• M2PLUS
  • 博士号を取る時に考えること 取った後できること

博士号を取る時に考えること 取った後できること

  • ISBN : 9784758120036
  • ページ数 : 239頁
  • 電子版発売日 : 2011年5月31日
  • 判 : A5判
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥3,190 (税込)
ポイント : 58 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

将来を考えるポスドクはもちろん、これから博士号を目指す院生も必読の「博士号を取る時に考えること 取った後できること」が電子書籍になりました。

■ 序文

平成8年,第1期科学技術基本計画のなかで「ポストドクター等1万人支援計画」が謳われてから13年が経過した.科学研究者を目指す者が,いわゆるポスドクというキャリアを通過する例は格段に増加したと思われる.その一方,国立大学法人を人件費削減の波が容赦なく攻め立てている.

この劇的な変化のなかで,同じ世界にいるはずの先輩たちの事例がそっくりそのまま自分には当てはまるはずがないと感じることも多い.日々多忙な研究生活のなかで得られる情報量には限りがある.さて,自分は今こうしてコツコツ研究をやっているだけで果たしてよいのだろうか,などと不安に駆られることもあるだろう.いや,インターネット上に飛び交うさまざまな情報こそが大学院生や若手研究者の不安を駆り立てているとも思える.

本書は,そのような若い人たちのために少しでもお役に立ちたいと願っている著者と編集者の思いを形にしたものである.現状とその問題点をよく知り,また先輩方の考え方,やり方を参考にして自分なりの解答を見つけていただきたい.本文中にも書いたが,重要なことは不安によって萎縮してしまわないこと,不安要因を取り除くために前向きな努力をすることだと思う.博士号を取得すること自体,読者の皆様にとっては大変なことではないかもしれない.ただ,実際に取得する前に,そもそも博士号とは何なのか,博士号を取得した場合としない場合とにどんな違いがあるのだろうか,自分の人生に博士号は必要なのだろうか,といったことをじっくり考える必要はあるだろう.それは,「博士」としてどんなふうに生きていくのかを確認する作業でもある.

本書の発刊にあたり,お忙しい時間をやりくりしてインタビューに応じてくださった方々,貴重な情報を提供してくださった方々,及び著者の所属企業・機関においてご指導いただいた方々への深い感謝の念でいっぱいである.また,本書を世に問うにあたり羊土社とご担当者には多大なご協力をいただいた.これらの方々は皆,著者同様,若い人たちの役に立ちたいと考え,ご協力いただいたことをここに記したい.

本書が,皆様にとってよりよい選択をする一助になれば幸いである.


2009年 2月

著者を代表して
三浦 有紀子

■ 目次

第1章 データでわかる最新バイオ博士研究者事情

1.博士号はなぜ必要か【仙石慎太郎】

2.博士号とPh.D.の違い【仙石慎太郎】

3.博士号取得者の現状【三浦有紀子】

4.博士号取得者のキャリアパス【三浦有紀子】

第2章 博士に求められるスキル

1.戦略的思考力【仙石慎太郎】

2.問題発見・解決力【仙石慎太郎】

3.コミュニケーション・スキル【仙石慎太郎】

4.プロジェクト・マネジメントのスキル【仙石慎太郎】

5.キャリア設計【三浦有紀子】

6.キャリアアップのための具体的行動【三浦有紀子】

第3章 事例から学ぶ『研究』と『キャリア』のマネジメント術【仙石慎太郎】

1.審良静男 博士

2.森下竜一 博士

3.加藤茂明 博士

4.中辻憲夫 博士

5.良いラボの条件~ケーススタディの考察

第4章 実録 バイオ博士人材の多様なキャリアパス【三浦有紀子】

1.研究者としての自分が最も活躍できる場所を求めて

2.アンテナを広く張ってチャンスを逃さない努力を

3.本質を突き詰める~研究するのと同じ気持ちで取り組む

4.専門性と文章力の融合で実現したライフワーク

5.目的達成を目指して,模索しながら過ごした大学院時代

6.想像を超えたところに自分の能力を活かせる場所がある

7.ビジネスの立場から研究成果の事業化に携わるという選択

8.研究者の新しい立ち位置~日本型ファンディングエージェンシーを目指して~

9.納得がいくまであきらめないことで開けた道

10.博士課程とはマネジメント教育の場

索引

Column

■ 特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクについて、AndroidOSは今後一部製品から順次対応予定です。製品毎の対応/非対応は上の「便利機能」のアイコンをご確認下さいませ。


※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。


※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher(iOS/iPhoneOS/AndroidOS)が必要です。


※書籍の体裁そのままで表示しますため、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。


対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:11.7MB以上(インストール時:25.4MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:50.4MB以上(インストール時:126.1MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません