• M2PLUS
  • 画像診断 2016年臨時増刊号 (Vol.36 No.11) 軟部腫瘤の画像診断-よくみる疾患から稀な疾患まで-

画像診断 2016年臨時増刊号 (Vol.36 No.11) 軟部腫瘤の画像診断-よくみる疾患から稀な疾患まで-

福田 国彦 (編集)

学研メディカル秀潤社

  • ISBN : 9784780909418
  • ページ数 : 212頁
  • 書籍発行日 : 2016年8月
  • 電子版発売日 : 2017年6月30日
  • 判 : B5判
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥5,500 (税込)
ポイント : 100 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

軟部腫瘤の非腫瘍性病変は遭遇頻度が高く,腫瘍性病変との鑑別に,その知識は必須である.本特集では,非腫瘍性・腫瘍性疾患を包括した全92疾患に関し症例提示,疾患概念,画像所見,鑑別診断を見開き2頁で解説!
*都合により,紙版の誌面と異なり割愛される箇所があることがございます(p.s190-s193は未収載となっております).

■ 序文

序文

軟部組織の"腫れ"や"出来物"は皮膚,皮下組織,筋肉,関節周囲など,どこにでも発生する.腫脹したリンパ節が軟部腫瘤として触知されることもある.一般に軟部腫瘤というと軟部腫瘍を思い浮かべるが,実際に遭遇する軟部腫瘤の大部分はガングリオンであったり,類皮嚢胞であったり,滑液包炎であったりと,非腫瘍性病変が多い.

しかし,軟部腫瘤を取り扱ったテキストは圧倒的に腫瘍に特化したものが多い.病理診断医にとっては,非腫瘍性病変の組織像は非特異的であることが多く,あまり刺激的ではないからと思われる.病理のテキストでは,「非腫瘍性骨関節疾患の病理」(石田 剛,今村哲夫・著,文光堂,2003年)があるが,他に類似書籍は少ない.主治医が軟部の"腫れ"や"出来物"の画像検査を依頼する時点では,腫瘍性病変であるか非腫瘍性病変であるか区別がついていないことがむしろ多い.そのため,画像診断医は腫瘍性病変であるか非腫瘍性病変であるかの判断を,画像のみから迫られることがしばしばある.したがって,画像診断医は非腫瘍性病変についても腫瘍性病変と同様に,疾患概念や画像所見について知っておく必要がある.このような背景をもとに,腫瘍性病変のみならず非腫瘍性病変をも包括した軟部腫瘤の画像診断を企画することとなった.

章立てはリンパ節病変,表在性の軟部腫瘤,深在性の軟部腫瘤,関節周囲の軟部腫瘤,腫瘍性病変とした.リンパ節病変は軟部組織の"腫れ"の精査目的で画像診断が依頼されることがあるので,独立した章立てとした.血管奇形とリンパ管奇形は腫瘍性病変ではないが,第5章 腫瘍性病変の8. 脈管奇形,血管性腫瘍に含めた.ご容赦願いたい.部位としては,皮膚や皮下組織に発生する表在性の腫瘤,筋組織など深部に発生する深在性の腫瘤,関節周囲に発生する関節周囲の腫瘤に分けた.軟部腫瘍はWHO 2013年分類で変更のあった部分に留意した項目立てとした.

本特集は,よく遭遇する軟部腫瘤から比較的稀な軟部腫瘤までを網羅した軟部腫瘤の症例集である.いずれの疾患でも読者が読みやすいように,最近の症例集のレイアウトを踏襲して見開き2ページの構成とし,左頁は症例と画像提示,右頁は疾患概念,画像所見,鑑別診断とした.執筆依頼をした時点で,稀な疾患では手持ちの症例が無い事態が少なからず発生した.それにもかかわらず執筆を快諾いただいた先生方,本特集のために症例を提供いただいた先生方,および粘り強く調整を続けた編集室に厚くお礼を申し上げる.

本特集が画像診断医のみならず,軟部組織の"腫れ"や"出来物"を扱う整形外科医,形成外科医,皮膚科医の諸氏にも臨床の現場で役立つことを祈る.


2016年7月

東京慈恵会医科大学放射線医学講座
福田 国彦

■ 目次

第1章 リンパ節病変

1 化膿性リンパ節炎

2 結核性リンパ節炎

3 猫ひっかき病

4 菊池病

5 木村病

6 Castleman病

第2章 表在性の軟部腫瘤

1 類上皮嚢腫,皮様嚢腫

2 インスリンボール

3 軟部組織血腫

4 みこしこぶ

5 Morel-Lavellée病変

第3章 深在性の軟部腫瘤

1 筋ヘルニア

2 好酸球性筋膜炎

3 壊死性筋膜炎

4 膿瘍

5 多発性筋炎/皮膚筋炎

6 感染性筋炎/筋壊死

7 石灰化筋壊死

8 糖尿病性筋梗塞

9 副筋

10 筋サルコイドーシス

11 増殖性筋炎

12 骨化性筋炎

13 BPOP

14 動脈瘤/仮性動脈瘤

15 外膜嚢腫

16 Morton神経腫

17 断端神経腫

第4章 関節周囲の軟部腫瘤

1 上腕二頭筋の断裂

2 腱鞘炎(炎症性)

3 腱鞘炎(感染性)

4 上肢の滑液包炎

5 下肢の滑液包炎

6 滑膜嚢胞

7 Baker嚢胞の破裂

8 関節唇嚢胞

9 半月板嚢胞

10 ガングリオン

11 アミロイド腫瘤

12 リウマチ結節

13 痛風結節

14 腫瘤状石灰化症

15 腱黄色腫

第5章 腫瘍性病変

1. 皮膚腫瘍

1 石灰化上皮腫

2 表皮由来の癌

3 皮膚付属器由来の癌(汗腺,脂腺などに由来)

4 悪性黒色腫

2. 脂肪性腫瘍

5 脂肪腫

6 樹枝状脂肪腫

7 褐色脂肪腫

8 脂肪芽腫

9 血管脂肪腫,筋脂肪腫,軟骨様脂肪腫,紡錘形細胞/多型性脂肪腫

10 脂肪腫症,神経内脂肪腫症

11 異型脂肪腫様腫瘍

12 脂肪肉腫(脱分化型)

13 脂肪肉腫(粘液型)

3. 線維性腫瘍

14 結節性筋膜炎

15 弾性線維腫

16 infantile myofibrosis

17 デスモイド型線維腫症

18 腱鞘線維腫

19 手掌/足底線維腫症

20 隆起性皮膚線維肉腫

21 孤立性線維性腫瘍(胸膜外)

22 線維肉腫

23 粘液線維肉腫(粘液型MFH)

4. 線維組織球性腫瘍

24 腱鞘巨細胞腫(限局型,びまん型)

5. 平滑筋腫瘍

25 平滑筋肉腫

6. 血管周囲腫瘍

26 グロムス腫瘍

27 血管平滑筋腫

7. 骨格筋腫瘍

28 横紋筋肉腫(胎児型,胞巣型,多形型)

8. 脈管奇形,血管性腫瘍

29 血管奇形/ 動静脈奇形・高流速病変

30 血管奇形/ 静脈奇形・低流速病変

31 リンパ管奇形/ 低流速病変

32 血管性腫瘍(良性)

33 血管性腫瘍(中間型~悪性)

9. 軟骨・骨性腫瘍

34 骨外性軟骨腫

35 骨外性骨肉腫

10. 神経・神経鞘

36 神経鞘腫,神経線維腫

37 顆粒細胞腫

38 悪性末梢神経鞘腫瘍

11. 造血・リンパ系

39 悪性リンパ腫

12. 由来不明・未分類腫瘍

40 筋肉内粘液腫

41 筋上皮腫

42 リン酸塩尿性間葉系腫瘍

43 滑膜肉腫

46 明細胞肉腫

47 骨外性粘液型軟骨肉腫

48 PEComa

49 未分化肉腫

■ 特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクについて、AndroidOSは今後一部製品から順次対応予定です。製品毎の対応/非対応は上の「便利機能」のアイコンをご確認下さいませ。


※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。


※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher(iOS/iPhoneOS/AndroidOS)が必要です。


※書籍の体裁そのままで表示しますため、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。


この商品を買った人はこんな商品も買っています

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:228.4MB以上(インストール時:496.6MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:51.3MB以上(インストール時:128.3MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません