• M2PLUS
  • Gノート2019年8月 もしかしてパーキンソン病!?

Gノート2019年8月 もしかしてパーキンソン病!?

加茂 力 大橋 博樹 (編)

羊土社

  • ISBN : 9784758123396
  • ページ数 : 150頁
  • 書籍発行日 : 2019年8月
  • 電子版発売日 : 2019年8月1日
  • 判 : B5判
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥2,750 (税込)
ポイント : 50 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

あらゆる疾患・患者さんをまるごと診たい!
そんな医師のための「総合診療」の実践雑誌です
・現場目線の具体的な解説だから,かゆいところまで手が届く
・多職種連携,社会の動き,関連制度なども含めた幅広い内容
・忙しい日常診療のなかでも,バランスよく知識をアップデート

【8月号特集:もしかしてパーキンソン病!? 地域で見つけ支える神経難病】
ロコモ・フレイル・寝たきり・認知症と思っていませんか?早期発見と適切な治療・リハでパーキンソン病の予後は大きく変わります!診断されていない患者を多職種の眼で見つけ、地域の治癒力をUPするコツがわかる!

Gノート最新号・バックナンバーはこちら

まとめ買いがおすすめ!定期購読はこちら

■ 序文

特集にあたって

ある日の昼休みのことです.当院の近所にある,登戸内科・脳神経クリニックの加茂先生か ら電話がありました.


加茂先生「うちに定期的に通院していたAさんなんだけど,急に通院しなくなってどうしたの かと思っていたら,今度大橋先生のクリニックで訪問診療することになったと聞いたんだよ ね,どうして訪問診療になったのかな?」

私 「もともとパーキンソン病で先生のところに通院していた方ですよね,あの方でしたら3カ 月前に自宅で転倒して,右大腿骨頸部骨折になって〇〇病院の整形外科に運ばれました.手 術したのですが,リハビリはパーキンソン病のためか上手く進まなくて,結局寝たきりのま まになり,自宅退院だけど訪問診療が妥当ということで,当院に紹介になりました.昨日 , 初めて訪問したのですが,かなりADLは落ちているみたいですね,主介護者の奥さんも落ち 込んでました」

加茂先生「そりゃ,パーキンソン病が進行しているだけだよ! 処方調整とリハビリでかなり回 復は見込めるよ」

私 「えっ,そうなんですか? 私はもうベッド上の生活は避けられないのでは,と判断していま した」


パーキンソン病としてはすでにヤール5でしたが,加茂先生からは,処方の増量や内服回数 の調整 ,そしてパーキンソン病に特化した訪問リハビリテーション導入の提案がありました. その後も継続的に加茂先生と相談しながら,積極的なパーキンソン病への介入を行ったところ, この患者さんは,現在自宅内歩行可能な状態まで回復できました.もし,加茂先生に相談せず, このまま私だけがAさんの診療を行っていたら,まだ彼は寝たきりのままだったことでしょう.

また,今回の骨折はたまたまだったのか? もしかして,パーキンソン病の進行が招いた骨折 だとしたら,整形外科入院時にパーキンソン病の処方調整などを脳神経内科医が介入していれ ば...など,まだまだこの地域のパーキンソン病診療には問題が多いのではないかと感じました (詳しくは,ぜひ特集座談会記事をお読みください).

本特集では,総合診療医の苦手意識の高いパーキンソン病について,その基本から地域の治 癒力を高める多職種での取り組み方法まで網羅した実践的な内容で構成しました.実際に困難 に直面し,数年の歳月をかけて「地域の治癒力」の向上に取り組んできた川崎市多摩区の実例 も取り入れ,あえて失敗の事例も示しながら解説しています.

今回の特集では脳神経内科専門医の加茂力先生・白石眞先生をはじめ,多くのご協力をいた だきました.本当にありがとうございます.この特集を読んで,皆さんの地域でも,地域の治 癒力を高める取り組みが始まれば嬉しいです


大橋 博樹

■ 目次

特集

・特集にあたって

・特集座談会 パーキンソン病診療 地域で今,何が起きているのか?

・1 隠れているパーキンソン病患者をどう発見するか?

・2 パーキンソン病治療の進歩

・3 脳神経内科医は紹介患者をどのように診察しているのか?

・4 眼からウロコのパーキンソン病リハビリテーション

・5 パーキンソン病患者を支える社会保障制度とは?

・6 ここまでできる!パーキンソン病患者の在宅医療

・7 近くに脳神経内科専門医がいないとき

連載

赤ふん坊やの「拝啓首長さんに会ってきました☆」

・第9回 北海道広尾町 村瀨優 町長

Common disease 診療のためのガイドライン早わかり

・第30回 高血圧

聞きたい! 知りたい! 薬の使い分け

・第31回 こんなに種類が増えた貼付剤

外来で役立つ! ぱぱしょー先生の育児相談室

・第1回 「母乳を飲ませたいんですけど,どうしても出ないんです...」

誌上EBM 抄読会 診療に活かせる論文の読み方が身につきます!

・第30回 末梢性めまいに対して薬剤はどの程度有効か?

家庭医療×診断推論で挑む!:プライマリ・ケアで出会う困難事例

・第4回 「性感染症が心配です...」

なるほど!使える!在宅医療のお役立ちワザ

・第27回 在宅医療における上手な在庫管理

思い出のポートフォリオを紹介します

・第31回 幼少児・思春期のケア

■ 特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクについて、AndroidOSは今後一部製品から順次対応予定です。製品毎の対応/非対応は上の「便利機能」のアイコンをご確認下さいませ。


※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。


※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher(iOS/iPhoneOS/AndroidOS)が必要です。


※書籍の体裁そのままで表示しますため、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。


この商品を買った人はこんな商品も買っています

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:24.9MB以上(インストール時:54.6MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:35.2MB以上(インストール時:74.5MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません