• M2PLUS
  • 腎硬化症の早期診断と治療

腎硬化症の早期診断と治療

和田 隆志 湯澤 由紀夫 (編集)

日本医事新報社

  • ISBN : 9784784956609
  • ページ数 : 188頁
  • 書籍発行日 : 2018年12月
  • 電子版発売日 : 2019年1月16日
  • 判 : A5判
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥6,050 (税込)
ポイント : 110 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

第一線の専門家が集結し、最新知見を解説!

・新規透析導入の原疾患として糖尿病性腎症、慢性糸球体腎炎に次いで多く、増加の一途をたどっている腎硬化症。現状で、診断・治療については十分に議論されておらず、対策が重要な課題となっています。
・本書は第一線で活躍中の専門家が集結し、疫学、分子機序、診断、治療、透析導入、腎移植、糖尿病性腎症や肥満関連腎症等の他疾患との関連などについて執筆。最新知見を余す所なく解説しています。

■ 序文

はじめに

わが国は超高齢社会となり、動脈硬化、血管病変を背景とする腎硬化症の臨床上の重要性が年々増してきています。実際、新規に透析に導入される原疾患としては、糖尿病性腎症、慢性糸球体腎炎についで多く、その数はさらに増加しています。したがって、腎硬化症の理解とその対策は重要な課題です。さらに、超高齢社会を迎えている国々の共通の課題でもあり、高齢化が先んじているわが国からの情報発信はとても貴重であると思います。

腎硬化症は、血管病変を背景とするその成り立ちから、種々の腎臓病の病態に影響を与えていることが考えられます。一方で、その診断や治療法などは、 いまだ十分に論じられていないのが現状です。高血圧性腎硬化症に関する病理診断については、その病理所見の定義を含めて議論されてきました。さらに、高血圧性腎硬化症のレジストリーも立ち上がり、その臨床病態の解明と治療や予後改善への示唆に富む結果も出てきています。こういった腎硬化症の超高齢社会での変遷や、それに対応する病態解明、臨床疫学の基盤が構築されつつある中で、なおいっそう、最新の知見に基づく包括的な理解と臨床への応用が求められています。これらの国内外における知の集積とその利活用により、解明がいっそう進むとともに予後の改善が得られることを強く祈念しております。

本書では、このような背景のもとで腎硬化症の研究、診療で八面六臂のご活躍をされている先生方に最新の知見をまとめて頂きました。これまで、腎硬化症の早期診断から透析や腎移植に至る治療まで、総合的に論じた成書は比較的少ないのではないかと思います。

まさに時宜を得たものであると思います。この包括的な1冊を通じて、腎硬化症に関するいっそうの議論と理解への一助となりましたら、編集、執筆に携わってきた者として大変うれしく、そしてありがたく存じます。どうぞご活用頂き、忌憚のない建設的なご意見をうかがえれば幸甚です。


2018年12月

和田 隆志
湯澤 由紀夫

■ 目次

腎硬化症の早期診断と治療

1.腎硬化症の疫学と現状

2.腎硬化症の診断

3.高齢社会における腎硬化症の臨床レジストリー

4.腎硬化症の分子機序

5.腎硬化症の血管病変

6.腎硬化症腎生検データベース

7.腎硬化症と肥満関連腎症

8.尿酸と腎硬化症

9.糖尿病性腎症と腎硬化症

10.良性・悪性腎硬化症

11.腎硬化症と治療

12.透析導入の判断と維持

13.腎硬化症患者の腎移植

■ 特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクについて、AndroidOSは今後一部製品から順次対応予定です。製品毎の対応/非対応は上の「便利機能」のアイコンをご確認下さいませ。


※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。


※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher(iOS/iPhoneOS/AndroidOS)が必要です。


※書籍の体裁そのままで表示しますため、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。


この商品を買った人はこんな商品も買っています

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:13.1MB以上(インストール時:28.4MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:19.5MB以上(インストール時:48.7MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません