• M2PLUS
  • 臨床が変わる! 画像・病理対比へのいざない「肝臓」

臨床が変わる! 画像・病理対比へのいざない「肝臓」

  • ISBN : 9784765318105
  • ページ数 : 260頁
  • 書籍発行日 : 2020年3月
  • 電子版発売日 : 2020年3月13日
  • 判 : B5判
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥5,720 (税込)
ポイント : 312 pt (6%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

多くの知識と経験を積んだスタッフが集結し、20年超に及ぶ臨床症例をもとに、画像と病理の対比を試みたテキストブック!
単なる診断名の当てっこだけでない、所見と診断名の照合で終わらせず、病変の拡がりや進展度、組織型や予後まで推測し、疾患の本態に迫ることこそが画像診断の本質である。様々な病理組織、臨床画像を見ながら、病理医と直接ディスカッションしている気分を味わおう。本書を読み終えたら、あなたの診断力も向上しているはず。深みのある診断学を身につけよう。

■ 序文

監修のことば

本書は札幌厚生病院の医療スタッフと道内有志での勉強会「腹部画像研究会」で扱った20年超に及ぶ臨床症例をもとに、画像と病理の対比を試みたテキストブックです。

以前よりteaching fileを後進に残したいという願望を抱いておりましたが、多忙を言い訳に実現していませんでした。この度、病理医の市原真先生のお力添えで、本書『臨床が変わる画像・病理対比へのいざない「肝臓」』が刊行されるに至り、小生の怠慢を補っていただいた形となり、感謝に堪えません。

本書は市原節とでも言うべき口語調で記されていますが、ライトな文体に騙されてはいけません。組織像の裏付けがあり実は重厚な内容が秘められています。p>

「画像と病理の対比」と言えば、その先駆けは何といっても「胃癌の診断学」です。胃の二重造影や内視鏡の精緻な画像と病理所見の対比による診断学は日本が世界に誇れる秀逸ものでした。小生が医者になった頃は、それが集大成された時期であり、多くの読影会では先達が熱いディスカッションを交わしておりました。そこで学んだことは単なる診断名の当てっこではいけないということ。所見と診断名の照合で終わらず、病変の拡がりや進展度、さらには組織型や予後まで推測し、疾患の本態に迫ることこそが画像診断の本質であるという強いメッセージでした。

その後、肝胆膵の診断学は消化管の業績に倣い、超音波やCT、MRIなどを駆使して後追いをしていく訳ですが、小生はその魅力に取り憑かれた一人でした。「腹部画像研究会」も深みのある診断学を身につけたい、そんな動機で始めたものです。

本書の筆頭著者、市原君は札幌厚生病院に赴任して間もなく、小生の意に賛同してこの勉強会に参加してくれるようになりました。はからずも病理の解説が加わることになり、勉強会の質が格段に向上したのは言うまでもありません。そんな彼が中心となって本書は企画されました。画像は消化器内科の症例を中心に小生や同僚の医師、放射線技術部門のスタッフがかき集めたものですが、病理の解説はほぼ市原医師一人の手によるものです。

病変は実に様々な形態で「結果」を示します。しかし,その裏にはなぜそのような画像になるのか「原因(わけ)」があります。本書ではぜひその「わけ」のほうを推測する深みを学び取ってほしいと思っています。

「ライトな言葉」で「重厚」を学ぶ、という本書の果敢な試みを汲み取っていただきながら読み進んでください。皆さまの診断力向上のお役に立ったとすれば望外の喜びです。

編集に明け暮れた2019年の流行語大賞そのままに、本書は同志たちの力の結集でできた「One teamの書」です。共著者はもちろん、画像の編集に多大な労力を割いてくれた技師達、定例会で活発なディスカッションを展開してくださった参加者諸兄、辛抱強く編集に携わってくださった藤森さんをはじめ、金芳堂のスタッフの方々、多くの皆さまに心から感謝の意を表して、稿を終えたいと思います。ありがとう。


2020年1月

大村 卓味

■ 目次

はじめに 直感で「検査」をしていたあなたへ

1.HCCはなぜHCCぽく見える?

2.腹部画像研究会

CHAPTER1 シェーマで学ぼう肝細胞癌

1.シェーマで学ぼう肝細胞癌

2.HCCの多段階発癌

3.肉眼形態はとても大事

4.HCCの造影理論

CHAPTER2 病理に出づらい血管腫

1.リアス式マージナルストロング

2.血液プールのサイズはさまざま

CHAPTER3 転移性肝癌の「当たり前」と「盲点」

1.知られざる壊死の世界

2.転移巣は原発巣に似る

CHAPTER4 対比のための基礎理論

1.音響工学の基礎

2.知って得する"アーチファクト"のいろいろ

3.装置の設定、選別、プリセットについて

4.脂肪=高エコー?

5.造影超音波と造影CT/MRIが合わないのはなぜ?

CHAPTER5 腹部画像研究会、見参(ありふれた病変のありふれていない所見)

1.ちょっとヘンな肝細胞癌

2.ちょっとヘンな血管腫

3.ちょっとヘンな転移

4.転移かどうか悩ましい小結節

CHAPTER6 腹部画像研究会、奮闘(レアな病変を渾身対比)

1.肝内胆管癌(intrahepatic cholangiocarcinoma:ICC)

2.細胆管細胞癌(cholangiolocellular carcinoma:CoCC)

3.限局性結節性過形成(focal nodular hyperplasia:FNH)

4.肝細胞腺腫(hepatocellular adenoma:HCA)

5.血管筋脂肪腫(angiomyolipoma:AML)

6.いわゆる炎症性偽腫瘍(inflammatory pseudotumor:IPT)

7.類洞拡張症

8.エキノコックス

■ 特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクについて、AndroidOSは今後一部製品から順次対応予定です。製品毎の対応/非対応は上の「便利機能」のアイコンをご確認下さいませ。


※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。


※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher(iOS/iPhoneOS/AndroidOS)が必要です。


※書籍の体裁そのままで表示しますため、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。


この商品を買った人はこんな商品も買っています

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:122.9MB以上(インストール時:249.3MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:122.9MB以上(インストール時:249.3MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません