• M2PLUS
  • 気管支鏡所見 見方・読み方・考え方

気管支鏡所見 見方・読み方・考え方

  • ISBN : 9784784957507
  • 書籍発行日 : 2020年2月
  • 電子版発売日 : 2020年2月14日
  • 判 : B5判
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥4,180 (税込)
ポイント : 76 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

気管支鏡を操作していると方向感覚がわからなくなる……という先生は少なくありません。そこで本書ではまず、「挿入して気管支のどこをどのように見ているのか」をイラストで提示。基礎である「気管支の見方」からじっくり解説しております。実際に著者が経験した病変画像を多数提示し、画像の読み方、そこから診断名を確定させるためにどんな生検方法を選ぶとよいかもカバー。まさに初学者必見の一冊です!

■ 序文

序文

近年,中心型肺癌が激減し,気管支鏡は末梢肺病変からの検体採取とEBUS-TBNAがその主な役割になっています。そのため,可視範囲の病変の所見をとる機会が少なくなっています。末梢肺病変の生検の際に,可視範囲に異常所見があるにもかかわらず気が付かずに通過してしまいそうになる場面にしばしば遭遇します。可視病変の所見をとることは気管支鏡の基本技術です。

また,気管支鏡の操作中に方向感覚を失う場面もよく見かけます。特に3分岐する気管支で方向が分からなくなるケースが多いようです。また,気管支の命名についても混乱している場面も見かけます。気管支鏡操作中の方向感覚は末梢肺病変からの検体採取の際にも重要です。ターゲットに向かう分岐は今見えている枝のどの方向にあるのかがわからないと,無駄な探索を続けることになり非効率的です。方向を正しく判断することによってスムーズな検査ができますし,より上手に見えるようになります。被検者の方の負担も少なくなります。

本書では,まずChapter1で,方向感覚を失いやすい部位を中心に方向の定め方を解説しました。また,気管支,特に亜区域支の命名についても解説を加えています。気管支鏡検査はチームで行う場面が多く,チーム内の意思統一のためにも気管支の命名で混乱しないようにしましょう。Chapter2,3の可視病変の所見の取り方では,病変の深さにより所見が異なりますので,病変の深さによる所見の取り方を実例とイラストによって解説しました。気管支の解剖学的構造を理解することで病変の存在部位を推定します。病変の存在深度を知ることにより生検デバイスの選択を適切に行うことができます。比較的深い部位に病変が存在する場合,擦過細胞診はまず無効であろうことが推定できます。深度によっては鉗子生検でも検体を正しく採取できないと判定できれば、針穿刺生検(TBNA)を選択するなど,より正確な診断に寄与することができます。また,各病変の進展形式によってもその所見は異なります。進展形式による所見の違いも鑑別の一役には立つでしょう。蛍光内視鏡については,表層に近い病変では正常部位とのコントラストがわかりやすくなるため,病変の進展範囲を確認する目的でよく使用されます。蛍光内視鏡は,上皮下層に存在する線維組織からの緑色の蛍光をとらえます。したがって,この蛍光の見え方により病変の存在深度をより明確に知ることができます。本書では,蛍光内視鏡の所見の取り方についても解説します。実例には希少疾患も含まれていますので,目にする機会が極めて少ない疾患の所見を確認することができます。

Chapter4はクイズ形式になっておりますので,ご自身で所見をとる練習にご利用ください。病名当てというよりも,所見をとることに重点を置いてください。解答編には所見の説明がありますので,所見の確認にご利用ください。類似する病変の比較では,所見が類似する2種の病変を並列して比較しています。類似する病変を並べて比較することにより,それぞれの所見の違いがより分かりやすくなります。

2020年1月

土田敬明

■ 目次

Chapter1 気管支の見方と命名-どっちを向いているの?

Chapter2 気管支の構造と気管支鏡所見-気管支鏡でどのように見えるか?

Chapter3 病変の解釈と生検方法の選択

Chapter4 病変の鑑別

■ 特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクについて、AndroidOSは今後一部製品から順次対応予定です。製品毎の対応/非対応は上の「便利機能」のアイコンをご確認下さいませ。


※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。


※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher(iOS/iPhoneOS/AndroidOS)が必要です。


※書籍の体裁そのままで表示しますため、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。


この商品を買った人はこんな商品も買っています

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:135.2MB以上(インストール時:276.2MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:135.2MB以上(インストール時:276.2MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません