• M2PLUS
  • 時間と研究費(さいふ)にやさしいエコ実験

時間と研究費(さいふ)にやさしいエコ実験

  • ISBN : 9784758120685
  • ページ数 : 192頁
  • 書籍発行日 : 2016年8月
  • 電子版発売日 : 2018年3月30日
  • 判 : A5判
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥2,750 (税込)
ポイント : 50 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

時間がない、お金もない、でもここにアイデアがある!

学生さんや若い研究者さんに向けに、「研究の質を落とすことなくコストダウン!試す価値あり!」の節約術の数々をイラストや図表を用いながらの大公開です♪

■ 序文

本書は,羊土社の編集氏と「研究費がギリギリで,何とか研究の質を落とさずに実験コストを下げられるかをいろいろ試しています」と雑談したことがきっかけで企画されました.このような工夫はたいていの研究室の主宰者は考えているでしょうが,それが表立って紹介されることはこれまで見かけなかったように思います.そのような「知恵」を広く紹介して,研究費をより有効に使うことができれば少しは日本の科学にも貢献できるかな,というのも動機の1 つです.

実際,本書で紹介する内容の多くは知り合いの研究室から教えてもらったものであったり,多くの共著者の先生方からとっておきの「知恵」をご執筆いただいたもので,私が" その道(節約術開発)の専門家" というわけでは決してありません.生化学・分子生物学的手法を使ってよい研究をしたいと思っている,一般的なウェット系の研究室の主宰者です.

自分で言うのもなんですが,本書の内容で私たちは(多分,研究の質を落とすことなく)相当なコストダウンができていますので,本書で紹介する内容をお試しになっても決して損はないと思います.まずは気楽に目を通していただき,ご自身の研究室の事情に適合しそうなところから参考にしていただけましたら幸いです.表題の「エコ」は金銭的な節約の観点が主ですが,時間・労力・効率・エコロジーの観点も多分に含んでいるつもりです.

1 つだけ強調しておきたいのは,いくらエコといってもケチが高じるあまり研究に実害が出ては本末転倒だということです.この点だけは踏み外さないように工夫するとともに,研究が萎縮しないように注意を払うことは言うまでもありません.ストレスを感じさせない,ということもポイントでしょう.ですから,各節約方法のメリットを強調するばかりでなく,デメリットがある場合はそのこともフェアに書くようにしました.

ついでに学生さんや若い研究者向けにひとこと言っておくと,「こいつになら研究費をつぎ込んでもいい!」とボスに思わせるようなふだんの研究ぶりを見せることです.日頃からよく勉強して,よく考えて,情熱をもって,注意深く実験しているか,ボスは見ていないようで意外とそういうところは把握しているものですよ.

必要なときには思い切ってお金を使うことも研究には重要なことです.そのためのふだんの節約です.皆さん,がんばってください!


2016年6月

村田茂穂

■ 目次

エコ1(1章) ケチらずエコする考え方を会得しよう

1 ものの値段を知ろう

2 研究の値段を考えよう

3 プロトコール・試薬・ノウハウを共有しよう

4 冷蔵庫・冷凍庫の中身を共有しよう

5 機器は上手に買おう

6 キットビジネスを理解しよう

7 機器を貸しあおう

エコ2(2章) なんでも自作しよう

1 トランスフェクション試薬(PEI-Max)をつくってみよう

2 遺伝子改変自由自在ベクターをつくってみよう

3 抗体をつくってみよう

4 ケミルミ試薬をつくってみよう

5 汎用酵素をつくってみよう

①rTaq DNAポリメラーゼ

②3Cプロテアーゼ

③Smヌクレアーゼ

6 ELISAをつくってみよう

7 PAPペンを浴室用コーキング剤で代用してみよう

8 チャンバースライドを培養皿で代用してみよう

9 染色用チャンバーをつくってみよう

10 高級マウント剤をPVAとTDEで代用してみよう

エコ3(3章) 当たり前を見直そう

1 コンストラクト作製は数日仕事?

2 トランスフォーメーションのon iceは30分?

3 プラスミド精製にはカラムが必須?―アルカリ-SDS法の逆襲

4 プラスミド精製はキットが一番?―boiling法の帰還

5 DNA精製にフェノクロはつきもの?

6 磁気ビーズはぜいたく品?

7 細胞培養の血清は本当に10%必要?

8 細胞の選択薬剤を選択してる?

9 細胞はカバーグラスに生やさないと染色できない?

エコ4(4章) MOTTAINAIを極めよう

1 ピペットはなるべく小容量を使おう

2 ウエスタンブロットのメンブレンはリプローブしよう

3 一次抗体を再利用しよう

4 アガロースゲルを再利用しよう

5 プラスチックチューブを再利用しよう

6 ガラスボトムディッシュを再利用しよう

エコ5(5章) インターネットを活用しよう

1 文献を手軽に管理しよう

2 試料をリクエストしあおう

3 データベース・ウェブツールで研究しよう


「エコ研究者」検定

■ 特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクについて、AndroidOSは今後一部製品から順次対応予定です。製品毎の対応/非対応は上の「便利機能」のアイコンをご確認下さいませ。


※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。


※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher(iOS/iPhoneOS/AndroidOS)が必要です。


※書籍の体裁そのままで表示しますため、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。


この商品を買った人はこんな商品も買っています

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:26.1MB以上(インストール時:56.8MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:18.3MB以上(インストール時:45.8MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません