キャリアUPをめざす 学会発表と研究スタートアップ

  • ページ数 : 168頁
  • 書籍発行日 : 2016年2月
  • 電子版発売日 : 2017年5月26日
¥3,300(税込)
ポイント : 180 pt (6%)
今すぐ立ち読み
今すぐ立ち読み

商品情報

内容

若手医師のキャリアアップ,ライフプランから考えた学会発表,論文執筆をストーリー仕立てで解説

キャリアアップを考えるにおいて一度は読んで欲しい一冊。若手の先生は勿論、若手をどう指導していいか分からない中堅以上の先生にこそ伝えたい内容が盛りだくさんです!

序文

序文にかえて

成瀬先生との出会いは何時の頃だったろうか?記憶が定かではないが、赤を 中心とした濃い目のシャツとネクタイの組み合わせは、印象付けるに十分な「い でたち」であった。

私もファッションに無頓着というわけでない。若い頃、「赤」に凝ったことが ある。そして、還暦前後にも意識して「赤」を身に着けた。「赤」は、「周囲から何 かを際立たせる場合、自分が目立とうとする場合、非日常的であることを示す場 合」などに用いられる。すなわち、人に注意を喚起させる信号となりうる。また、 明るく楽天的になるという理由もある。成瀬先生がこの色を好むのは、「井の中 の蛙」から中央に出て行って積極的に他流試合を行う気持ちが反映されているの かもしれない。

これから、成瀬先生の嗜好がどう変わっていくのか、楽しみではある。それで も、臨床に対する情熱、後進の先生方への教育熱、そして、リサーチマインドは 今後もブレないであろうが...

さて、私や小林 浩教授からは約20年若い先生である。柔らかな頭脳をもっ ておられることは、学会活動を通じてのみならず、本書に漂っている「雰囲気」 でお分かりであろう。しかも、時代の閉塞感を打ち破るために「何とかしなければ」 という強い意志も同時に感じ取れる。

出版に至った動機は、この「成瀬節」を、自施設に限らず、広く若い先生に聞 かせたいとの一心であったことは容易に想像される。さらに、「Next Step」を 読んでみると、指導者にも読んでほしいと書かれてあった。なるほど...

我々の世代からすれば、「手取り足取り」過ぎるきらいがないではないが、今 の時代にはおそらくすんなり受け入れられていくのであろう。

登場人物の宇野さらら先生。スタートラインに立つことはできた。あとは君 の頑張り次第だ。準備不足は言い訳にならないよ。

̶いや、分からないことがあれば、いつでも聞いてね̶

これが成瀬先生のスタンスである。


平成28年元旦 穏やかな新年を迎えて


松田 義雄

目次

Step 0 さあ、羽ばたこう!

学会や研究において若手医師のアクティビティが落ちている理由

何のために研究をするのか? 学会は何のために行くのか?

医師にとってのキャリアアップとは?

Step 1 学会デビュー!

初めての学会 とりあえず行くことにしたけれど・・・

何もかも初めて! どんな演題を聴けばいいの?

聴く演題を選ぼう

 聴く演題の選び方のポイント

発表の聴き方、質問の仕方 質問にも作法がある

発表をどう追っていけばいいの?

文献をメモしよう

 発表の聴き方のポイント

質問の仕方

 学会での質問のポイント

良い発表とは

懇親会に出よう 出会いとアイディアの宝庫!

懇親会はチャンス!

新しい出会い

 懇親会での振る舞い方のポイント

Step 2 初めての学会発表を準備する

症例報告の抄録を書く まず書き始めよう!

抄録を作ろう!

まずは伝えたいことを書いてみる

次は用語の修正から

正確な数値を記載する

文面も修正しよう

先行研究の検索

 症例報告の抄録作成のポイント

学会の会員にはなったほうがいい? 入会するメリットとは?

 学会員になるメリット・デメリット

Column 抄録を書いてからの学会までの過ごし方

Step 3 うまい発表をしたい! 準備が大事

PowerPointとスライドデザイン 変わったもの、変わらないもの

スライドのデザインをしてみよう

スライドにふさわしいフォントは?

"つかみ"のスライドは大胆に!

大事なスライドはしっかり時間をかけて作り込む!

 スライドの作り方のポイント

ポスターデザイン 1枚貼りは当たり前

大きなポスターの作り方

ポスターのサイズは?

ポスターのデザインプラン

 ポスターの作り方のポイント

学会発表予行演習 言ってもらえるうちが花!

想定質問を引き出す大事な機会

服装だって考えてみよう

 予行演習で得られること

Step 4 プレゼン力が"モノ"をいう

いざ発表! テンション上げて、顔上げて!

まずは身だしなみから!

プレゼンには存在感も含まれる

プレゼンテーションのスタイルを考える

 プレゼンテーションのポイント

質疑応答のコツ! 頭をフル回転! でも知ったかぶりは禁物

口演でよくある質問のパターン

座長からも質問はある

 質疑応答のポイント

発表後の懇親会は特に大事! 話せるネタがいっぱいあるぞ!

学会長に話かけてみよう!

他施設の先生もウェルカムの姿勢で

ポスター発表のコツ スライド口演との違いを知ろう

ポスター発表の時間は短い!

ポスターでは質問が残って質問できる

発表時には前を向く

 ポスター発表のポイント

Step 5 自分の研究を始める(研究スタートアップ編)

どのポジションで研究する? キャリアパスのデザインをしてみよう

大学院には行くべき?

 研究をするには

博士号は取るべき?

テーマはどうする? 何から始める? 楽しくできればそれがベスト!

何から始めたらいいのやら・・・

まずやってみる--ファストパスだって使ってみよう--

結果が出たら論文も意識する

では何から始める?

短期目標を設定しよう

 テーマの見つけ方のポイント

論文執筆の第一歩 どう踏み出す?

研究と同時進行する論文は英語で

「英借文」はもうできない時代

英語で論文を書くためには

 研究と同時進行に論文を書くポイント

Column 研究の出だしで悩む2つのポイント

Column 臨床統計に馴染もう

Step 6 医師としてのキャリアアップ

ライフプランを考えよう① 移籍

大津先生が移籍してきた理由とは?

 移籍がキャリアパスに与えるメリット

 移籍がキャリアパスに与えるデメリット

ライフプランを考えよう② 結婚

結婚生活、そして母親との両立

 結婚がキャリアパスに与える影響

ライフプランを考えよう③ 医局に残る、留学する

先輩の研究生活は?

 医局に残るメリット

 医局に残るデメリット

 医局に残る:どっちがいいの?

留学・結婚が研究にもたらす効果

 留学のメリット

 留学:デメリットも少し

 留学:どっちがいいの?

Column 私のキャリアパスはWinding road?

Column キャリアと選択

Column キャリア形成 ―研究医への道―

Next Step 筆者からのメッセージ

おわりに

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:26.3MB以上(インストール時:57.1MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:105.2MB以上

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:36.8MB以上(インストール時:92.0MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:147.2MB以上

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

書籍情報

  • ISBN:9784758317733
  • ページ数:168頁
  • 書籍発行日:2016年2月
  • 電子版発売日:2017年5月26日
  • 判:B5判
  • 種別:eBook版 → 詳細はこちら
  • 同時利用可能端末数:3

まだ投稿されていません

特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクについて、AndroidOSは今後一部製品から順次対応予定です。製品毎の対応/非対応は上の「便利機能」のアイコンをご確認下さいませ。


※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。


※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher(iOS/iPhoneOS/AndroidOS)が必要です。


※書籍の体裁そのままで表示しますため、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。