• M2PLUS
  • 臨床英文の正しい書き方改訂4版

臨床英文の正しい書き方改訂4版

羽白 清 (著)

金芳堂

  • ISBN : 9784765313650
  • ページ数 : 548頁
  • 書籍発行日 : 2008年12月
  • 電子版発売日 : 2012年6月7日
  • 判 : A5判
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥6,160 (税込)
ポイント : 112 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

初版から40年、改訂を重ねてさらに充実した定評のある臨床英文表現集。
医学英語習得の基本は語彙力にあるが、フレーズとして活用することが大切である。ぜひ本書を利用して英文表現の習熟にお役立て下さい。

■ 序文

第四版 まえがき


本書「臨床英文の正しい書き方」の初版は1968年6月に発刊されましたので,本年をもって40年が経過したことになります.多くの読者に支えられて改訂を重ねつつこのようなロングセラーとなり,著者冥利に尽きるとともに本書を利用していただいた皆様に心より感謝いたします.本書執筆のきっかけは,アメリカの病院における4年間の臨床研修で習得した“complete history andphysical”でした.卒業直後に叩き込まれた「患者の話をよく聞いて詳しく記録する」という習慣は,一生の宝となりました.

初版には,「英文でカルテを書くために」という副題をつけていました.当時わが国ではカルテ(診療録)の記載に英語を使用することは一般的ではなく,また英米の病院で通用する英文表現を記載した参考書もほとんどありませんでしたので,この「書き方」が広く受け入れられたものと思われます.初版の冒頭には「外国語でカルテを書くということ」という一文を記して,当時の思いを綴りました.その後の改訂版から削除していたこの部分を,今回の改訂に際して1章「1.英語で書く診療録」に復刻させていただきました.40数年前のレジデント時代の懐古趣味との批判もあるかと思いますが,その趣旨は今日なお通用すると考えますのでご一読ください.

7年前の改訂に際して,内容と構成を刷新して診療録記載に必要な語句と表現を充実させ,診察時英会話やイラストを加えて医療英語の和英表現集として活用しやすいようにしました.しかし日進月歩の医学に伴い新しい疾患概念,診断技術,治療法が出現している今日,診療録記載のための基本的な形式と用語に変わりはないものの疾患名や医学用語を最新のものにする改訂が望ましいと考えました.

具体的には,基本語句,例文,疾患名,略語を中心に全編に検討を加えて,訂正と追加を行ないました.基本的な医学用語に漏れのないように留意し,とくに新しい医療の展開を如実に反映する略語については,改訂前の略語集に比べて約3倍の語数を収録して充実させました.さらに英米の専門医制度,医療職,届出感染症,診断基準などについて新しい知見を追加しています.また本書の特徴の一つは,具体的な例文を多数示していることですが今回も新しい内容の例文を加えて,多彩な臨床の現場に対応できる和英表現集としました.なお医学用語の表記法は,原則としてわが国の規範とされる「日本医学会医学用語辞典,第3版,2007」に準拠しています.

臨床英文の現状は1960年代とは様変わりして,医学英語に関する書物と視聴覚教材は世に溢れています.この際40年の歴史を踏まえてオーソドックスなhistory and physicalの記述を保ちつつ,本書もCD―ROMという新しい媒体を備えた改訂版をお送りします.従来の索引に加えて専門用語や医療関係の表現を自由自在に検索できるCD―ROMの機能は,臨床英文活用表現集としての利便性をさらに高めることと確信しています.医学英語習得の基本は語彙力にあることはいうまでもありませんが,フレーズとして文章として活用することが大事です.昔からの読者も新しい読者も面目を一新した本書改訂版を利用して臨床における英文表現に習熟していただければ幸いです.

40年間にわたり本書の出版をご支援いただいた代々の金芳堂編集部の諸氏にあらためて感謝すると共に,とりわけ今回の改訂版の企画と刊行にご尽力いただいた金芳堂社長市井輝和氏と編集部村上裕子氏に心から謝意を表します.


2008年 10月

著者

■ 目次

1章 英文診療録

2章 診察時の英語表現

3章 病歴の書き方

4章 身体的所見の書き方

5章 要約・診断の書き方

6章 指示の書き方

7章 経過記録の書き方

8章 検査結果の書き方

9章 手術記録の書き方

10章 退院時抄録の書き方

■ 特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクについて、AndroidOSは今後一部製品から順次対応予定です。製品毎の対応/非対応は上の「便利機能」のアイコンをご確認下さいませ。


※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。


※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher(iOS/iPhoneOS/AndroidOS)が必要です。


※書籍の体裁そのままで表示しますため、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。


この商品を買った人はこんな商品も買っています

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:33.0MB以上(インストール時:71.7MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:75.8MB以上(インストール時:189.6MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません