• M2PLUS
  • Smart nurse Books 12 早わかり 見える!わかる!バイタルサイン

Smart nurse Books 12 早わかり 見える!わかる!バイタルサイン

石橋 克彦 (著)

メディカ出版

  • ISBN : 9784840440615
  • ページ数 : 132頁
  • 書籍発行日 : 2012年3月
  • 電子版発売日 : 2015年8月14日
  • 判 : B5判
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥2,640 (税込)
ポイント : 48 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

バイタルサインのしくみと「キメドキ」がわかる!

基礎医学の分野の生理学や解剖学、薬理学をうまく臨床に取り込んで、日々の業務に生かせないだろうかというのがコンセプトの本書。
イラストも豊富で、バイタルサインのしくみをシンプル且つわかりやすく解説しています。

>Smart nurse Booksシリーズ
『やりなおしの呼吸と循環 とことんマスター 』『早わかり人工呼吸器換気モード超入門』はこちら

■ 序文

はじめに

医療現場は、患者さんにかかわるさまざまな情報であふれています。血圧や脈拍などのバイタルサインや、検査データや、薬剤の名前や意味。私たちは情報の海を必死に泳ぐ、愛犬ポチのような様相を呈しています。

本書は、そういった皆さんが少しでも上手に遠泳できるように、さまざまなデータを交通整理することを目的としています。このため、やや行き過ぎかと思われるたとえや表現があるかと思いますが、そこはオトナの対応で大目にみていただけると助かります。

テキストの前半では、皆さんの日常で、最も基本的な患者データであるバイタルサインを軸に、それらの意味やドクターコールのポイントを紹介しています。後半では、皆さんが苦手としている血液ガス分析、緊急薬剤、輸液について、なるべくシンプルに解説しました。うまく伝わっているといいのですが。

基礎医学の分野では、生理学や解剖学、薬理学がそれぞれ魅力的な知識を提供しています。それらをうまく臨床に取り込んで、日々の業務に生かせないだろうか、というのが基本的なコンセプトです。何気ない処置や介入にも実は深い意味があり、あるいは人体の側にも、バランスを保つためのさまざまな仕組みがあるということ。これらを結びつけ、理解したうえでもう一度業務を見渡すと、なんだか晴れ晴れとした気持ちで毎日に臨めるのではないか。そんなふうに思うのです。

本書を執筆するにあたり、多くの人たちのバックアップをいただきました。現場の医師や薬剤師、検査技師のみなさん。栄養士の方たち。アイデアを一緒に出し合ってくれた看護スタッフのみなさん。データ整理をカバーしてくださった事務の方たち。本当にありがとうございました。イラストレータのよしとみさんの素敵なイラストにも大感謝です。

医学は日進月歩であり、新しい手技や治療法が次々に登場してきます。ですが結局は、患者さんのために何ができるか、に尽きると思うのです。そんな場所に、1人でも多くの人と立てますように。

2012年2月

石橋 克彦

■ 目次

・はじめに

1 やっぱり大切! バイタルサイン~キメドキ数値を押さえよう!

・0 バイタルサインとは?

・1 血圧

・2 脈拍

・3 体温

・4-1 呼吸

・4-2 呼吸音

・5 意識障害

・6 酸素飽和度

・7 血糖値

・8 尿量

2 バイタルサイン応用編~事例に学ぶ優先順位

・1 バイタルサインの優先順位をどうつける?

・2 2種類の異常事態、見極めかた

・3 前ぶれサインを見逃すな!

3 もう迷わない! 血液ガス分析 ~アシドーシスは初恋の味?

・1 ガス分析の全体像 ガス分析で何をみる?

・2 気になるのはまず酸素 動脈血酸素分圧と酸素療法

・3 酸素投与のその後で P/F比による酸素化の評価

・4 CO2ナルコーシスには注意して 動脈血二酸化炭素分圧と呼吸不全

・5 アシドーシスは初恋の味? pHと酸塩基平衡

・6 酸を打ち消す緩衝系 酸を処理するしくみ

・7 HCO3(-)がキーワード アシドーシス・アルカローシスの分類

・8 ガス分析の基礎まとめ ガス分析のとらえかた

・9 上級編・実は重症度の指標 Base Excess(BE:塩基過剰)

・10 上級編・とにかく謎の酸がある Anion Gap(AG:アニオン・ギャップ)

・上級編・知っておくと意外に便利 カリウムシフト

・上級編・重症度のさらなる指標 乳酸

4 ここを押さえて! 緊急薬剤~もしものときこそ落ち着いて

・1 いつでもそばにいてほしい 救急カートの中身をみれば

・2 血圧を上げたい(1) 利尿作用もある優等生~イノバン

・3 血圧を上げたい(2) 心臓メインのサイボーグ~ドブトレックス

・4 血圧を上げたい(3) 血管に特化した頑固者~ノルアドレナリン

・5 血圧を上げたい(4) 主役級の2つの作用~ボスミン

・6 血圧を下げたい(1) 注射の第1選択薬~ペルジピン

・7 血圧を下げたい(2) 狭心症にも有用~ミリスロール

・8 徐脈をなんとかしたい あっと驚くアトロピン~アトロピン

・9 頻脈をなんとかしたい(1) 主役をねらう複雑系~アンカロン

・10 頻脈をなんとかしたい(2) ちょっと危ない万能選手~リスモダンP

・11 頻脈をなんとかしたい(3) 刺激伝導系を抑える正当派~ワソラン

・12 頻脈をなんとかしたい(4) 急速静注で効果を発揮~アデホス-L コーワ

・13 尿量をなんとかしたい きれいな引率のお姉さん~ラシックス

5 現場で役立つ! 輸液の知識~海から来た私たち

・1 輸液の基本(1) 輸液とは?

・2 輸液の基本(2) 食塩を科学する

・3 輸液の基本(3) 浸透圧とナトリウム

・4 輸液の基本(4) 体液区分

・5 細胞外液補充液(1) 単純すぎる変わり者:生理食塩水

・6 細胞外液補充液(2) 進化した生理食塩水:ラクテック

・7 維持輸液(1) カリウムを含まない開始液:1号輸液

・8 維持輸液(2) 電解質の多い脱水補給液:2号輸液

・9 維持輸液(3) 頻用される維持輸液:3号輸液

・10 維持輸液(4) カリウムを除いた術後回復液:4号輸液

・11 ブドウ糖輸液 純粋な水分補給:5%ブドウ糖液

・12 輸液のまとめ(1) 輸液一覧

・13 輸液のまとめ(2) 輸液と輸血

・Index

■ 特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクについて、AndroidOSは今後一部製品から順次対応予定です。製品毎の対応/非対応は上の「便利機能」のアイコンをご確認下さいませ。


※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。


※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher(iOS/iPhoneOS/AndroidOS)が必要です。


※書籍の体裁そのままで表示しますため、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。


この商品を買った人はこんな商品も買っています

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:14.7MB以上(インストール時:31.9MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:15.4MB以上(インストール時:38.5MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません