病理診断を極める60のクルー

  • ページ数 : 176頁
  • 書籍発行日 : 2014年4月
  • 電子版発売日 : 2015年2月27日
¥8,800(税込)
m3.com 電子書籍ポイント: 160pt ( 2 %)
m3ポイント:1%相当 point-info
今すぐ立ち読み
今すぐ立ち読み

商品情報

内容

あなたの病理診断力を高める、実践に直結する珠玉の知識を集約!

教科書的な内容に加え、経験的に耳学問的に伝えられてきた事項・知っているときわめて有用な情報まで、実際の病理診断に役立つ知識を「診断クルー」「ピットフォール」「メモランダム」の3つのパートに分けて整理された一冊。
病理医のみならず、臨床医、研修医、医学生、コメディカルにもおすすめです。

序文

日本における病理学の流れをみると,1990 年代前半まではどちらかというと実験病理が主体で,surgical pathology(外科病理)は欧米に比べると劣っている感がありました.しかしながら,2000 年に入りその傾向も次第に変わり,診断病理が見直される時代になってきました.特に2008 年4 月に「病理診断科」が新しい標榜診療科の一つとして認められ,広告可能な標榜科名となったことにより,一般の方々にも"病理診断",そして"病理医"の重要性が認識されるようになってきました.

また,この10 年の間に若い病理医のみならずベテラン病理医のニーズに合うような病理診断に関するセミナーや講習会が,日本各地で開かれるようになってきました.

本書のもとになった内容は,ある雑誌の企画です.それは1990 年の後半に企画されたものです.当時,私はsurgical pathologist の育成にあたり,病理医が知っておくべき事項を臓器別に整理していました.そのうちに病理診断に直結する所見という観点から病理診断を見直してみる必要性を感じるようになりました.外科病理の診断には膨大な知識と経験が必要とされますが,疾患によっては診断のポイントとなる所見を知っていれば比較的容易に診断に到達できることがあります.このポイントとなるのが診断クルー(diagnostic clue)と呼ばれるもので,いわゆる診断の手がかりとなる所見です.そこで,これまで経験した症例を様々な方向から検討し,できるだけ診断に役立つという観点で,「知っていると役立つ外科病理の診断クルー」という連載を始めました.

その連載は,2000 年7 月から2004 年9 月までの50 回にわたり続きました.この本のベースとなる内容の多くはその連載にありますが,連載終了から10 年近くが経過しており,内容的にも変更が必要な項目もあったため,今回書籍化にあたり形式も一新し,大幅に加筆・修正しました.また,ピットフォールやメモランダムの項目を新しく設けて,より実践的な内容にまとめました.病理を学び始めたばかりの医師のみならず,病理専門医を目指している方,すでに病理専門医を取得している方にとっても有用な内容が盛り込まれています.

本のタイトルを「病理診断を究める60 のクルー」とせずに,あえて「極める」という漢字を使用したのには理由があります.それは,病理医が自ら身に付けた熟練した診断技術によって病理診断が下されるという職人的なニュアンスを伝えたかったからです.

雑誌での連載開始から14 年近くの歳月を経てようやく本書を出版することができましたが,その間には数多くの苦労がありました.本書の出版を快く引き受けてくれた金芳堂には深謝致します.特に,編集に直接携わってくださった金芳堂の黒澤健さんの協力と叱咤激励がなければ本書は生まれなかったといっても過言ではありません.また,埼玉医科大学・病理学,埼玉医科大学病院・病理診断科および埼玉医科大学国際医療センター・病理診断科の皆さんの協力にも感謝致します.

なお,本書の執筆者に関しては各項目2 名までとし,最終原稿に携わったものを執筆者としています.このため,雑誌での連載時の執筆者が必ずしも本書の執筆者となっていないことがあるかもしれませんが,ご容赦いただきたいと思います.

この本を手元において何度も辞書のように活用することにより,読者の皆さんは新しい診断病理の世界を目の当たりにすることができるものと信じています.この本により診断病理に関する読者の理解がさらに深まれば幸いです.そして,病理医のみならず,臨床医,研修医,医学生,コ・メディカルの方々にも本書が愛読されることを願ってやみません.


2014年4月

清水 道生

目次

診断クルー&ピットフォール

Clue 1 嚢腫壁は顆粒層を欠き,腔内に好酸性・無構造物質を容れる嚢胞

Clue 2 炎状構造(好酸球に囲まれた変性膠原線維束)

Clue 3 いわゆる汚い指

Clue 4 著明な形質細胞浸潤がみられる乳頭状突起

Clue 5 淡紅色の無構造物質(Kamino小体)

Clue 6 腫瘍胞巣辺縁部における核の柵状配列と裂隙形成

Clue 7 墓石様外観

Clue 8 (異型リンパ球の)基底層に沿った真珠の首飾り様の分布

Clue 9 明瞭な花むしろ状増殖と蜂巣状外観

Clue 10 脂肪性腫瘍におけるフィブリン血栓

Clue 11 不規則な形状を示す骨梁

Clue 12 神経節細胞類似の大型細胞

Clue 13 裂隙様腔

Clue 14 エンペリポレーシスを伴う泡沫状組織球

Clue 15 線維粘液性腫瘍における巨大膠原ロゼット

Pitfall 1 Pagetoid spreadを呈する皮膚腫瘍

Clue 16 ケロイド様の線維化に伴う乳管周囲のリンパ球浸潤

Clue 17 良性の乳管周囲を同心円状に取り巻く小型腫瘍細胞

Clue 18 ローゼンタール線維(棍棒状の好酸性無構造物)

Clue 19 特異グリア神経細胞要素(乏突起膠細胞に似た腫瘍細胞と粘液に浮かぶ神経細胞から成る結節状の組織構築)

Clue 20 甲状腺濾胞組織における核内細胞質封入体(偽封入体)

Clue 21 濾胞性腫瘍における被膜を貫通するキノコ状の腫瘍突出像

Clue 22 好酸性骨髄球を伴う小円形細胞性腫瘍

Clue 23 骨梁を取り囲むリンパ腫様細胞の帯状浸潤

Clue 24 リンパ節における淡明細胞

Clue 25 リンパ節における星芒状肉芽腫

Clue 26 リンパ腺小体

Clue 27 リンパ節における好中球を伴わない核破砕物

Clue 28 免疫組織化学にて濾胞間にB細胞のびまん性シート状の増殖

Clue 29 胚中心における核片貪食マクロファージの欠如

Pitfall 2 小円形細胞腫瘍

Clue 30 唾液腺腫瘍における形質細胞様細胞

Clue 31 粘液球・硝子球(穿刺吸引細胞診)

Clue 32 唾液腺腫瘍にみられる空胞細胞

Clue 33 胸膜弯入

Clue 34 間質性肺炎における多数の線維芽細胞巣

Clue 35 星芒状の線維性結節

Clue 36 つぶれたピンポン玉様の微生物

Clue 37 食道生検における上皮内好酸球浸潤

Clue 38 食道生検における粘膜表層の小乳頭状突出像

Pitfall 3 偽癌性過形成

Clue 39 胃における著明なlymphoepithelial lesion

Clue 40 腺管内壊死性物質

Clue 41 胃生検でみられる不整な癒合(WHYX状)腺管

Clue 42 虫垂内腔の閉塞所見

Clue 43 大腸生検における上皮直下のコラーゲン層の肥厚

Clue 44 フィブリン様・硝子様間質にみられる萎縮した陰窩

Clue 45 表層上皮の壊死・壊死物質の噴火口状放出像

Clue 46 結腸・直腸の陰窩上皮にみられるアポトーシス

Pitfall 4 印環細胞癌を模倣する組織像

Clue 47 1つ1つの肝細胞を取り囲むような線維化

Clue 48 細胞質空胞

Clue 49 移植肝における静脈内皮下リンパ球浸潤に伴う内皮細胞の内腔側への挙上(静脈の血管内皮炎)

Clue 50 苺(イチゴ)胆嚢

Clue 51 膵臓における中心性星芒状瘢痕を伴う蜂巣状の割面像

Clue 52 卵巣様間質

Clue 53 好酸性で顆粒状の細胞質内に,同心円状の封入体を有する組織球の集簇

Clue 54 いわゆる剥離性膀胱炎

Clue 55 腎腫瘍におけるコイロサイトーシス様の細胞所見

Clue 56 前立腺の腺腔内にみられるクリスタロイド

Clue 57 卵巣腫瘍におけるスリット状の腺腔様空隙

Clue 58 子宮内膜症性嚢胞にみられる異型上皮

Clue 59 卵巣腫瘍でみられる甲状腺組織

Clue 60 脱落膜内における中間型栄養膜細胞(複数の切れ込みを有する核)

Pitfall 5 頸部リンパ節の術中迅速診断

メモランダム

1 真皮内にみられるcystの鑑別診断

2 Eosinophilic spongiosisを示す皮膚疾患

3 Interstitial eosinophilsを示す皮膚疾患

4 皮膚線維腫,隆起性皮膚線維肉腫,異型線維黄色腫,未分化多形肉腫の組織学的鑑別

5 形質細胞浸潤を伴う皮膚疾患

6 形質細胞浸潤がみられる皮膚腫瘍

7 先天性母斑細胞母斑を示唆する3つの所見

8 後天性母斑細胞母斑:Ackermanの組織構築(シルエット)による分類

9 スピッツ母斑と悪性黒色腫の組織学的鑑別点

10 基底細胞癌の組織亜型

11 墓石様外観を呈する皮膚疾患

12 尋常性天疱瘡の鑑別診断

13 痛みが参考となる皮膚疾患

14 角層内に好中球浸潤を認めた際の鑑別診断

15 炎症性皮膚疾患の生検標本で臨床診断と病理診断が合致しない場合に考慮すべきこと

16 花むしろ状パターンを呈する皮膚・骨軟部腫瘍

17 腱鞘線維腫と鑑別すべき疾患

18 線維腫の名称がつく主な疾患とその特徴

19 小円形細胞性腫瘍の特徴的な組織細胞所見

20 痛みを伴う軟部腫瘍

21 Ganglion cellsやganglion-like cellsが認められる疾患

22 結節性筋膜炎,増殖性筋膜炎および増殖性筋炎の鑑別

23 結節性筋膜炎の特殊型・類縁疾患

24 神経節神経腫と神経節を巻き込んだ神経線維腫との鑑別

25 浸潤性小葉癌と硬癌の線状配列

26 浸潤性小葉癌の組織亜型

27 種々のロゼット構造

28 ローゼンタール線維を認める病変

29 好発年齢からみた代表的脳腫瘍とその好発部位

30 Oligodendroglia-like cellからなる脳腫瘍の鑑別診断

31 甲状腺腫瘍における核内細胞質封入体の同定基準

32 すりガラス状核

33 甲状腺被包型濾胞性病変の病理診断におけるサンプリングのフローチャート

34 壊死を伴うリンパ節病変とその鑑別ポイント

35 B細胞性リンパ腫におけるCD5あるいはCD43 のcoexpression

36 濾胞性リンパ腫のgradingおよびreporting of pattern

37 濾胞の反応性過形成と濾胞性リンパ腫の鑑別点

38 免疫組織化学におけるlight chain restrictionの判定

39 結節様構造を呈する悪性リンパ腫

40 びまん性大細胞型B細胞リンパ腫におけるGCB typeとnon-GCB typeの鑑別アルゴリズム

41 悪性リンパ腫:1%の法則

42 多数の形質細胞を伴う濾胞の反応性過形成病変:リンパ節における鑑別疾患

43 筋上皮細胞の形態変化およびその免疫組織化学

44 腺様嚢胞癌の組織亜型

45 特発性間質性肺炎の分類

46 通常型間質性肺炎と非特異型間質性肺炎の鑑別表

47 逆流性食道炎の病理組織所見

48 胃のMALTリンパ腫における除菌前後の生検組織評価

49 消化管上皮性腫瘍におけるウィーン分類

50 コラーゲン大腸炎の主要な鑑別診断

51 偽膜の形成を呈する主要な腸病変

52 消化管でアポトーシスを認める病態・疾患

53 消化管生検における急性移植片対宿主病のgrading system

54 大腸生検(非腫瘍性内科的疾患)における病理診断プロセス

55 実践的な大腸炎の組織学的分類

56 潰瘍性大腸炎の活動度:Mattsの生検組織分類

57 Gastrointestinal stromal tumor(GIST)のリスク分類

58 Pericellular and perivenular fibrosisを示す肝疾患

59 好中球浸潤を認める主な肝疾患

60 急性拒絶反応のBanff基準(肝移植)

61 門脈域に好酸球を認める疾患

62 胆嚢良性ポリープの肉眼的鑑別

63 膵臓の漿液性腫瘍:その分類の変遷

64 膵臓の粘液性嚢胞腫瘍と膵管内乳頭粘液性腫瘍の臨床病理学的相違点

65 膵管内乳頭粘液性腫瘍:その亜型と病理学的特徴

66 膵管内乳頭粘液性腫瘍:gastric typeとintestinal typeの鑑別点

67 細胞質が顆粒状を呈する腎腫瘍

68 肉腫様増殖を示す腎臓の上皮性腫瘍

69 栄養膜細胞の形態学的特徴

70 卵巣の卵胞性嚢胞

71 卵巣の黄体嚢胞

72 播種性血管内凝固症候群の剖検症例でフィブリン血栓を認めやすい臓器

73 核内細胞質封入体がみられる主な腫瘍

74 Chicken wire pattern を呈する疾患

75 真珠腫でみられる3つの成分

76 奇形腫を診断する際のチェックポイント

77 割面にて出血・壊死が目立つ腫瘍

78 術中迅速診断の手術室(執刀医)への返事の仕方

79 日常の病理診断における大きさ,細胞数の同定(簡便法)

80 "断端"について:margin vs. stump

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:76.4MB以上(インストール時:166.0MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:305.6MB以上

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:67.1MB以上(インストール時:167.8MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:268.4MB以上

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、m3.com電子書籍アプリが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

書籍情報

  • ISBN:9784765316057
  • ページ数:176頁
  • 書籍発行日:2014年4月
  • 電子版発売日:2015年2月27日
  • 判:B5判
  • 種別:eBook版 → 詳細はこちら
  • 同時利用可能端末数:3

まだ投稿されていません

特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクについて、AndroidOSは今後一部製品から順次対応予定です。製品毎の対応/非対応は上の「便利機能」のアイコンをご確認下さいませ。


※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。


※コンテンツの使用にあたり、m3.com 電子書籍(iOS/iPhoneOS/AndroidOS)が必要です。


※書籍の体裁そのままで表示しますため、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。