• M2PLUS
  • 実験医学2017年11月号 造血研究―新時代への挑戦

実験医学2017年11月号 造血研究―新時代への挑戦

  • ISBN : 9784758125017
  • ページ数 : 137頁
  • 書籍発行日 : 2017年10月
  • 電子版発売日 : 2017年10月27日
  • 判 : B5判
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥2,200 (税込)
ポイント : 40 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

成体幹細胞研究の歴史は造血幹細胞から始まっています.そんな歴史の上に積み重なる造血研究はこれからどこへ向かうのか?造血幹細胞を中心とした血液システムの謎に気鋭の研究者たちが多角的に挑みます.

実験医学バックナンバー

■ 目次

特集

造血研究―新時代への挑戦 〜複雑・精緻な血液システムに迫る

序にかえて―造血研究の新時代

ヒト造血研究の歴史と白血病幹細胞研究

多相性造血の観点から見た造血幹細胞発生

リンパ球造血に関する最近の知見

骨髄環境の理解と造血制御

造血システムを俯瞰するシステムバイオロジー

スプライソソーム異常が拓く造血器腫瘍研究の未来

次世代型遺伝学による造血幹細胞制御機構の解析

連載

News & Hot Paper Digest

NgAgoはRNA切断酵素か?

resident memory T細胞の長期生存を可能にするエネルギー代謝機構

長鎖ノンコーディングRNAによる近隣遺伝子の転写制御

電子顕微鏡でDNAを染色する方法を開発

体内時計・加齢・摂取カロリーの深い関係

カレントトピックス

ヒト初期発生における生殖細胞の発生機構

成体のマウスにおいて心筋細胞の増殖が抑制されるしくみ

脊髄損傷後のアストロサイト瘢痕形成の誘導機構

マウスのオスフェロモンESP1がメスの性行動を促進するための専用の神経回

クローズアップ実験法

miRNA応答性CRISPR-Cas9システムを用いた細胞種特異的なゲノム編集法

挑戦する人

本質を問う力を伝え未来を創る人材を育てたい!

Update Review

5-アミノレブリン酸(5-ALA)-その生体機能と多彩な疾患への応用

創薬に懸ける~日本発シーズ、咲くや?咲かざるや?

複数の困難を乗り越えたFTY720の創薬物語

予言するシミュレーション

転写因子NF-κBの核膜輸送による制御を4Dシミュレーションで予言する

Campus & Conference 探訪記

染色体研究者が凝縮,接着した4日間-第2回SMCタンパク質国際会議

ラボレポート-独立編-

テキサスで,我儘に.-Department of Cellular and Integrative Physiology, The University of Texas Health San Antonio

Opinion-研究の現場から

パーソナル・バイオテクノロジーの夜明け

バイオでパズる!

HSC de ナンプレ

関連情報

INFORMATION 人材/大学院生/セミナーなどの情報

■ 特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクについて、AndroidOSは今後一部製品から順次対応予定です。製品毎の対応/非対応は上の「便利機能」のアイコンをご確認下さいませ。


※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。


※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher(iOS/iPhoneOS/AndroidOS)が必要です。


※書籍の体裁そのままで表示しますため、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。


この商品を買った人はこんな商品も買っています

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:43.5MB以上(インストール時:94.6MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:34.5MB以上(インストール時:86.2MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません