• M2PLUS
  • 結核・非結核性抗酸菌症を日常診療で診る

結核・非結核性抗酸菌症を日常診療で診る

佐々木 結花 (編) / 特定非営利活動法人 非結核性抗酸菌症研究コンソーシアム (編集協力)

羊土社

  • ISBN : 9784758118026
  • ページ数 : 207頁
  • 書籍発行日 : 2017年3月
  • 電子版発売日 : 2018年3月23日
  • 判 : B5判
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥4,950 (税込)
ポイント : 90 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

結核・NTM症について知っておきたいことを1冊にまとめた入門書!

診療の合間に開いて調べられる簡易的なテキストを作ることを目的として編集されており、プライマリ・ケアに関わるすべての医師に役立つ実践的な解説で抗酸菌医療の入門書ととしてご活用いただけます。

■ 序文

抗酸菌症は,環境や経済,社会の有り様を受けてめまぐるしく変化をしています.

現在 ,世界から結核中蔓延国という評価を受けている本邦は,地道な努力の結果 ,2020年東京オリンピック時に,人口十万人当たり新規登録患者数(罹患率)10を下回りそうですが,先進諸国がすでに悩んでいる「国際化による新たな結核」の問題がクローズアップされつつあります.2015年の本邦の20歳代の結核患者は,外国生まれの方が過半数となりました.また高齢者結核の問題は,国が推進する地域包括ケア構想のなかで十二分に対応できるのか,疑問があります.

非結核性抗酸菌症は,患者数が非常に増加しており,基礎医学,臨床医学両面でまだまだ多くの問題が未解決です.患者さんは早期診断,早期治療に大きな期待をおもちですが,それに十分こたえられる「武器」を,医療側はまだ手に入れてはいません.悩み多き疾患です.病病連携,病診連携を考えていく必要があります.本書を編集した目的は,診察室の傍らに何気なくあり,診療の合間に開いて調べていただける簡易なテキストをつくることです.毎日患者さんを診療している臨床の医師の方々に,できるだけご自身の言葉で書いていただくという無理をお願いしました.筆者の方々に,この場をお借りして深謝いたします.

最後に,本書の発刊にあたり特定非営利活動法人 非結核性抗酸菌症研究コンソーシアム(NTM-JRC,理事長 倉島篤行)の全面的な後援を受けています.NTM-JRCは,非結核性抗酸菌症を研究し患者さんに応えていこうという目的をもった団体で,2015年に設立されました.今後も活動を強化しさまざまな啓発も行っていきたいと考えております.

これからも抗酸菌は人間の生活にかかわり,その変貌に合わせて変化を続けていくことでしょう.本書が,抗酸菌医療の入門書として診療の一助になることを,願ってやみません.


2017年2月

佐々木結花

■ 目次

ColorAtlas

結核編

第1章 結核とはどのような病気でしょうか

1.結核とは

2.世界の現状,日本の現状:患者の数は多いのでしょうか

3.結核の感染と発病

4.肺の外にも病巣はできる(肺外結核)

第2章 結核の検査から診断へ

1.結核の診断法:細菌検査

2.結核の画像診断の特徴

3.結核の感染(潜在性結核感染症)を診断するには

4.肺以外の臓器の結核の診断方法

第3章 結核をどう治療していくのでしょうか

1.結核標準治療とは

2.副作用への対策

3.薬剤耐性結核とその対応

4.結核の感染(潜在性結核感染症)への対応

5.専門医に紹介するタイミング

6.結核が治ったら(気をつけること)

第4章 結核にまつわる法律と院内感染対策について

1.「感染症法」とは

2.結核と診断された後に必要な知識:入院の必要性の判断・届け出・就業制限

3.感染を受けたかもしれない人々への対応:接触者健診

4.院内感染対策

第5章 結核の症例

1.典型例(肺結核):慢性骨髄性白血病の治療中に発症した高齢者肺結核の一例

2.非典型例(粟粒結核):HIV 感染症に対する治療開始後,粟粒結核が顕在化した一例

 [Column]これからの非結核性抗酸菌症の病診連携--理想と現実,非結核性抗酸菌症外来でのつぶやき--

NTM症編

第1章 NTM症とはどのような病気でしょうか

1.NTM症とは

2.NTM症の患者は増えているのでしょうか

3.NTMはどこにいて,どうやって感染するのでしょうか

第2章 NTM症の診断の方法は

1.NTM症を診断するための検査法とは

2.肺NTM症の画像診断の特徴

3.診断基準について

第3章 NTM症をどう治療していくのでしょうか

1.肺MAC症ではどのように治療しますか

2.肺M.kansasii症ではどのように治療しますか

3.その他臨床で遭遇する菌による感染症の治療は

4.NTM症を治療するときのポイント

5.専門医への紹介のタイミング

第4章 抗酸菌症の外科手術

1.結核の場合,どのようなときに手術を選択しますか

2.肺NTM症の場合,どのようなときに手術を選択しますか

第5章 NTM症の症例

1.肺MAC症:結節・気管支拡張型(NB型)肺MAC症,進行する線維空洞型(FC型)MAC症

2.その他菌種:Mycobacterium kansasii症,Mycobacterium abscessus症

■ 特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクについて、AndroidOSは今後一部製品から順次対応予定です。製品毎の対応/非対応は上の「便利機能」のアイコンをご確認下さいませ。


※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。


※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher(iOS/iPhoneOS/AndroidOS)が必要です。


※書籍の体裁そのままで表示しますため、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。


この商品を買った人はこんな商品も買っています

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:134.3MB以上(インストール時:292.0MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:68.8MB以上(インストール時:172.0MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません