• M2PLUS
  • 実験医学別冊 あなたのタンパク質精製、大丈夫ですか?

実験医学別冊 あなたのタンパク質精製、大丈夫ですか?

  • ISBN : 9784758122382
  • ページ数 : 186頁
  • 書籍発行日 : 2018年8月
  • 電子版発売日 : 2019年2月27日
  • 判 : A5判
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥4,400 (税込)
ポイント : 80 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

はじめてタンパク質を取り扱うことを考えている方にも理解しやすいよう,必要な知識を簡潔にまとめました。

生命科学の研究者なら避けて通れないタンパク質実験.取り扱いの基本から発現・精製まで,実験の成功のノウハウを余さずに解説します.初心者にも,すでにタンパク質実験に取り組んでいる方にも役立つ一冊です.

実験医学 最新号・バックナンバー・増刊号

■ 序文

はじめに

近年のゲノム編集技術,次世代シークエンサー,イメージング技術,そして構造生物学の発展などによって,生命科学研究に新たな時代が開かれました.その一方で,これらの研究から得られた結果を多面的なアプローチによって検証することが求められ,その際に精製タンパク質を用いた生化学的な解析が重要になってきています.

タンパク質は,アミノ酸が重合したポリマーですが,その配列に依存して独自の立体構造を形成し,独自の機能を発揮しています.生命活動は,このようなタンパク質の構造と機能の多様性によって担われています.しかし,実際にタンパク質を精製しようと思っても,さまざまな"コツ"や細かな"注意点"などが存在するため,なかなかうまく精製できずに研究が止まってしまうことがよくあります.このような取り扱いの難しさが,タンパク質の精製を行ってみたいけれども手を出せない,もしくは実験が思うとおりに進行しない大きな原因となっているのではないでしょうか.研究対象としているタンパク質に関して,よい扱い方を発見して精製法を確立したときには,なんとも言えない達成感があるものです.

このようにタンパク質精製においては気をつけるべきポイントが多く,タンパク質実験を行っている方であっても,間違った取扱いを自覚せずに失敗を繰り返している可能性があります.そこで本書では,タンパク質実験をこれからはじめる方だけでなく,現在タンパク質実験に困っている方も対象にしています.また,実際に実験を行う学生・若手研究者から,後進を教育する先生方まで幅広い層にお役立ていただけるようにしました.われわれが種々のタンパク質を扱うなかで培ってきたタンパク質の基本的な取り扱い法,精製法,ならびに解析法などについて,さまざまな事例を想定しつつ紹介し,正しい知識や技術を取得するための基礎を提供します.さらに,重要な周辺知識についても概説するよう心がけました.

当はじめてタンパク質を取り扱うことを考えている方にも理解しやすいよう,必要な知識を簡潔にまとめています.すでに経験のある研究者におかれましても,タンパク質の精製法についての確認の書としてご利用ください.本書を,タンパク質を扱う多くの研究者や学生の方々に役立てていただければ幸いです.


2018年7月

胡桃坂 仁志,有村 泰宏

■ 目次

はじめに

第1章タンパク質のこと,ちゃんと知っていますか?

1.タンパク質とDNA を同じように扱っていませんか?

2.タンパク質の電気泳動,正しく理解していますか?

第2章 発現コンストラクト,思い通りにつくれていますか?

1.タンパク質をコードするDNA配列探しで迷子になっていませんか?

2.遺伝子の合成はcDNAから,に固執していませんか?

3.そのDNA塩基配列はホンモノですか?

4.あなたの変異設計,立体構造に基づいていますか?

5.目的にあった発現ベクターを選べていますか?

6.発現プラスミドの作製方法は1種類と思っていませんか?

7.変異体のデザイン,発現系への変異導入,うまくできていますか?

第3章 タンパク質の発現が悪いな...と悩んでいませんか?

1.いつも同じ培地で培養していませんか?

2.培養液の滅菌処理,適切ですか?

3.コロニーが全く生えない....そんな経験ありませんか?

4.大腸菌株のセレクションは適切ですか?

5.適切な培養液量で培養していますか?

6.分解している!?培養温度が高すぎませんか?

第4章 精製でタンパク質を失っていませんか?

1.溶液のpHは適正ですか?

2.目的にあった溶液を選んでいますか?

3.タンパク質が消えた!破砕は適切ですか?

4.いつも同じ精製プロトコール頼みになっていませんか?

5.タンパク質のタグ,大差ないと思っていませんか?

6.不溶性画分のタンパク質,あきらめていませんか?

7.そのカラム,ダメになっていませんか?

8.タンパク質の吸光度は一定だと思っていませんか?

9.その定量法,あなたのタンパク質に適していますか?

10.タンパク質やバッファーの性質によって定量法を使い分けていますか?

11.核酸−タンパク質複合体の精製法を知っていますか?

第5章 その精製タンパク質,目的どおりのものですか?

1.タンパク質の会合状態は正常ですか?

2.タンパク質の折りたたみは適切ですか?

3.精製したタンパク質は本当に目的のものですか?

4.精製したタンパク質が分解していませんか?

5.精製したタンパク質の翻訳後修飾が生体内と違っていませんか?

第6章 大切なタンパク質,保存は万全ですか?

1.とりあえずフリーザー,になっていないですか?

2.冷蔵庫のタンパク質,腐らせていませんか?

■ 特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクについて、AndroidOSは今後一部製品から順次対応予定です。製品毎の対応/非対応は上の「便利機能」のアイコンをご確認下さいませ。


※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。


※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher(iOS/iPhoneOS/AndroidOS)が必要です。


※書籍の体裁そのままで表示しますため、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。


この商品を買った人はこんな商品も買っています

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:7.7MB以上(インストール時:22.5MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:20.4MB以上(インストール時:47.3MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません