• M2PLUS
  • ぜんぶ絵で見る医療統計〜身につく! 研究手法と分析力

ぜんぶ絵で見る医療統計〜身につく! 研究手法と分析力

  • ISBN : 9784758118071
  • ページ数 : 178頁
  • 書籍発行日 : 2017年3月
  • 電子版発売日 : 2018年3月23日
  • 判 : A5判
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥2,860 (税込)
ポイント : 156 pt (6%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

“医療統計的思考がみるみるわかる!分析手法が“じわじわ”わかる!

医療統計分野で用いられる因果推論を、架空の疾患や健康食品などの事例と104の用語解説で楽しく学べる!数が多く混乱しがちな解析手法も、カワイイ動物型やヒト型ロボットなどのイラストで無理なく読み進められる、笑腺決壊絵物語です。初めて医療統計学や疫学を勉強する方にオススメ!

■ 序文

はじめに

この一風変わったイラストだらけの本を手に取られたあなた!! 医療統計学や統計学もしくは疫学に興味がおありなのですね? 他の本は読みましたか? 難しそうですよね? でもこの本はかわいいイラストがたくさんあって難しくなさそうですよね.その通り!! 他の難しそうな本を読む前に是非ともこのイラストだらけの本を読んで(眺めてかな?)みてください.他の難しそうな本がちょっとだけ易しく読めるようになるかも.

この本は,初めて医療統計学や統計学もしくは疫学を勉強する人を読者に想定して作成しました.これまでに私が関わったこの手の本では,挿絵を除く文章や図表などのすべてを,統計学を専門とする私が,もしくは,私を含めた複数の統計学の専門家が担当していました.しかしながら,この本では,文章は私が,全体の構成や大まかなイラストの構図はビーコム社の島田さんと私が,イラストはタラジロウさんが担当しています.私だけが統計学の専門家でほか2 人は,統計学のど素人なのです.ですから,何をするにでも,まずは私が読者に伝えたいことを2 人に理解してもらわないといけないわけです.いやもう何が大変って,これが面倒な作業でして....私が「これで正しく理解できるだろう」と思って説明しても,島田さんには異なる形でその内容が理解され,それがタラジロウさんに伝わり,できあがったイラストが私の思うものとは違ったものになっているってことは多々ありました.その都度「いや,そうじゃなくてぇ〜」「えっ.あの説明だとこうなっちゃいますよぉ〜」,「じゃぁ〜この説明でどうだぁ〜」「あぁ〜,なるほどぉ」...... .こうしたやりとりを通してたどり着いた文章やイラストによってできているのがこの本なのです.ですから,わかりやすくて当然!! あえて詳細な記述をしなかったところもありますが,わかりにくいよりいいでしょう? ってことで許してください.さらに,なるべく文字を少なくしました.執筆を始めたころは図鑑のつもりでしたから....もちろん数式も極力最小限にとどめました.楽しんで,医療統計学に触れてもらえれば幸いです.

さて,このイラストだらけの本は3 つのパートに分かれています.まずは,統計学の基本を学ぶ基本編.ここで集団を対象にするときの考え方,データや統計手法の種類などの基本事項を学びます.続いて,因果推論編.医療分野において多くの人が抱く興味の問題は「因果関係の問題」といって間違いないでしょう.「治療で症状が改善する?」とか「ある生活習慣で病気になりやすくなる?」とか....ここでは因果関係を裏付けるための研究方法などを学びます.最後に,実践・発展編.ここで,データの収集や統計解析の進め方,統計手法などを具体的に学びます.また,率を取り扱う少し難しい統計解析方法や理論を紹介します.

さぁ〜準備はできましたか? ではでは,楽しんでこのイラストだらけの本を眺めてください!!

最後になりますが,この本の作成に関わられたすべての皆様にこの場をお借りしてお礼申し上げます.私にこの本の出版の機会を与えてくれました羊土社様,ありがとうございます.私の原稿が遅れたせいで追い込み作業を余儀なくされたビーコム社の皆様,ありがとうございます.かわいすぎるイラストを作成してくれたタラジロウさん,常に寄り添ってくれたビーコム社の島田さん,2 人のお力添えなくしてこの本は存在し得ませんでした.本当にありがとうございました.


2017年2月

比江島 欣慎

■ 目次

プロローグ―本書の物語設定

本書の使い方

基本編

第1章 ターゲット集団の様子が知りたい!

集団の調査方法

参照集団を推測する

研究NOTE 1 集団を調査する際には

Column 雑誌やウェブサイトの調査結果

第2章 データは尺度で分類される

質データと量データ

3つの重要な尺度

確認問題 データの尺度を答えてみよう!!

第3章 統計手法の基本は「記述」と「推測」

記述統計と推測統計

推定と検定

検定の考え方

研究NOTE 2 帰無仮説はなぜ否定形が多いのか

Column 検定に関する(蛇)補足

因果推論編

第4章 因果関係を示したい!

物事にはすべて「原因」と「結果」がある

1人の場合の原因と結果を考える

原因と結果を集団で考える

標本調査の考え方で推測する

これがランダム化比較研究だ!!

Column ランダム化比較研究の信頼性

第5章 疫学の研究デザイン

疫学研究の分類

疫学研究で使われる用語

代表的な疫学研究・その1 コホート研究

代表的な疫学研究・その2 ケース・コントロール研究

発展的な疫学研究 ケース・コホート研究

疫学研究デザインの使い分け

確認問題 研究デザインを見抜いて正しい指標で因果推論してみよう

第6章 研究結果は正しいの?

研究結果にズレはつきもの!

バイアスは原因によって3つに分けられる

交絡バイアスが発生するとき?

Column プラセボと盲検

実践・発展 編

第7章 研究計画とデータ分析の準備

研究計画の流れ

データ分析の準備

研究NOTE 3 博士と助手のデータ開示

Column 統計研究者のひとりごと

第8章 分布の様子を知りたいときの分析手法

データ分析の手順

名義尺度データの分布の様子を知りたい

連続尺度データの分布の様子を知りたい

Column パラメトリック手法とノンパラメトリック手法

第9章 項目間の関連性を知りたいときの分析手法

離散尺度×離散尺度 の場合

連続尺度×離散尺度 の場合

離散尺度×連続尺度 の場合

連続尺度×連続尺度 の場合

多変量解析

Column 中間変数(因果のパス上の変数)にご用心

第10章 率を用いた分析方法

率と割合って何?

割合の変化をグラフ化したら

Follow-up 推測の方法論と正規分布

プルプル病にかかわる調査研究 研究報告書〈要約〉

「博士と助手の研究データ」ダウンロードページヘのアクセス方法

適用する主な研究手法早わかりマトリックス図

確認問題の解答と解説

■ 特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクについて、AndroidOSは今後一部製品から順次対応予定です。製品毎の対応/非対応は上の「便利機能」のアイコンをご確認下さいませ。


※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。


※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher(iOS/iPhoneOS/AndroidOS)が必要です。


※書籍の体裁そのままで表示しますため、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。


この商品を買った人はこんな商品も買っています

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:30.2MB以上(インストール時:75.5MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:150.1MB以上(インストール時:326.5MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません