• M2PLUS
  • 脳神経外科速報2018年増刊 疾患別 臨床脳血管解剖テキスト

脳神経外科速報2018年増刊 疾患別 臨床脳血管解剖テキスト

大宅 宗一 (監修) / 遠藤 英徳 (編集)

メディカ出版

  • ISBN : 9784840463096
  • ページ数 : 272頁
  • 書籍発行日 : 2018年9月
  • 電子版発売日 : 2018年11月30日
  • 判 : A4変型
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥8,800 (税込)
ポイント : 160 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

『脳神経外科速報2018年増刊 疾患別 臨床脳血管解剖テキスト』 脳血管外科、脳血管内治療が同時並列で学べる画期的な仕様!

各種動脈瘤、AVM、dAVF、脳腫瘍の手術について、イラスト・画像を用いてわかりやすく解説。周辺血管や穿通枝など、開頭術/血管内における血管解剖上の注意点について詳しく記載。開頭術/血管内でどこまでできて何ができないかがわかります。

■ 序文

私が脳神経外科の門を叩いて数年後の2002年,Lancet誌にISATの研究結果が報告されました.「血管内手術,開頭より有効」という新聞の見出しは衝撃的で,一般の患者さんにも「血管内」というキーワードが発信されるようになったように思います.それから15年以上たった現在では,技術や治療デバイスはさらなる進化を遂げ,患者さん側から血管内治療の希望を告げられることはもはや珍しくありません.

血管内治療が台頭していた当時,新規治療の血管内治療と開頭手術とは,しばしば対立軸として議論されました.「開頭 vs 血管内」が学会シンポジウムで毎度のように取り上げられ,それぞれの治療の専門家によって優劣に関する活発な議論がなされました.しかし,最近では両治療に精通する次世代型の血管外科医が出現し,対立軸のみでなく,治療選択の最適化に関する議論がされるようになってきたように思います.

開頭と血管内の両者を極めようとする次世代型の脳神経外科医は,巷では「Hybrid Neurosurgeon」と呼ばれているようです.しかし,両治療を完璧に使いこなすことは本当に可能なのでしょうか?プロ野球の世界では,投手と打者の両者,いわゆる「二刀流」を実行できるのは,世界的にも大谷翔平選手ただ一人です.医療の世界では,脳神経外科医個人が「二刀流」を目指したいがために患者さんにリスクを負わせるのは好ましくありません.自分一人で治療を完結できなくとも,場面場面における両治療法の適性を十分に理解し,最適な治療選択を患者さんに情報提供できるのが,真の「Hybrid Neurosurgeon」ではないかと,最近個人的に考えています.本テキストが,そのような「Hybrid Neurosurgeon」の育成に少しでも役に立つのであれば幸いです.

本テキストでは,両治療方法を見開きページに収めるという,ある意味無謀な試みをしました.全体を通じて1つのセクションを2名の執筆者に担当していただく前代未聞な注文に対し,激務の合間を縫って真摯にご執筆くださった先生方に,この場を借りて御礼申し上げます.

最後に,監修の労をとっていただいた大宅宗一先生(埼玉医科大学総合医療センター),脳神経外科への入門から現在に至るまで開頭手術をご指導いただいた冨永悌二教授(東北大学),血管内治療をご指導いただいた松本康史先生(広南病院)に感謝申し上げます.


東北大学脳神経外科
遠藤 英徳

■ 目次

監修のことば

序文

執筆者一覧

本書の使い方

第1章 開頭手術と血管内治療の選択

(1)脳動脈瘤

◆a. IC paraclinoid

1) IC paraclinoidの開頭手術

2) IC paraclinoidの血管内治療


◆b. IC-PC

1) IC-PCの開頭手術

2) IC-PCの血管内治療


◆c. IC-AChA

1) IC-AChAの開頭手術

2) IC-AChAの血管内治療


◆d. Acom

1) Acomの開頭手術

2) Acomの血管内治療


◆e. MCA

1) MCAの開頭手術

2) MCAの血管内治療


◆f. BA-SCA

1) BA-SCAの開頭手術

2) BA-SCAの血管内治療


◆g. BA-top

1) BA-topの開頭手術

2) BA-topの血管内治療


◆h. VA-PICA

1) VA-PICAの開頭手術

2) VA-PICAの血管内治療


◆i. VA fusiform

1) VA fusiformの開頭手術

2) VA fusiformの血管内治療


(2)dAVF

◆a. 前頭蓋底部dAVF

1) 前頭蓋底部dAVFの開頭手術

2) 前頭蓋底部dAVFの血管内治療


◆b. テント部dAVF

1) テント部dAVFの開頭手術

2) テント部dAVFの血管内治療


◆c. 頭蓋頚椎移行部dAVF

1) 頭蓋頚椎移行部dAVFの直達手術

2) 頭蓋頚椎移行部dAVFの血管内治療


◆d. 脊髄dAVF

1) 脊髄dAVFの直達手術

2) 脊髄dAVFの血管内治療

第2章 開頭手術と血管内治療の複合治療

(1)AVM

◆a. 小脳AVM

◆b. テント上AVM(1)

◆c. テント上AVM(2)


(2)脳動脈瘤

◆脳動脈瘤(バイパス併用)


(3)脳腫瘍

◆a. テント上髄膜腫

◆b. テント下髄膜腫

◆c. 血管芽腫


(4)dAVF

◆a. 海綿静脈洞部dAVF

◆b. 横静脈洞─S状静脈洞部dAVF


索引

■ 特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクについて、AndroidOSは今後一部製品から順次対応予定です。製品毎の対応/非対応は上の「便利機能」のアイコンをご確認下さいませ。


※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。


※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher(iOS/iPhoneOS/AndroidOS)が必要です。


※書籍の体裁そのままで表示しますため、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。


この商品を買った人はこんな商品も買っています

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:65.1MB以上(インストール時:141.5MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:68.1MB以上(インストール時:170.2MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません