• M2PLUS
  • レジデントのための循環器教室 症例で学ぶ循環器診療のリアル

レジデントのための循環器教室 症例で学ぶ循環器診療のリアル

佐々木 達哉 築島 直紀 (著)

日本医事新報社

  • ISBN : 9784784948758
  • ページ数 : 224頁
  • 書籍発行日 : 2020年1月
  • 電子版発売日 : 2020年1月17日
  • 判 : B5変型
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥4,620 (税込)
ポイント : 84 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

大好評の「レジデントシリーズ」最新刊が循環器編で登場!

医学部では教えてくれない、現場での動き方・考え方を学ぶ本。
症例カンファレンスを通して、循環器診療のリアルな現場を再現しました。
「迷ったときは最悪を想定せよ」
「いつもと違う、という直感を大事にする」
「どんな不整脈も血行動態が崩れていなければ慌てない」
「目先の改善ではなく、先を見通した対策を考える」

■ 序文

本書は通常の教科書ではない。循環器内科の疾患を網羅したものでもなければ、ガイドラインを踏襲したものでもない。なので、「明日からの診療にすぐに役に立つ」という手っ取り早い本ではない。手っ取り早く収穫を得たいならば、how-to本にあたるべきである。

本書は、教科書に書いてあるようなことはある程度は知っているという前提で、そういうレベルのメンバーが集まった実際のカンファを再現した本である。

私は機会があって、北九州のある病院の症例検討カンファに参加させてもらったことがある。そこでは一人の患者を助けるために、どの大学病院でも及ばないほど、参加者全員が知恵を絞って討論が行われていた。

そのカンファで取り上げた症例を中心にこの本に収録して、カンファの雰囲気を極力再現するようにした。多くの人にそのカンファに参加してもらいたいという思いで、私が代わりに文字にした、というのが本当のところである。もちろん、私自身が同僚とともに経験した症例も取り上げた。

したがって、この本の本来の著者は、執筆協力者の若きDrたちであると確信している。


2019年11月

佐々木 達哉

■ 目次

急性冠症候群

症例1 RCAの急性心筋梗塞

症例2 病棟で急変! 前壁のST上昇

症例3 胸部不快感で来院

症例4 虚血解除後の不整脈

症例5 突然の胸痛・冷汗で救急搬送

症例6 トイレで足がもつれて転倒

不整脈

症例7 めまいで入院した高齢女性

症例8 徐脈とふらつきで緊急入院

症例9 ブルガダ症候群疑い

症例10 腎不全と薬剤による高K血症

症例11 全身倦怠感で搬送された低K血症

症例12 虚血に伴う心室頻拍

心不全、その他

症例13 突然意識消失した小学生

症例14 心不全の血管内volumeについて

症例15 心房中隔欠損

症例16 タコツボ心筋症

症例17 心不全に伴う低Na血症

症例18 収縮性心膜炎

■ 特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクについて、AndroidOSは今後一部製品から順次対応予定です。製品毎の対応/非対応は上の「便利機能」のアイコンをご確認下さいませ。


※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。


※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher(iOS/iPhoneOS/AndroidOS)が必要です。


※書籍の体裁そのままで表示しますため、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。


この商品を買った人はこんな商品も買っています

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:16.0MB以上(インストール時:35.3MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:16.0MB以上(インストール時:35.3MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません