• M2PLUS
  • こんな対応はNG! 非専門医のためのリウマチ・膠原病診療

こんな対応はNG! 非専門医のためのリウマチ・膠原病診療

  • ISBN : 9784765318273
  • ページ数 : 207頁
  • 書籍発行日 : 2020年4月
  • 電子版発売日 : 2020年4月8日
  • 判 : A5判
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥4,400 (税込)
ポイント : 80 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

こんな対応になっていませんか?リウマチ・膠原病診療のNG事例! 非専門医を対象に、診療時の適切な対応や専門医への紹介のタイミングなどについて、NG事例をもとに必要ポイントを解説した一冊。古い知識や経験則に基づいて行われる不適切な診療の結果として、患者が不利益を被った状態で専門医に紹介されてくるケースが頻繁にあります。こうした現状を打開するための正しい対応例を伝授します!

■ 序文

はじめに

この度、縁あって『こんな対応NG!非専門医のためのリウマチ膠原病診療』出版の機会をいただき、大変光栄に思っております。

埼玉県は「日本一の医療過疎県」であり、現在に至るまで長らく、人口当たりの医師数が全国最下位の状態が続いています。同時にリウマチ膠原病内科医も埼玉県は人口を考えれば非常に不足しております。私が普段診療に携わっている埼玉北西部においては、数十万人規模の地域において、広範囲に渡りリウマチ膠原病内科医の常勤医が不在となっているのが実情です。

私はかつて、ゼリーフライ、忍城、さきたま古墳群で有名な行田市でリウマチ膠原病の専門外来を行っていました。行田市も近隣都市を含めて常勤のリウマチ膠原病内科医が不在であり、大学病院も遠方であることから、リウマチ膠原病診療を行うにあたっては厳しい環境でした。そして、リウマチ膠原病内科医が不足している環境から、非専門医の方々の役割が非常に大きいことを実感しました。しかし、リウマチ膠原病という専門性の高さから、対応に戸惑われた非専門医の方々が多かった印象でした。私も専門外の内容についての対応の難しさは理解しておりますし、決して責められることではありません。しかし、やはり患者さんの不利益になることは避けなければならず、そのために非専門医の方々がどうあるべきかを考えるようになりました。

近年、関節リウマチは治療の進歩により、疼痛や変形を来すことなく生活出来るまでに改善することが期待出来るまでに至っています。関節リウマチ以外の膠原病も診断や治療は着実に進歩し、生命予後やQuality of Lifeも改善してきています。しかし、それはあくまで最初から最後まで理想的な診療が行われることが前提であり、専門医が不足している現状から、真の意味での理想的なリウマチ膠原病診療の実現は十分出来ていないことがあります。

「医療は進歩しても普及しなければ意味がない」と私は日頃から感じています。留学から帰国した後は、行田市の隣町で、大都市でありながらリウマチ膠原病専門医不足が深刻な熊谷市と、山に囲まれた都市であり、医療過疎が課題となっている秩父市で外来を行い、非専門医におけるリウマチ膠原病診療のあり方を模索していき、本書が完成いたしました。本書により非専門医の方が適切にリウマチ膠原病患者さんと向き合い、一人でも多くの方を救うことが出来れば心から喜ばしく思います。

また、本書を監修いただきました三村俊英先生を始め、埼玉医科大学リウマチ膠原病科の医局員の方々には正しいリウマチ膠原病診療についてご指導いただき、それに基づいて多くの経験を積むことが出来た結果、本書が実現したものと思っております。

この場を借りまして厚く御礼を申し上げます。

令和2年3月吉日

埼玉医科大学リウマチ膠原病科
和田琢

■ 目次

その1 リウマチ膠原病に対する考え方と初期対応のNG

NG1 関節リウマチは関節破壊を進行させては×!

NG2 関節リウマチは痛みを抑えるだけでは×!

NG3 関節が痛い=関節リウマチによる関節炎と決めては×!

NG4 副腎皮質ステロイドは全ての膠原病の治療薬と考えるのは×!

NG5 リウマチ膠原病を疑ったら「とりあえずステロイド」は×!

NG6 感染症と悪性腫瘍の精査を行う前に強力な免疫抑制療法を施行しては×!

NG7 B型肝炎ウイルス感染を確認せずに免疫抑制療法は×!

NG8 潜在性結核の有無を確認せずに免疫抑制療法は×!

NG9 専門外だからという理由で診療拒否は×!

NG10 免疫抑制薬投与中に悪性腫瘍が見つかった場合は専門医に報告しないのは×!

その2 血液検査、画像検査の解釈のNG

NG11 関節リウマチを血液検査だけで診断しては×!

NG12 レントゲンで異常がなくても関節リウマチを否定しては×!

NG13 炎症反応が正常だから関節炎がないと言っては×!

NG14 膠原病の診断は抗核抗体や自己抗体が全てと考えては×!

NG15 自己抗体の抗体価が高い=必ず活動性が高いと考えるのは×!

その3 関節リウマチ診療のNG

NG16 関節が痛い=炎症が残っていると決めつけては×!

NG17 禁忌事項を確認せずにメトトレキサート投与は×!

NG18 専門医と相談せずに生物学的製剤治療は×!

NG19 関節リウマチに対して副腎皮質ステロイドを漫然と長期間使用するのは×!

NG20 関節リウマチに対してレントゲンのフォローを行わないのは×!

NG21 本人の希望を無視して治療を行うのは×!

NG22 リウマチ性多発筋痛症の診断を安易に行っては×!

NG23 高齢者の関節リウマチは若年者と同様に考えては×!

その4 副腎皮質ステロイド治療のNG

NG24 骨粗鬆症対策を行わないのは×!

NG25 血糖値は「食前」だけで評価しては×!

NG26 低用量を目指して減量しなければ×!

NG27 一律にプレドニゾロン換算5mg/日ずつ減量するのは×!

■ 特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクについて、AndroidOSは今後一部製品から順次対応予定です。製品毎の対応/非対応は上の「便利機能」のアイコンをご確認下さいませ。


※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。


※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher(iOS/iPhoneOS/AndroidOS)が必要です。


※書籍の体裁そのままで表示しますため、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。


対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:31.5MB以上(インストール時:66.6MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:31.5MB以上(インストール時:66.6MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません