• M2PLUS
  • 呼吸器感染症―病態から考える画像診断

呼吸器感染症―病態から考える画像診断

  • ISBN : 9784771904583
  • ページ数 : 132頁
  • 書籍発行日 : 2016年4月
  • 電子版発売日 : 2018年11月16日
  • 判 : B5判
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥6,160 (税込)
ポイント : 112 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

呼吸器感染症の病態,画像の背景を理解し診断するために役立つ書。写真も満載。

感染症の画像を病原体の側からのみではなく宿主反応性の側からもみないと感染症の画像所見を理解したことにならない。雑誌『日本胸部臨床』人気画像連載,待望の単行本化。

■ 序文

感染症は,病原体の増殖能,組織障害性と病原体に対する宿主の組織反応のバランスの上に成り立つダイナミックな病態である。感染症の画像所見は多彩であり,画像所見に多くのバリエーションが多くみられるが,その所見は病原体と宿主のダイナミックな関係をいくつかは反映しているに違いない。

感染症の画像診断は,感染症の病態を理解する有力な方法であり,画像診断からできる限り病態に関する情報を引き出す努力を行わなければならない。このためには,感染症の画像を病原体の側からのみではなく宿主反応性の側からもみないと感染症の画像所見を理解したことにならない。特に組織障害性の弱い弱毒菌感染症では病態(炎症性病変の強さ)は宿主反応性が決めることになる。このようなアプローチがなければ,aspergillus感染症などの病態すなわち画像所見の多彩さは理解できない。弱毒菌感染症は,当然のことながら免疫不全状態の患者に起きやすいが,免疫不全状態とはいえ宿主反応がゼロということはあり得ない。HIV感染症の患者でもアレルギー反応は起こり得る。逆に自己免疫疾患のように外来の病原体や内因性物質に対する反応性が亢進している患者では,感染症の病態がenhanceされ,感染症の病態が予測される形とは違った形で起きてくる可能性があることは当然予測される。とはいえ,感染症にみられる多彩な免疫機構の変化やサイトカインの多様な動きが,どのように画像所見に現れるかを完全に理解することは難しく,また表現型としての画像所見には非特異的なものも多い。

しかし,このような考え方で感染症を詳細に検討してゆけば,現在非特異的といわれている所見が,いつか病態上何らかの意味を持つ所見として評価可能かもしれない。そのような将来を夢見つつ,本書を編集した。若い読者諸氏には,画像診断においても感染症の病態,画像の背後にあるプロセスを想定しつつ読影にあたっていただきたい。


埼玉医科大学国際医療センター画像診断科
酒井 文和

■ 目次

1 細菌感染症(市中肺炎)

2 細菌感染症(院内肺炎)

3 マイコプラズマ,クラミジア

4 ニューモシスチス肺炎,サイトメガロウイルス肺炎

5 呼吸器ウイルス

6 肺アスペルギルス症

7 クリプトコックス感染症

8 結核

9 結核

10 非結核性抗酸菌症―肺MAC症について

11 ムーコルなどの糸状菌感染症

12 肺寄生虫疾患の画像所見

13 免疫不全患者における呼吸器感染症の画像的特徴

14 肺感染症の画像診断―あれこれ

■ 特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクについて、AndroidOSは今後一部製品から順次対応予定です。製品毎の対応/非対応は上の「便利機能」のアイコンをご確認下さいませ。


※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。


※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher(iOS/iPhoneOS/AndroidOS)が必要です。


※書籍の体裁そのままで表示しますため、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。


対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:101.5MB以上(インストール時:220.8MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:39.5MB以上(インストール時:98.7MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません