• M2PLUS
  • 新NS NOW 15 脳幹・脳深部の手術

新NS NOW 15 脳幹・脳深部の手術

  • ISBN : 9784758315753
  • ページ数 : 160頁
  • 書籍発行日 : 2018年9月
  • 電子版発売日 : 2019年4月5日
  • 判 : A4判
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥13,200 (税込)
ポイント : 240 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

深奥をたどるための知識と手技を

No.15では「脳幹・脳深部の疾患にいかにたどり着き治療するか」をテーマに取り上げた。脳幹・脳深部の手術が難しいと言われるのは,患部が脳表から遠くにあり慎重かつ繊細なアプローチと治療手技が必要とされることにある。 本書では各種手術に必要となるアプローチについて,解剖にも触れながら,正常組織を損傷することなく進入する手技を詳説。各種モニタリングの活用も併せ,脳幹・脳深部の手術に挑む医師の確かな助けになることを企図した一冊である。

新NS NOWシリーズ

■ 序文

解剖の教科書によると,脳幹とは外套(大脳皮質)をはずした残りの部分であり,中脳,橋,延髄ばかりでなく,視床や大脳基底核も含まれる。今回の新NS NOW『脳幹・脳深部の手術』ではそんな広義の脳幹の手術を対象としている。特に脳幹の内部にある腫瘍などの手術を対象としていて,神経鞘腫や髄膜腫など脳幹周囲の腫瘍は本書の対象とはしていない。

まずは中脳,橋,延髄に代表される狭義の脳幹にどのようにアプローチするか,代表的病変の手術を例示していただきながら,頭蓋底外科の手技も用いたその基本を解説していただいている。前方からアプローチは,正中から第三脳室や中脳にアプローチする方法としてtrans-laminaterminalis approachを,斜め前方からアプローチ法としてorbitozygomatic approachを取り上げた。側方からはtranspetrosal approach,後上方からは,occipital transtentorial approachを取り上げた。もちろん通常の開頭法としてsubtemporal approachやsuboccipital retrosigmoidapproachなどもよく使用されているが,本書では個別項目としては取り上げていない。また,開頭としては通常の後頭下開頭法を使用するが,第四脳室にアプローチする方法としてcerebellomedullary fissure approachを取り上げた。この項目についてはcerebellomedullaryfissureについての解剖の項と,経第四脳室アプローチでの手術の実際の項に分けて執筆いただいている。

これらの部位での手術を疾患別に考えると,海綿状血管奇形や境界明瞭なグリオーマ,血管芽腫などが代表的な疾患である。海綿状血管奇形については前半部の脳幹へのアプローチのなかで疾患としては取り上げられている。グリオーマについては,基底核,視床,脳幹の部位別に執筆をいただいた。アプローチとしてはtranssylvian approachや経脳室アプローチなどが用いられる。脳幹については生検も重要な手段なので1項目として取り上げた。また,延髄血管芽腫については,腫瘍ではあるがAVMに似たところがあり,摘出の方法も特殊となるため,項目を割いて取り上げてある。いずれの場合にも脳幹・脳深部に切り込んで手術を行う際には術中モニタリングが必須である。その選択と実際について解説をいただいている。

脳幹の手術に関しては,アプローチの選択ばかりでなく,手術適応の決めかたやどこまで摘出を行うのかなど,手術の考えかたが最も重要である。各項目で執筆者がそのような考えかたを披露していただいているので,その点も読み取っていただきたい。そのような観点からは,脳幹部に関してはガンマナイフ治療も有効な選択肢となりうるのでその適応を知っておくべきであり,その考えかたについて最後に取り上げた。

末筆になるがご執筆にご協力いただいた諸先生に感謝申し上げ,本書が読者の皆様の日々の臨床に役立つことを願う。


2018年7月

東京大学大学院医学系研究科脳神経外科学教授
斉藤 延人

■ 目次

脳幹病変に対するoccipital transtentorial approach

中脳病変に対するorbitozygomatic approach

中脳病変に対するtrans-lamina terminalis approach

第四脳室と小脳延髄裂の解剖

橋・延髄病変に対する経第四脳室アプローチ

橋病変に対するposterior transpetrosal approach

延髄の血管芽腫の手術

基底核グリオーマの手術

レンズ核グリオーマに対するtranssylvian & transinsular approach

視床グリオーマの手術

中脳神経膠腫(tectal glioma)に対する外科的摘出術

脳幹グリオーマに対する生検術

Biopsy for brain stem glioma

脳幹・脳深部病変の術中モニタリング

脳幹部病変に対するガンマナイフ治療の考えかた

◆シリーズ わたしの手術記載

①症候性頚静脈孔腫瘍

②小脳橋角部腫瘍

■ 特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクについて、AndroidOSは今後一部製品から順次対応予定です。製品毎の対応/非対応は上の「便利機能」のアイコンをご確認下さいませ。


※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。


※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher(iOS/iPhoneOS/AndroidOS)が必要です。


※書籍の体裁そのままで表示しますため、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。


対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:32.3MB以上(インストール時:70.1MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:45.5MB以上(インストール時:113.7MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません