• M2PLUS
  • ガイドラインを上手に使うための 消化器癌のひろがり診断スキル

ガイドラインを上手に使うための 消化器癌のひろがり診断スキル

  • ISBN : 9784758315210
  • ページ数 : 296頁
  • 書籍発行日 : 2016年2月
  • 電子版発売日 : 2018年6月22日
  • 判 : B5判
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥8,250 (税込)
ポイント : 150 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

「癌のひろがり診断」ができなきゃ始まらない!消化器癌の治療アルゴリズムに「入る」ためのスキルと自信が身につく1冊。

食道・胃・大腸・肝臓・胆道・膵癌の各アルゴリズムに必要な「癌のひろがり診断」を項目として取り上げ,身につけるべき知識・スキルを,多くの画像やシェーマ,症例とともにQ&Aでわかりやすく解説しています。

■ 序文

消化器癌の診断学は実に面白い。消化器癌の診療においては,これまで「早期発見,早期治療」が求められ,より小さな病変をみつけるための「存在診断学」が発展してきた。一方,消化器外科領域では,「根治切除」や「拡大切除」の追求により,「ひろがり診断学」が発展してきた。これらの発展を支えてきたものは,診断医の研鑽のみならず,消化器内視鏡やCT検査,MRI検査などの画像検査の驚くべき発展によるところが大きい。

そのようななか,1990年の後半から,根拠に基づく医療(EBM)の実践を目指して,消化器診療に関する研究成果が「診療ガイドライン」「診療ガイド」としてまとめられてきた。驚くべきことに,すでに150以上の疾患や病態にわたる書物が発刊されており,「診療ガイドライン」は,実際の診療現場に欠かすことのできない指針書として定着している。

数年前のことである。数多くの消化器癌の診療を実践している若き医師たちに「消化器癌の診療を行ううえで困っていることや自信のないことは何ですか?」というアンケート調査を行った。その結果,「消化管癌の深達度診断に自信がない」とか「消化器癌のひろがり診断ができない」という回答が最も多かった。「診療ガイドライン」に示されている「治療アルゴリズム」の多くは,いわゆる治療前のTNM分類に沿った診断に基づいて始まっている。それゆえ,「ひろがり診断」に自信のない若い医師たちは,どのくらいの精度で治療アルゴリズムを利用できているのかが不安なのである。

そこで,若き医師の指導者としての役割をこれから担う消化器外科専門医を取得したばかりの医師たちと消化器癌の「ひろがり診断学」の勉強会を始めた。勉強会の目標は,若き医師たちが,「消化器癌のガイドライン」を上手く利用できるようになり,「治療アルゴリズム」に自信を持って入れるように指導できるようになることである。発表されている論文に基づいて検討し,「ひろがり診断のアルゴリズム」を創作することを試みた。本書「ガイドラインを上手に使うための消化器癌のひろがり診断スキル―治療アルゴリズムへの入り方―」は,これらの勉強会の集積であり,専門家の先生方からみれば,ご批判も多いことかもしれない。しかしながら,この書籍をきっかけにして,多くの若き医師たちに消化器癌の「ひろがり診断学」に興味を持っていただき,この領域がさらに発展することとなれば幸いである。

最後に,情熱を失わず,ともに勉強してきた著者7名の指導医に感謝いたします。また,学術的なアドバイスをいただいた大分大学消化器・小児外科学講座教授の猪股雅史先生をはじめ,ご協力いただいた先生方,および事務業務やイラスト描きを手伝ってくれた教室秘書の衞藤千鶴さんや元教室秘書の佐藤愛さんに心から感謝いたします。また,本書を出版していただいたメジカルビュー社編集部の吉田富生氏,宮澤進氏,山田麻祐子氏に心から感謝申し上げます。


2016年1月

編者 白石 憲男
白下 英史

■ 目次

Ⅰ 序論

1. 上手な治療アルゴリズムへの入り方

2. 消化器癌のひろがり診断学

Ⅱ 消化器癌ガイドラインの上手な使用をめざして

ガイドラインを理解するために−エビデンスレベルの分類/推奨度の分類とは?

Ⅲ 各論:治療アルゴリズムへの入り方

A.食道癌のひろがり診断

食道癌(特に食道表在癌)の深達度を,どう診断するか?

食道癌のリンパ節転移を術前にどう診断するか?

食道癌の他臓器(特に大動脈,気管・気管支)浸潤を術前にどう診断するか?

B.胃癌のひろがり診断

胃癌(特に早期胃癌)の深達度を,どう診断するか?

胃癌のリンパ節転移を術前にどう診断するか?

胃癌の他臓器(特に膵臓)浸潤を術前にどう診断するか?

胃癌の腹膜播種転移を術前にどう診断するか?

C.大腸癌のひろがり診断

大腸癌(特に早期大腸癌)の深達度を,どう診断するか?

大腸癌(特に結腸癌)の壁外浸潤を術前にどう診断するか?

大腸癌のリンパ節転移を術前にどう診断するか?

下部直腸癌の前方浸潤(泌尿器科系,婦人科系臓器)を術前にどう診断するか?

(補足)直腸癌の尿管浸潤や仙骨浸潤を術前にどう診断するか?

大腸癌の腹膜播種転移を術前にどう診断するか?

大腸癌の肝転移や肺転移を術前にどう診断するか?

D.肝臓癌のひろがり診断

3cm以下の肝腫瘍を術前にどう診断するか?

肝細胞癌の脈管侵襲・腫瘍栓を術前にどう診断するか?

E.胆道癌のひろがり診断

胆道癌の胆管浸潤(水平進展)の範囲をどう評価するか?

胆管癌(特に肝門部胆管癌)の脈管浸潤(垂直進展)をどう評価するか?

胆嚢癌の画像上の鑑別診断は,どのように行うか?

十二指腸乳頭部癌の膵浸潤や十二指腸浸潤を術前にどのように診断するか?

F.膵癌のひろがり診断

膵癌の脈管浸潤の診断は,どのように行うか?

膵癌の大動脈周囲リンパ節転移を術前にどのように診断するか?

膵癌の腹膜転移を術前にどのように診断するか?

■ 特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクについて、AndroidOSは今後一部製品から順次対応予定です。製品毎の対応/非対応は上の「便利機能」のアイコンをご確認下さいませ。


※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。


※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher(iOS/iPhoneOS/AndroidOS)が必要です。


※書籍の体裁そのままで表示しますため、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。


この商品を買った人はこんな商品も買っています

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:40.7MB以上(インストール時:88.6MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:51.2MB以上(インストール時:128.0MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません