• M2PLUS
  • 日本における脊椎麻酔死改訂第2版

日本における脊椎麻酔死改訂第2版

松木 明知 (著)

克誠堂出版

  • ISBN : 9784771902350
  • ページ数 : 204頁
  • 書籍発行日 : 2001年7月
  • 電子版発売日 : 2012年2月18日
  • 判 : A5判
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥3,300 (税込)
ポイント : 60 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

書籍としては絶版となっています「日本における脊椎麻酔死改訂第2版」が電子書籍として復刻いたしました!麻酔科医のみならず,外科系医師の皆様にもお読みいただきたい1冊です。

■ 序文

改訂第2版 はじめに


1999年(平成11)12月に第1版を上梓したが,幸い少なくない読者を得た。これらの読者から誤植などの御指摘を戴いて,半年後の2000年7月に訂正版を出版した。しかし著者として改めて覚めた目で読むと,所々に誤解を招くような表現や分かりにくい個所があることに気づいた。本書の内容が深刻であるが故に,あくまでも正確を期さなければならない。誤解されると大変な事態を招くからである。このため改訂版を発行することにした。

2000年(平成12)から2001年(平成13)にかけての世界中の脊椎麻酔に関する知見を追加し,併せて第6(章)の「若年者の麻酔高異常上昇のメカニズムに対する仮説」にMRIの写真8葉を追加して,より理解が得られやすくした。この8葉の写真は函館市で開業されている教室出身の山谷隆二博士から提供されたもので,山谷博士に深甚の謝意を表する。なお1の「脊椎麻酔の歴史」の1)~7)は以前執筆したため,文献の終頁を示していない。御了承願いたい。

2001年(平成13)初頭,東京の某テレビ局から問い合わせがあり,「最近の医療事故多発にも拘わらず,従来多発していた脊椎麻酔の事故が発生しても当然と考えられるのに,それが全く報告されないのは不可解な事象と考えられており,本書の出版と何か関係があるか」と尋ねられた。著者はもちろん「分からない」と答えたが,もし本書が少しでも脊椎麻酔事故の予防に貢献しているのであれば,これに優る喜びはない。麻酔科医のみならず,外科系医師の熟読をお願いする次第である。


2001年 4月28日

松木 明知

■ 目次

1.脊椎麻酔の歴史

1)脊椎麻酔小史

2)1901年(明治34)~1907年(明治40)

3)1908年(明治41)~1912年(明治45)

4)1912年(大正元)~1926年(大正15)

5)1926年(昭和元)~1935年(昭和10)

6)1936年(昭和11)~1945年(昭和20)

7)1946年(昭和21)~1988年(昭和63)

8)1989年(平成元)~2001年(平成13)

2.欧米における脊椎麻酔死

3.日本における脊椎麻酔死とその対策

1)1926年(昭和元)~1945年(昭和20)

2)1946年(昭和21)~1955年(昭和30)

3)1956年(昭和31)~1965年(昭和40)

4)1966年(昭和41)~1975年(昭和50)

5)1976年(昭和51)~1985年(昭和60)

6)1986年(昭和61)~2001年(平成13)

4.医事訴訟に現れた脊椎麻酔死

5.若年者の脊椎麻酔と麻酔高の異常上昇

6.若年者の麻酔高異常上昇のメカニズムに対する仮説

7.全脊椎麻酔時の循環動態

おわりに

索引

■ 特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクについて、AndroidOSは今後一部製品から順次対応予定です。製品毎の対応/非対応は上の「便利機能」のアイコンをご確認下さいませ。


※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。


※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher(iOS/iPhoneOS/AndroidOS)が必要です。


※書籍の体裁そのままで表示しますため、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。


この商品を買った人はこんな商品も買っています

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:163.5MB以上(インストール時:355.6MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:38.8MB以上(インストール時:97.0MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません