• M2PLUS
  • 画像診断 2014年臨時増刊号(Vol.34 No.4) 放射線科医が診断すべき日常診療で迷う症例

画像診断 2014年臨時増刊号(Vol.34 No.4) 放射線科医が診断すべき日常診療で迷う症例

画像診断実行編集委員会 (監修) / 櫛橋 民生 (編)

学研メディカル秀潤社

  • ISBN : 9784780908879
  • ページ数 : 256頁
  • 書籍発行日 : 2014年2月
  • 電子版発売日 : 2016年6月3日
  • 判 : B5判
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥5,500 (税込)
ポイント : 100 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

本特集は全画像即時読影を続ける若手放射線科医の声をもとに企画されたものであり,日常診療で比較的ありうるが鑑別に迷う,また診断を誤ると治療方針・経過に大きな影響を与える疾患を全身の部位やモダリティから,多彩なアプローチでとりあげました.専門医の知識のリフレッシュメントに,また若手医師の日常読影でのガイドとなる1冊です.

■ 序文

序文

本書は,2013年2月に開催した日本医学放射線学会関東地方会セミナーの内容を基に,「放射線科医が診断すべき日常診療で迷う症例」としてまとめさせていただきました.

テーマとしては疾患や部位およびモダリティに特化したものと異なり,一見まとめやすいようで焦点の絞り難い内容となり,各演者や執筆者にはご苦労をおかけしたと思っています.しかし,かなりの数の参加者があり,若手放射線科医には何か訴えるものがあったと思い,嬉しくもあります.

今回のテーマは,全画像即時読影を続けている当方の若手放射線科医の意見や希望から考え出したものです.常々話していますが,珍しくて難しい疾患やsyndromeを時間をかけて調べ診断する,たまの大ホームランも大事です.しかし,日常比較的ありうる疾患でも,非特異的であったりして,間違えると,その後の治療法や経過に大きく影響をしうるものを正しく診断することの重要性を日々教育している立場から,あえてこのテーマに決定しました.

焦点が絞り難い分,各先生は苦労されたようですが,さすが各分野のsubspecialtyの先生方,うまくまとめたと感心せざるをえません.またテーマの絞り方にバラつきがあったため,各部位の発表が変化に富んでおり,楽しかったことも喜ばしい限りです.当然すべてをカバーできるわけもありませんが,知識や経験の使い方に好影響を与える,役立つ内容でありました.いつかどこかの診断時に,関東地方会セミナーに出席しておいてよかったなと思う時が少なからずあるはずです.知識のリフレッシュメントは誰も強制してくれませんので,自身で生涯続けていくことが重要ですが,関東地方会セミナーはその役割を十分に担っています.

ご執筆いただいた各先生の知識とご尽力,およびこのような機会を与えて下さった福田国彦先生に深く感謝いたします.


2014年1月

昭和大学横浜市北部病院放射線科
櫛橋 民生

■ 目次

第1章 小児

頭部・頭頸部・骨軟部

1 頭部

2 頭頸部

3 骨軟部

躯幹部

1 胸部

2 腹部

第2章 単純X線写真と症候群

1 神経線維腫症1型(NF-1)

2 Langerhans細胞組織球症(LCH)

3 結節性硬化症(TSC)

4 Klippel-Trenaunay-Weber症候群

5 POEMS症候群

6 Poland症候群

7 nail-patella症候群

8 肝肺症候群(hepatopulmonary syndrome)

第3章 核医学

1 右左シャント

2 副腎集積の左右差

3 MIBG腫瘍シンチグラフィの異常集積

4 心交感神経シンチグラフィの定量指標

5 腰椎転移

6 腎動態シンチグラフィの腎実質所見

第4章 骨軟部

1 良性骨腫瘍あるいは腫瘍類似病変

2 軟部腫瘍あるいは腫瘍類似病変

3 椎体のModic type 1変性

第5章 中枢神経

1 迷う原因その①:臨床情報への過剰依存

2 迷う原因その②:画像所見が類似している

3 迷う原因その③:画像が治療による修飾を受けている

第6章 頭頸部

1 確定診断あるいは鑑別診断が重要な症例

2 原因の特定が重要な症例

3 病変の性状評価が重要な症例

4 全身性疾患の示唆が重要な症例

5 手術や治療の際に必要な情報を提供できる症例

第7章 肺

1 総論

2 小葉中心性分布

3 リンパ行性分布

4 ランダム分布

第8章 縦隔

1 縦隔腫瘤の画像診断が行われる契機

2 縦隔腫瘤診断のための縦隔の解剖学的区分

3 縦隔上部の腫瘤の鑑別診断

4 前縦隔腫瘤の鑑別診断

5 中縦隔腫瘤の鑑別診断

6 後縦隔腫瘤の鑑別診断

第9章 肝胆膵および腹腔

1 肝

2 胆嚢および胆道

3 膵

4 腹腔

第10章 消化器

1 腸管嚢腫様気腫症(PCI)

2 静脈硬化性大腸炎(phlebosclerotic colitis)

3 異所性膵(迷入膵,副膵.ectopic pancreas)

第11章 泌尿器

1 腎

2 上部尿路

3 膀胱

4 副腎

第12章 女性生殖器

1 子宮筋腫(uterine leiomyoma)

2 成熟嚢胞性奇形腫

3 子宮内膜症性嚢胞(ovarian endometriotic cyst)


■ 特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクについて、AndroidOSは今後一部製品から順次対応予定です。製品毎の対応/非対応は上の「便利機能」のアイコンをご確認下さいませ。


※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。


※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher(iOS/iPhoneOS/AndroidOS)が必要です。


※書籍の体裁そのままで表示しますため、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。


この商品を買った人はこんな商品も買っています

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:86.0MB以上(インストール時:186.9MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:68.5MB以上(インストール時:171.3MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません