• M2PLUS
  • 超音波でわかる運動器疾患

超音波でわかる運動器疾患

  • ISBN : 9784758310321
  • ページ数 : 328頁
  • 電子版発売日 : 2011年5月31日
  • 判 : B5変型
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥8,580 (税込)
ポイント : 156 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

身体各部位へのアプローチ法を分かりやすく解説。運動器の超音波解剖をふんだんに盛り込み、その点では世界に類のない1冊「超音波でわかる運動器疾患」の電子書籍版です。

■ 序文

はじめてプローブを握ったのが大学4年生、今から24年前のことです。伊東紘一先生(自治医大臨床病理名誉教授)主催のゼミでした。観察対象は心臓や腹部臓器、当然ながら靭帯や末梢神経など眼中にありません。超音波は内臓を見るもの、そう思っていました。卒後、整形外科医としての道を歩み始め、診断の武器が単純X線写真、CT、MRI、いわゆる“3種の神器”となっていきます。何がなんだかさっぱりわからない超音波画像には、全く魅力を感じませんでした。

2001年に登場した携帯型超音波診断装置Sonosite180が大きな転機をもたらします。Sonic Japanの松崎さん、大槻さんから装置を紹介され、当時の秋田大学整形井樋栄二教授(現東北大整形教授)が早速購入してくださいました。一緒に働いていた高橋周先生(気仙沼市立病院整形)、山本宣幸先生(東北大整形)はじめ後輩らと共に、外来診療、スポーツ現場、ときには村の集会所まで足を運び、とにかく使いまくりました。2008年9月、現在の城東整形外科に赴任してからは、水谷羊一院長のご配慮もあり、20か月間での講演、セミナーが56回を数え、全国から研修に来た人が30名を超えました。整形外科にとどまらず、麻酔科(ペインクリニック)、放射線科、リウマチ内科、さらに地域医療を担う総合医の分野まで多岐にわたる点が特徴です。

アメリカ、ヨーロッパほとんどの国で、画像診断装置が放射線科管轄です。超音波検査を予約制にしては、リアルタイムに観察できる魅力を半減させることに気付かないのでしょうか。超音波診断装置は、視診、触診しながら診断、治療までを最短距離で突っ走る医者のパワーアシストスーツです。今では超音波検査を使いこなすことで、毎日100人を超える外来診療を、汗もかかずに時間内でこなせます。足関節捻挫、五十肩といった俗語病名も使わなくて済むようになりました。日本は、各専門科の医師が超音波診断装置を自由に使える世界でも特殊な国です。だからこそ、一つの外来診察室に一台、さらには一人に一台の超音波診断装置が常識、そんな日が近い将来やってくると思います。

本書は多くの方々からの熱い要望に応え、運動器超音波解剖学をメインに、身体各部位へのアプローチ法を分かりやすく解説しました。運動器超音波学の入門書に位置づけられます。画像理解に不可欠な解剖資料は、秋田大学解剖学教室の阿部寛教授はじめスタッフの方々から多大なご協力をいただきました。また、素晴らしい書籍へ大変身させてくださったメジカルビュー社の松原かおるさん、藤原琢也さんには大変なご苦労をおかけしました。この場を借りて心からお礼申し上げます。

本書が、少しでも読者の方々のお役にたてれば幸いです。


2010年 5月

皆川 洋至

■ 目次

超音波早わかり

運動器の構成体のみえかた

1.骨

2.軟骨

3.筋

4.腱

5.靱帯

6.末梢神経

7.血管


超音波で診る上肢

手指

■掌側走査

検査肢位

検査手順

母指屈筋腱の描出

STEP1 長母指屈筋腱(FPL)長軸像の観察

STEP2 長母指屈筋腱(FPL)短軸像の観察

示指から小指屈筋腱の描出

STEP1 浅指屈筋(FDS),深指屈筋(FDP)長軸像の観察

STEP2 浅指屈筋(FDS),深指屈筋(FDP)短軸像の観察

手内在筋の描出

STEP1 母指球筋短軸像の観察

STEP2 母指球筋長軸像の観察

STEP3 小指球筋短軸像の観察

STEP4 小指球筋長軸像の観察

STEP5 虫様筋,掌側骨間筋の観察

STEP6 背側骨間筋,掌側骨間筋の観察

■橈側・尺側走査

検査肢位

検査手順

STEP1 母指MP関節の側副靱帯の観察

STEP2 示指から小指の側副靱帯の観察

■背側走査

検査肢位

検査手順

STEP1 伸筋腱短軸像の観察

STEP2 伸筋腱長軸像の観察

エコーanatomy

手関節

■掌側走査

検査肢位

検査手順

手根管入口部の描出

STEP1 豆状骨,舟状骨結節の観察

STEP2 屈筋腱,横手根靱帯,正中神経の観察

STEP3 Guyon管の観察[尺骨神経(UN),尺骨動脈(UA)]

手根管近位部の描出

STEP1 正中神経短軸像の観察

STEP2 正中神経長軸像の観察

手根管遠位部の描出

STEP1 手根管遠位部の観察

■橈側走査

検査肢位

検査手順

STEP1 伸筋腱第1区画の観察[長母指外転筋(APL),短母指伸筋(EPB)]

■背側走査

検査肢位

検査手順

STEP1 伸筋腱第2区画の観察[長橈側手根伸筋(ECRL),短橈側手根伸筋(ECRB)]

STEP2 伸筋腱第3区画の観察[長母指伸筋(EPL)]

STEP3 伸筋腱第4区画の観察[総指伸筋(EDC),固有示指伸筋(EIP)]

STEP4 伸筋腱第5区画の観察[固有小指伸筋(EDQ)]

■尺側走査

検査肢位

検査手順

STEP1 伸筋腱第6区画の観察[尺側手根伸筋(ECU)]

STEP2 TFCCの観察

エコーanatomy

肘関節

■前方走査

検査肢位

検査手順

上腕骨遠位部の描出

STEP1 上腕骨骨幹部の観察

STEP2 橈骨窩,鉤突窩の観察

STEP3 小頭,滑車の観察

腕橈関節の描出

STEP1 腕橈関節長軸像の観察

STEP2 腕橈関節近位部の観察

STEP3 腕橈関節遠位部の観察

腕尺関節の描出

STEP1 腕尺関節長軸像の観察

STEP2 腕尺関節近位部の観察

STEP3 腕尺関節遠位部の観察

■内側走査

検査肢位
検査手順

STEP1 前斜走線維(AOL)長軸像の観察

STEP2 肘部管の観察

■外側走査

検査肢位
検査手順

STEP1 長軸像の観察

STEP2 短軸像の観察

■後方走査

検査肢位
検査手順

STEP1 肘頭窩の観察

STEP2 肘頭の観察

STEP3 上腕骨小頭の観察

エコーanatomy

肩関節

■前方走査

検査肢位
検査手順

上腕二頭筋長頭腱の描出

STEP1 上腕二頭筋長頭腱の観察

STEP2 短軸像の観察

STEP3 長軸像の観察

肩甲下筋腱の描出

STEP1 長軸像の観察

STEP2 短軸像の観察

■外上方走査

検査肢位
検査手順

STEP1 腱板長軸像の観察

STEP2 腱板短軸像の観察

■後方走査

検査肢位
検査手順

STEP1 関節裂隙の観察

STEP2 内外旋での動的観察

■腋窩走査

検査肢位
検査手順

STEP1 上腕骨頭の観察

STEP2 前下方関節窩,関節唇の観察

■内上方走査

検査肢位
検査手順

STEP1 上方関節唇の観察

STEP2 90°外転位における動的観察

エコーanatomy


超音波で診る下肢

下腿・足関節

■前方走査

検査肢位
検査手順

STEP1 脛骨の観察

STEP2 距腿関節の観察

■外側走査

検査肢位
検査手順

STEP1 外果の観察

STEP2 前下脛腓靱帯(AITFL)の観察

STEP3 前距腓靱帯(ATFL)の観察

STEP4 踵腓靱帯(CFL)の観察

STEP5 腓骨筋腱(PT)の観察

■内側走査

検査肢位
検査手順

STEP1 三角靱帯の観察

STEP2 足根管の観察

■後方走査

検査肢位
検査手順

STEP1 腓腹筋,ヒラメ筋の観察

STEP2 アキレス腱の観察

エコーanatomy

膝関節

■前方走査

検査肢位
検査手順

膝蓋骨近位の描出

STEP1 膝蓋上嚢の観察

STEP2 大腿四頭筋腱の観察

膝蓋大腿関節の描出

STEP1 膝蓋骨の観察

STEP2 膝蓋大腿関節の観察

膝蓋骨遠位の描出

STEP1 膝蓋腱の観察

STEP2 大腿骨荷重部の観察

STEP3 前十字靱帯(ACL)の観察

■内側走査

検査肢位
検査手順

STEP1 内側側副靱帯(MCL)の観察

STEP2 内側半月板(MM)の観察

STEP3 鵞足の観察

■外側走査

検査肢位
検査手順

STEP1 外側側副靱帯(LCL)の観察

STEP2 大腿二頭筋腱の観察

STEP3 腸脛靱帯(ITT)の観察

STEP4 外側半月板(LM)の観察

■後方(膝窩)走査

検査肢位
検査手順

STEP1 Baker嚢腫(膝窩嚢腫)の観察

STEP2 後十字靱帯(PCL)の観察

STEP3 ファベラの観察

STEP4 神経血管束の観察

エコーanatomy

股関節・大腿

■前方走査

検査肢位
検査手順

STEP1 股関節の観察

STEP2 腸腰筋,神経血管束の観察

STEP3 下前腸骨棘(AIIS)の観察

STEP4 上前腸骨棘(ASIS)の観察

STEP5 大腿直筋の観察

■内側走査

検査肢位
検査手順

STEP1 内転筋短軸像の観察

STEP2 内転筋長軸像の観察

■外側走査

検査肢位
検査手順

STEP1 短軸像の観察

STEP2 長軸像の観察

■後方走査

検査肢位
検査手順

STEP1 坐骨神経の観察

STEP2 ハムストリングの観察

エコーanatomy


索引

■ 特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクについて、AndroidOSは今後一部製品から順次対応予定です。製品毎の対応/非対応は上の「便利機能」のアイコンをご確認下さいませ。


※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。


※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher(iOS/iPhoneOS/AndroidOS)が必要です。


※書籍の体裁そのままで表示しますため、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。


対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:102.2MB以上(インストール時:207.9MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:102.2MB以上(インストール時:207.9MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません