• M2PLUS
  • Gノート別冊 医師のための介護・福祉のイロハ

Gノート別冊 医師のための介護・福祉のイロハ

大橋 博樹 (編者)

羊土社

  • ISBN : 9784758117906
  • ページ数 : 263頁
  • 書籍発行日 : 2016年4月
  • 電子版発売日 : 2017年5月26日
  • 判 : A5判
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥3,960 (税込)
ポイント : 72 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

「Gノート」誌の大人気連載に新規項目を多数加えて単行本化!

ありそうでなかった、医師のための介護・福祉の解説書。今更聞けない&意外と知らない超基本~具体的なコツがわかります。介護と福祉の仕組みについて,現場で今日から使える知識と具体的な提案が満載です!

Gノートシリーズ一覧はこちら

■ 序文

ある肝細胞癌の終末期の患者さんを在宅診療で受け持ったときのことです.訪問看護師からこんな連絡がありました.「○○さん,徐々に状態が悪化してきていて,ベッドからの起き上がりも難しくなってきました.すぐにクヘン(区変)をかけて,ホーカン(訪看)も医療で入った方がよいでしょうか?」当時の私には何を言っているかさっぱりわかりませんでした.しかし,まだ若手で背伸びしたい気持ちが大きかった私は,知ったかぶりをして「はい,お願いします」と言ってしまったのを覚えています.

多職種連携の重要性があらゆる場面で強調されています.しかし,多職種であるがために,医療者である私たちが知らない業界用語,仕組み,お作法が存在します.福祉・介護の関係者は,医療者が当然それを理解したうえで,連携をしていると考えてしまいがちですが,実は必ずしもそうではありません.そのような隙間を埋めるべく初心者向けの介護・福祉の基本を学んでいただくのが,本書のねらいです.介護認定の仕組みから,介護費用の概要,またさまざまなサービスの内容など,そんなことは今さら恥ずかしくて聞けないというレベルから詳しく解説してあります.また,多職種連携の重要性を理解するためには,それぞれの職種の業務内容や,具体的な多職種連携の方法についても知らなければいけません.それらについても,現場ですぐに活かせる具体的な解説を心がけました.限られた誌面ですので,網羅することはできませんし,また初心者ではない方には少々簡単すぎるというご批判もあるかもしれません.ぜひ,本書で基礎を学んだ後は,現場に出て学び,他の書物で理解を深めてください.本書が,現場で毎日真面目に患者さんや家族に向き合っている方々の地域へ踏み出す一歩の助けになれば幸いです.最後に,本書発行にあたり,本当に温かい眼で私たちにお付き合いいただいた株式会社羊土社の庄子美紀さま,松島夏苗さまに心から御礼申し上げます.


2016年 3月

多摩ファミリークリニック
大橋 博樹

■ 目次

基礎編

1 介護認定審査の裏側

2 訪問看護ってどんなことをしているの?

3 訪問看護師さんの1日をのぞいてみよう!

4 施設入所っていうけれど,あなたの患者さんに最適な介護施設とは?

5 通所サービスのあれこれ

6 ケアマネさんのお仕事・地域包括支援センターって?

7 訪問歯科でできること

8 ヘルパーさんにどこまで頼めるの?

9 在宅リハって何をしているの?

10 福祉用具&住宅改修のあれこれ

11 在宅診療にかかわる保険点数の超基本

12 在宅診療にかかわる公費負担医療制度とは?

実践編

1 やっていますか? 退院時カンファレンス

2 サービス担当者会議,略して「サ担会」! 参加していますか?

3 多職種連携(IPW)とは

4 こうすれば多職種で患者が見えてくる!

5 薬剤師さんともっと連携しよう

6 多職種連携で必要なコミュニケーションスキル

7 こんなに使える! ICTツール[前編]

8 こんなに使える! ICTツール[後編]

9 さまざまなトラブルを多職種で解決!

資料編

1 主治医意見書作成のためのチェックリスト

2 在宅医療導入時チェックシート

3 ポリファーマシー防止のためのチェックリスト

4 使える文献&ツール集


索引

■ 特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクについて、AndroidOSは今後一部製品から順次対応予定です。製品毎の対応/非対応は上の「便利機能」のアイコンをご確認下さいませ。


※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。


※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher(iOS/iPhoneOS/AndroidOS)が必要です。


※書籍の体裁そのままで表示しますため、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。


この商品を買った人はこんな商品も買っています

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:69.0MB以上(インストール時:150.1MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:36.8MB以上(インストール時:92.0MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません