり追える読み方である.長らく考えているうちにようやく「人のハい(人の肺)読影法」なるものを考えついた.まずは「人」の字になっている太い気管支の流れと肺門部をみる.「の」の字で縦隔陰影を追う.「ハ」の字で肺尖部の左右差をみる.「い」の字で肺野を左右比べながら読影する.ついでに側面像も「の」の字でみる.語呂もよく,教えやすく学びやすいはずだ.目を動かす順序を決めれば正常構造物を把握しやすくなり,異常構造物も見逃しにくくなる.

本書前半の基本編では主に「人のハい」読影法について述べた.後半の実践編では,さまざまな呼吸器症状を呈するさまざまな疾患の症例をとりあげた.疾患に関して必要と思われる知識は解説以外にMemoとしても記した.また,各症例の初診時の胸部X線写真が著者の目にはどのように見えているのか,できるだけ忠実に示すために手書きの図でこれを示した.じっくりと症例を味わって,呼吸器病学の面白さ・奥深さを知っていただきたいと思う.

なお,実践編でとりあげた症例は,「レジデントノート」内の「実践!画像診断Q&A-このサインを見落とすな」にて掲載したものである.今後もさまざまな症例を取り上げていきたいと考えており,成書として続刊もまとめる予定である.

最後に,筆の遅い私に根気よくつきあってくださった羊土社編集部の皆様に感謝申し上げたい.本書が胸部X線写真の読影を学ぶすべての方々に,少しでも役に立つことができれば幸いである.


2010年 5月

山口 哲生

■ 目次

基礎編 「人の肺(ハい)」読影法~見逃しのない胸部X線像の読み方

●『人の肺(ハい)』読影法とは

1 胸部X線像読影術

2 「人の肺(ハい)」読影法

『人』の字で読影

『人』の字で読むケーススタディ

1 胸部異常陰影を指摘された1例

2 喀血を主訴とした1例

3 職場健診で異常陰影を発見された59歳男性

『の』の字で読影

『の』の字で読むケーススタディ

1 嗄声を主訴とする70歳男性

2 夜間の長引く咳嗽を主訴とした52歳女性

3 咳嗽,微熱を主訴とする50歳女性

4 肺野に多発性の結節陰影を呈する35歳女性

5 検診で異常陰影を指摘された19歳男性

6 胸部異常陰影を指摘された32歳男性

7 咳嗽と発熱を主訴とした41歳女性

『ハ』の字で読影

『ハ』の字で読むケーススタディ

1 健診にて異常陰影を指摘された45歳男性

『い』の字で読影

『い』の字で読むケーススタディ

1 胸部X線像で異常陰影を指摘された62歳女性

2 検診で異常陰影を指摘された22歳女性

側面像も『の』の字で読影

側面像も『の』の字で読むケーススタディ

1 住民検診で胸部異常陰影を指摘された73歳男性

2 胸部X線側面像で異常陰影を指摘された55歳女性

●シルエットサインと無気肺

1 シルエットサインとは?

2 サービコトラチックサインとは?

3 無気肺

4 症例提示

実践編 読影力を身につける画像診断Q&A

1.発熱を主訴とする症例

Case 1 喫煙後に発熱,咳嗽が出現した18歳女性

Case 2 発熱,咳嗽,急激な呼吸困難で来院した72歳男性

Case 3 発熱と息切れを訴える41歳男性

Case 4 発熱,呼吸困難を主訴とした39歳女性

Case 5 発熱,呼吸困難,全身倦怠感を主訴とした49歳男性

Case 6 全身倦怠感と発熱のみを訴える54歳男性

Case 7 発熱を主訴とする19歳女性

2.咳嗽,痰を主訴とする症例

Case 1 咳嗽と発熱を主訴とした41歳男性

Case 2 3カ月続く咳嗽と血痰を主訴とした30歳女性

Case 3 呼吸困難を伴った咳嗽,喀痰を主訴とした37歳男性

Case 4 2カ月に及ぶ咳嗽と嗄声を主訴とした61歳男性

Case 5 咳嗽と息切れを主訴とする56歳女性

Case 6 咳嗽,息切れ,肺の多発性空洞陰影を呈する77歳女性

Case 7 軽度の咳嗽と息切れを訴える64歳女性

Case 8 空洞を伴う塊状陰影を呈する53歳男性

Case 9 喀血を主訴とした20歳女性

3.息切れ,呼吸困難を主訴とする症例

Case 1 腰背部痛,息切れを主訴とする72歳女性

Case 2 息切れを主訴とした19歳女性

Case 3 息切れを訴える65歳男性

Case 4 呼吸困難を訴える34歳女性

● 主訴別にみる実践編掲載症例の一覧

● 略語一覧

● 索引

■ 特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクについて、AndroidOSは今後一部製品から順次対応予定です。製品毎の対応/非対応は上の「便利機能」のアイコンをご確認下さいませ。


※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。


※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher(iOS/iPhoneOS/AndroidOS)が必要です。


※書籍の体裁そのままで表示しますため、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。


この商品を買った人はこんな商品も買っています

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:38.2MB以上(インストール時:83.0MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:61.1MB以上(インストール時:152.9MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません