• M2PLUS
  • イラスト図解 筋力トレーニング ― 医・科学的根拠に基づくアプローチ

イラスト図解 筋力トレーニング ― 医・科学的根拠に基づくアプローチ

  • ISBN : 9784830651908
  • ページ数 : 504頁
  • 書籍発行日 : 2019年11月
  • 電子版発売日 : 2020年1月15日
  • 判 : A5判
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥4,400 (税込)
ポイント : 80 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

「効果的な筋力トレーニングのための基礎知識」「部位別筋力トレーニング」「動作別筋力トレーニング」の3部構成で,最新の医・科学的根拠に基づいた,筋力トレーニングの実践方法を解説した1冊.
部位別では,パフォーマンスへの貢献,スポーツ外傷・障害との関係,実際のトレーニング方法(一般的な方法・注意点・誤った方法・上級者向け)について,動作別では,競技での目的に応じた具体的トレーニング方法とその効果を紹介.

■ 序文

スポーツは瞬発力,持久力,柔軟性,俊敏性,バランス能力など様々な身体機能を競うものである.競技種目によって,必要な特性は様々であるが,いずれの種目もそれらを発揮して,パフォーマンスを向上するために筋力は重要な要素である.さらに,スポーツでは日常生活に比べて,はるかに大きな外力が身体に加わることも多い.これらの外力に耐え,身体の外傷や障害を予防するためにも,十分な筋力が必要になる.したがって,スポーツ選手や愛好家にとって,日頃からの筋力トレーニングは極めて重要である.しかし,スポーツ種目によって使う筋は様々であり,やみくもに筋力トレーニングを行うのではなく,それぞれのスポーツ種目にとって,最も効果的なトレーニングを行う必要がある.

様々な筋力トレーニング方法が提唱されてはいるが,有効なもの,あまり効果の得られないものなど玉石混淆であるばかりでなく,なかには身体にダメージを与えかねない危険なものもある.筋力トレーニングもスポーツ医・科学の理論に基づいた正しいトレーニングが大切である.

本企画では,まず「PART Ⅰ」として,筋力トレーニングの基礎について解説する.様々なトレーニング方法が身体にどのような影響や効果を及ぼすか,栄養や心理がトレーニングにどのような影響を及ぼすか,オーバートレーニングによってどのような問題が生じるかなどを解説したあと,最新のトレーニング方法を紹介する.p>

次いで「PART Ⅱ」として,部位別のトレーニング方法を解説する.体幹から上肢,下肢それぞれについて,一般の筋力トレーニングと上級アスリート向けのトレーニングについて,正しい方法を紹介するばかりでなく,誤った方法についても解説する.

最後に「PART Ⅲ」としてスポーツ種目それぞれの主な動作を念頭に,スポーツ動作別筋力トレーニングを紹介する.「強く速い打球を打つため」,「強くボールを蹴るため」,「高く跳ぶため」など具体的な動作について,エビデンスに基づいた方法を解説する.

全項目を通じて,イラスト図解を入れて,現場ですぐ実践できるように工夫した.本書がトップアスリートから一般のスポーツ愛好家まで,スポーツを行うすべての人々が,スポーツ医・科学の理論に基づいた正しい筋力トレーニングを行うための一冊になれば幸いである.


2019年10月

松本 秀男

■ 目次

PART I 筋力トレーニングの基礎

アスリートと筋力トレーニング

効果的な筋力トレーニングの戦略

筋力トレーニングの種類と方法

効果的な筋力トレーニングに必要な栄養

効果的な筋力トレーニングのための精神・心理

オーバートレーニング・遅発性筋痛とその対応

インナーマッスルの解剖・生理学特性とトレーニング

動作改善と筋力トレーニング

筋力トレーニングの新たな方法

PART II 部位別筋力トレーニング

頚部の筋力トレーニング

腹筋群の筋力トレーニング

背筋群の筋力トレーニング

骨盤底筋群の筋力トレーニング

肩関節インナーマッスルと肩甲骨周囲筋の筋力トレーニング

肩関節周囲筋の筋力トレーニング

肘関節周囲筋の筋力トレーニング

手関節・手指に関連する筋群の筋力トレーニング

股関節屈筋と内転筋群の筋力トレーニング

股関節殿部とインナーマッスルの筋力トレーニング

大腿四頭筋の筋力トレーニング

ハムストリングスの筋力トレーニング

下腿三頭筋の筋力トレーニング

足関節周囲筋と足部の筋力トレーニング

PART III 動作別筋力トレーニング

強く速い打球を打つための筋力トレーニング

強くボールを蹴るための筋力トレーニング

強く速いボールを投げるための筋力トレーニング

高く跳ぶための筋力トレーニング

速く走るための筋力トレーニング

素早いステップを踏む,素早く切り返すための筋力トレーニング

強く安定した体幹のための筋力トレーニング

■ 特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクについて、AndroidOSは今後一部製品から順次対応予定です。製品毎の対応/非対応は上の「便利機能」のアイコンをご確認下さいませ。


※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。


※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher(iOS/iPhoneOS/AndroidOS)が必要です。


※書籍の体裁そのままで表示しますため、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。


この商品を買った人はこんな商品も買っています

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:29.7MB以上(インストール時:66.8MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:29.7MB以上(インストール時:66.8MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません