• M2PLUS
  • 消化器BooK 胃癌を診る・治療する

消化器BooK 胃癌を診る・治療する

  • ISBN : 9784758112345
  • ページ数 : 178頁
  • 電子版発売日 : 2011年5月31日
  • 判 : B5判
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥4,620 (税込)
ポイント : 84 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

早期発見から緩和ケアまで、現場ですぐに役立つ胃癌診療の知識とノウハウが身につく「消化器BooK 胃癌を診る・治療する」が電子書籍になりました。

■ 目次

第1章 検査・診断

1)胃癌を診る! スクリーニングと胃癌発見後の検査計画

2)胃X線検査のコツ

3)胃内視鏡検査のコツ

(1)早期胃癌を発見するための観察と鑑別診断の進め方

(2)術前精査の進め方

(3)内視鏡医に必要な病理診断の知識

(4)新しい内視鏡診断機器

4)ステージング診断

(1)術前ステージ診断の進め方とそのポイント

(2)超音波検査およびCT読影のポイント

第2章 治療

1)内視鏡治療

(1)早期胃癌内視鏡切除の適応

(2)ESDの標準手技

(3)ESDの合併症とその対応

(4)内視鏡切除の適応拡大を目指した多施設共同前向き試験

2)外科治療

(1)消化器内科医が知っておくべき胃癌外科手術の知識

3)薬物療法

(1)胃癌薬物療法の標準的な進め方

(2)切除不能進行・再発胃癌に対する薬物療法をどう考えるか

(3)術前・術後補助化学療法の実際

(4)外来化学療法の実際(システムとマネジメントのポイント)

(5)胃癌に対して開発中の新規抗がん剤

4)緩和ケア・患者コミュニケーション

(1)Bad Newsの伝え方・予後の話し合い方

(2)緩和ケアの実際

臨床力を鍛えるCase Study

症例:胃全摘術後化学療法中の再発症例

症例提示

strategy1

strategy2

strategy3 実際の治療

連載 目指せ!病理に強い臨床医!

第1回 "ゼロ"から始めよう! -病理学的理解に役立つ消化器組織学-

■ 特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクについて、AndroidOSは今後一部製品から順次対応予定です。製品毎の対応/非対応は上の「便利機能」のアイコンをご確認下さいませ。


※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。


※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher(iOS/iPhoneOS/AndroidOS)が必要です。


※書籍の体裁そのままで表示しますため、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。


この商品を買った人はこんな商品も買っています

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:39.1MB以上(インストール時:85.0MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:69.6MB以上(インストール時:174.1MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません